ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ナスカでまったり! 

まったりと、ゆっくりと・・・。ナスカを感じて下さい。
20061026235736.jpg

街をセスナから鳥瞰しました。
リマックの住人さんとナスカに行きました。
なんと、ナスカには世界一高い砂の山があるんですよ。
20061026235955.jpg

鉄塔の向こう、山に更にかぶるように灰色の高い山があります。
これは、砂の山です。
なんで、崩れないんだろう?と不思議でした。
でも、崩れないで、山として存在しているんです。
この写真、ナスカという街の色が少しは分かってもらえるでしょうか?
こうした山が、結構途中の街にもあるうんです。
この山に人が登っていたりするんです。
1本の道が山頂にまで続いていました。

一方、地上絵の場所にはこんな小山がありました。
20061027000559.jpg

礫岩の山です。
この細かく砕けた石は、先が尖っています。
リマックの住人さんが紹介した、インカ道の道標石は、角が無く、人口の手が加えられています。
石は、鉄分の含有が多いと思います。
ですから、ナスカの石を手に取ると、太陽がガンガン当たる表は酸化して黒く、裏は白いのです。
このコントラストが地上絵の秘密かもしれませんね。
この右側の礫岩の山は、見物用になっていて、ドラだよは登ってみました。
この山の頂上からも、ナスカ・ラインがくっきりと見えました。
ナスカの空港です。ここから飛び立ちます。
もちろんセスナ用の滑走路しかありません。
20061027003130.jpg

いま、まさにセスナが飛び立ったところです。
20061027003329.jpg

セスナでの遊覧飛行は、驚きの連続でした。
機会があったら、是非行って下さいね。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト
2006/10/26 23:59|ペルーの旅行TB:0CM:5
 
コメント

Google Earth を使って遊んでください。

**↓の数字をコピー&ペーストすると便利です。

世界一高い砂山: 14°52'10.04"S, 74°50'8.91"W
礫岩の丘: 14°42'27.11"S, 75° 6'11.36"W
ナスカの空港: 14°51'10.29"S, 74°57'31.88"W

1、検索ボックスの【ジャンプ】に緯度経度を入れてください。
2、目印として記録してください。
**地点は北が上になっています。縮尺や角度などお好み合わせてお楽しみください。

リマックの住人



リマックの住人 #-|2006/10/27(金) 05:31 [ 編集 ]
 
こんにちは
ナスカの地上絵、ますます見たくなってきました!

セスナでの上空からの目でみたら、
教科書の形がみられるんでしょうか?

ナスカ地上絵は、
実は幅20cmくらいのラインで・・
とTVでみたことがあります。

光るから、なんでしょうね。
2位から上がれ~!ぽち♪
kiki #-|2006/10/27(金) 11:47 [ 編集 ]
 
こんにちは(=^・^=)
『ナスカの砂の山』
登りたくなっちゃった(=^v ^=)アハハ~
実は、またペルーに行きたい最大の目的は、
マチュピチュ登山なんです!
えーっと。。何故か・・・
abiは高いところに登りたくなるのです(=゚m゚=)プッ!
砂の山、何メートルくらいなんでしょう?
abi #-|2006/10/27(金) 13:35 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
ナスカの地上絵は、本当に教科書や、グラビアにあるように見えるんですよ。とても感動します。そして、不思議な感覚に襲われます。
なんだか、時空を超えて、自分がナスカ時代に行っているような感覚に捉われてしまいます。
いつも応援ありがとうございます。
ドラだよ #-|2006/10/27(金) 22:49 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
砂山どのくらいの高さなんでしょうか?この写真にある山は、ドラだよには分かりませんが、リマックの住人さんに聞いて確認します。ごめんなさい!
ちょっと小高い砂山では、バギー遊びがあるようですが・・・。
でも、ドラだよが見た砂山には地元の方がゆっくりゆっくり登っていました。お年寄りでした。
散歩がてらでしょうか。
でも、この山は散歩で登るレベルではありません。
abiさんのように、慣れていないと駄目でしょうね。砂を踏みしめて登る、なんとステキで疲れる登山でしょうか?
足場悪そうですから。
ドラだよ #-|2006/10/27(金) 22:53 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/96-3220ff2c
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。