ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

マリア・ライヘ博物館へ行こうよ! 

20060902122348.jpg

これ、何だと思いますか?マリア・ライヘ博物館の入り口です。
ナスカ地上絵の研究と、その保護に生涯を捧げたマリア・ライヘの業績をたたえる施設の入り口、としてはなんと粗末なのでしょうか。でももっと驚くのは、次の写真です。

20060902121555.jpg

博物館内部の展示品のうち、マリア・ライヘ女史の自室の写真です。彼女が生活した当時そのままの保存です。しかも、全てオリジナルな書類やデッサンがそのまま展示されているのです。この亜熱帯のしかも乾燥した場所でオリジナルが放置されているのでしょうか?
そう疑問を感じるのは私だけでしょうか。レプリカを作る予算が無いのでしょう。と言うのが現地の案内人の見解でした。
日本では、楠田枝里子さんが「マリア・ライヘ基金」を作ってマリア女史を支えたのは有名な話ですが・・・。彼女が逝去してから、どのような活動をされているのか、寡聞にして知りません。楠田さん、ごめんなさい。
マリア女史は、博物館の庭に眠っています。

20060902140539.jpg

これが、彼女の墓です。
私が訪問した日は、丁度地下に作った展示室のオープンセレモニーの日でした。人物の後ろにあるセットは、その来賓の席です。カンカン照りの太陽の下で、セレモニーが行われたのでしょうね。その名札の中に、楠田女史の名前はありませんでした。
また、博物館の中庭にはマリア女史が活動のために乗っていた軽ワゴンも雨ざらしで置いてありました。

20060902135928.jpg

いつかは、朽ちてしまいますよね。残念です。
こうした、保存が良いのかどうか、改めて考えていきたいものです。
ナスカへ旅行される皆さんに言いたいのすが。ナスカへ行ったら、是非マリア・ライヘ博物館を訪ねていただけませんか。ナスカの街からリマ方向へ戻ること、約30分から40分の場所にあります。売店も何も無い博物館です。でもハイウエイを走っていても、ナスカ・ラインは見えますし、分かります。地平線まで、向こうの山まで真っ直ぐに伸びるナスカ・ラインには感動しますよ。

20060902121616.jpg

この入場券を買って下さい。博物館と地上絵の保全の取り組みにも使われているということです。日本人の観光客は殆どいかれない、との事です。旅の日程がきつくて、行けないのかもしれませんが、是非組みこんでいただきたいものです。
今日は、お願いの文章になってしまいました。でも博物館の中に一歩入ると、可愛いつぶらな瞳のリャマが迎えてくれますよ・・・。

20060902202533.jpg

ねっ、可愛いでしょう。
スポンサーサイト
2006/09/02 14:31|ペルーの旅行TB:0CM:2
 
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/09/03(日) 14:05 [ 編集 ]
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/09/05(火) 11:49 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/6-4f9f596d
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。