ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

インカの道 

その道は、国中に張り巡らされていました。
incamichi1.jpg

incamichi2.jpg

砂漠の中に整然と作られた道。
incamichi5.jpg

ただ石を並べているわけではありません。平らに面を取る加工を施しています。
incamichi6.jpg

そこは、リマから北へ50km.
incamichi3.jpg


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
スポンサーサイト
2006/10/25 09:00|ペルー便りTB:0CM:8
 
コメント

ドラだよさんの写真、皆さんのコメントを見てると、ペルーの素晴らしさが伝わってきます。
ドラさんのブログにお邪魔するようになって、いつかペルーに行って見たいと思うようになりました。私のような人がたくさんいると思います。
ドラさん、これからもこの素敵なブログ、ずっと続けてくださいね。
ところでこのインカの道は、プロファイルでドラさんが立ってる道?
暇人主婦 #-|2006/10/25(水) 12:36 [ 編集 ]
 
不思議・・・
なんだろう・・・。

この淡色の風景はとても不思議な感じです。

勇気が沸いてきました。
砂と風と岩と石と空と・・そこに見えるものは鉱物が多いのに、3枚目の写真は特に
エルドラドへでも続いてるかのような気がします。

勇気を与える写真、ありがとうございます。


kiki #-|2006/10/25(水) 13:31 [ 編集 ]
 
暇人主婦さんへ!
プロファイルに道は、ナスカの地上絵のハイウエイです。
ちなみに、二人写っていますが、ドラだよと、リマックの住人です。
二人で知恵と勇気と、あるだけの少ない能力でブログ続けます。
嬉しいコメントありがとうございます。
ドラだよ&リマックの住人
ドラだよ #-|2006/10/25(水) 16:18 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
そうです、あの山の彼方にはエル・ドラドがあるのです・・・なんて言ってみたいですが!
でも、ペルーは遺跡の中にある国ですから、掘れば金細工も出てくるかも?
ロマックの住人さんに言わせると、掘れば遺跡状態だということですが。
不思議な風景ですよね。
細工された道標となる石、欲しいですね。
ドラだよ #-|2006/10/25(水) 16:22 [ 編集 ]
 
こんばんは(=^・^=)
すべてのインカ道はクスコへ続く・・・(#^.^#)
abiはクスコからプーノへ行った道で
コンドルが5羽、弧を描いて飛んでいくのを見ました。
慌てて写真を撮り、現地のガイドさんに
確認しましたよ~、嬉しかったなあ~。
さすがはペルーの道、何も無い所に
コンドルだけが・・・(=^・^)~♡
あ、そうそう、abi の場合、ペルーに関しまして
違ったことを言っていたりしたら
教えてくださいね、感じたこと意外は請け売りがおおいですからね(#^.^#)
おねがいしま~す♪
abi #-|2006/10/25(水) 21:38 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
ドラだよは、時々リマックの住人さんに、直されます。
でも、abiさんの言っていること間違っていないですよ。
請け売りはドラだよも同じですが。でも、請け売りこそ、知識、と居直っています。
請け売りが出来る知識もない場合が多いですから。
abiさんの自信が好きですよ。
ドラだよ #-|2006/10/26(木) 09:21 [ 編集 ]
 
乾燥した大地
おはようございます
この色合いが 古代文明をかんじさせてくれます。
足の下には 遺跡が埋まってるなんて もっと歴史を勉強したくなりました。
風が吹くと 土煙で覆われてしまうのですか?
つぶやき #-|2006/10/26(木) 09:27 [ 編集 ]
 
つぶやきさんへ!
砂漠ですが、礫漠だと、リマックの住人さんが言っています。長い長いじかんをかけて、埋もれていくのですね。でも、このインカ古道は・・・人が連綿として活用していたのでしょう。
歴史を感じさせる風景です。
なんだか、ドラだよも見ていて涙が出そうでした。
リマックの住人さん、曰く。
「ペルーの人は全くといっていいほど、興味を示さない」そうです。
インカ歩道の道標としての石を手に取って感激するリマックの住人さんを不思議そうに見ていた、といっています。
彼らには、そんなことどうでも良いのでしょうね。
守っていくのは容易では無いと感じました。
ドラだよ #-|2006/10/26(木) 11:10 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/94-7988ad44
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。