ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ナスカ幻影 

この写真を見て下さい。
ナスカ・ラインの実相です。同時に洪水後の生々しい現実です。
ドラだよは、セスナのから台地を鳥瞰して柄にも無く感動しました。
そこで、その日作った詩を読んで下さい。
凡人も詩人になってしまうほどの、感動だったのです。
少し長いですから、面倒な方は、前の楽しい記事に行って下さい。
20061011085517.jpg

ナスカ・ラインはこんな風に描かれています。
20061011085700.jpg



ナスカ幻影

水を求めた民がいた
蒼い海底から出し台地に
糧を求める民がいた

乾いた大地に雄々しく掻き傷を残した民がいた

その傷は線となり
やがて面となり
地平線の彼方へ沈んだ
海溝にあった過去へとその線を沈めようとした

その線は面となって
しかしどこまでも流れ続け
かそけき線は湾曲し
時に鋭角に折れ曲がりデッサンとなって
そこに留まり
現人神を指し示した

民はそのかそけき線を踏みしだき
野太き線を畏怖した
線は生命を宿し
踏みしだく民は黙して祈り続けた

ナスカの台地は
祈りに応え水流を創出した
その水流も野太き線を刻んだ
うねる線を刻んだ
民が刻んだ線を凌駕する荒々しさで
刻んだ

オリンポスはその線を民に与え
一閃させると地平線の彼方に遊弋した

やがて糧が生まれ民が生まれた
悠久の民は海溝に沈殿した
沈殿し記憶を台地にとどめ
新たな神話を生ましめた

何億光年の広がりが
豊かにいま花開き
秘めやかに香り立つ
のだ

ナスカは幻影から現実へと変貌を遂げ
民に記憶のよすがを甦らせ
新たな歴史を刻まんと
試みるのだ

台地の線は歴史の彼岸へと
追いやられたが
厳として存在する
存在することで
そこに糧を生ましめ民を育てるのだ

ナスカに落日が訪れるとき
ディオニソスは剣を置き民を祝福した
オリンポスが囁く
民よ永遠なれと

明日の日の出が約束され
種の繁栄が約束され
何億光年の栄光に流星が降り注ぐのだ
もはや落日は無いと

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト
2006/10/11 09:05|ペルーの旅行TB:0CM:8
 
コメント

この写真のナスカ・ラインは滑走路?幾つ位、あるんですか?
地上の壮大な落書きを空から眺めたら、感激するでしょうね。
アフリカの上を飛行機で通った時、丸く区切られた色とりどりの田んぼや畑を見ただけでも興奮しましたもん。
グーグル・アースで見たら、点々・・・「タモリ倶楽部」で言ってました。
ナスカ・ラインをグーグルアースで見たらどうなんだろう・・?
暇人主婦 #-|2006/10/11(水) 13:38 [ 編集 ]
 
こんにちは(=^・^=)
お体の具合はいかがですか?
気を付けて下さいね☆

この絵は三角ですか?
詩は、ドラだよさんのナスカに対する想い、心の奥底の熱さを感じました。
未だ解き明かされることの無い神秘を
ドラだよさんは解釈されたのですね!
長いというより、難しい詩ですけど・・・
ドラだよさんがとってもペルーがお好きなことが伝わってきました♪
詩って、いいですね(=^v^=)
そうそう、以前の記事の中にナスカの地上絵を再現した小学校があるという記事がありましたね?
abiが1年生から4年生まで過ごした小学校だったのでとても驚きました☆
abi #-|2006/10/11(水) 16:29 [ 編集 ]
 
こんばんわ
ナスカ幻影。
どらさんのナスカへの情熱が注ぎこまれた長編ポエム。
私の未だ見ぬ世界にぶるっと体が震え熱くなりました。
少し難しい詩ですが情景が痛いほど伝わってきましたよ。
ここでしか味わえない素晴らしい詩を読ませていただきました。ありがとう。
ps 先日書いてくださった詩。
本館のコラボページとギフトポエムに飾らせてもらったよ(v^ー^v)
お時間のある時に覗かれてみてね。
tora #QjtTlS4.|2006/10/11(水) 20:05 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
体調回復!
この絵は、このまま、徐徐に細くなって地平線まで続いているんです。ナスカのガイドは、地上絵もそうですが「ナスカ・ライン」をしきりに主張していました。こうした線が縦横無尽に台地に描かれているんです。なんだろう?って思います。地上絵が一筆書きで描かれていて、ナスカの人たちがそこをグルグル歩いて水乞いをした、って言うのが最新の学説なんですが、それじゃあ、この線は何?って聞きたくなります。本当に滑走路のように延びているんですよ。
不思議ですね。
最後まで、つまらない詩を読んでくれてありがとうございました。
ドラだよ #-|2006/10/11(水) 20:06 [ 編集 ]
 
暇人主婦さんへ!
この滑走路のような線、無数に描かれているんです。それがある地点で交差したり、とにかく上空から見ると、線の不思議に感動するんです。
台地を区切るっていうのは、美意識をもって眺められるではないですか?
何故、描いたのか?本当に不可解です。なまじっか、現代人的理性で捉らえてはいけないのかもしれませんね。謎は謎として、ナスカ人の美意識にかんどうしておいた方が賢明なのかもしれません。考えると、夜寝られなくなっちゃうでしょう。
今度、ナスカの場所グーグル・アースで見られるようにアップしますね。マップでも、結構みられますから。
ドラだよ #-|2006/10/11(水) 20:12 [ 編集 ]
 
toraさんへ!
恥ずかしいな!
ほんの思いつきで書いただけですから。
少し理屈っぽい、て言われます。
でも、何にでも感動する心を持ち続けたい、と思っています。感動を忘れがちになりつつありますから。この間toraさんの詩を読みました。ご主人との深さに感激し、ジェラシーを感じましたよ。
詩本館もいいけれど、ブログの何気ない「つぶやき」も好きです。
ありがとうございました。
ドラだよ #-|2006/10/11(水) 20:18 [ 編集 ]
 
素晴らしい♪
こちらでは初めまして
ねこ日記のkikiです。
やっとこちらにお邪魔できました。

ナスカの魅力、まだTVの知識範囲ですが、すごく好きです。
ドラだよさんの、この詩に寂寥感を感じました。
これから、宜しくお願いします。
追伸 もちろん、「ぽちっと」しました♪


kiki #EBUSheBA|2006/10/12(木) 23:56 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
訪問ありがとうございます。
寂寥感を感じていただいたのですか。感謝!
ナスカは空漠としています。
そこに人が歴史を刻んだ、という過去が、寂寥を感じさせるのだと思います。娑婆はもう秋です。
ネコちゃんとの心の交流、楽しみに訪問させていただきます。
ドラだよ #-|2006/10/13(金) 00:41 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/73-fe1a656b
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。