ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

古代文明ビジュアルファイル・・・インカ最後の抵抗の地 

今日発売された「古代文明ビジュアルファイル」の内容は、面白いです。
ワクワクしました。
この雑誌・・・いつも娘が買ってきてくれます。
20070327210808.jpg

アンデス高地に誕生した巨大帝国・・・インカ帝国滅亡の地
○ローマ帝国・・・暴君ネロの奇矯な人生
○古代日本の神秘の祭器・・・銅鐸
○古代オリンピック・・・繁栄と衰退
ツタンカーメン・・・呪われた発掘
○都市遺跡トロイ・・・エーゲ海文明

この内容で、写真が豊富です。
アンデス高地に誕生した巨大帝国・・・では、スペインに抗して最後まで闘った「マンコ・インカ」の拠点だった要塞・オリャンタイタンポが紹介されています。
この遺跡は、6枚の大岩が有名です。
不思議な大岩です。
20070327212222.jpg

また、チャスキ(飛脚)のイラストも載っています。
以前に紹介したものですが・・・。
そのほかインカ帝国の勢力図が載っていて、これからペルーインカ文明を知る為にも必要かもしれません。

古代日本の神秘の祭器の項では、銅鐸の歴史が語られています。
銅鐸は紀元前2~3世紀、弥生時代前期ごろから作られますが、そこから解き明かして興味深い読み物になっています。
写真はありませんが、先々週に行った、縄文時代の遺跡「釈迦堂遺跡博物館」の庭にある、埴輪の頭部の写真を紹介します。
これは、石で作られたレプリカですが、本物は古代日本の息吹を伝える迫力を持っています。
機会があったら是非!と薦めたい博物館です。
中央高速道路を下って、甲府の手前のピット・インから行けます。
20070327213303.jpg

ツタンカーメンの項では、発掘秘話が記されています。
ツタンカーメンの呪いは、あまりにも有名な話ですね。
発掘に携わった人たちが次々と怪死していくのです。
黄金のマスクです。
425px-Tutanchamun_Maske.jpg

とにかく、今週号は楽しいです。
1冊560円・・・充実の内容でした。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ポトリしていますか?
20070118012324.jpg

今日の桜!
20070327215051.jpg

ドラだよ
スポンサーサイト
2007/03/27 21:53|番外編TB:0CM:16
 
コメント

ドラだよさん
古代文明ビジュアルファイル
見てみます。
サクラ奇麗に咲いて来ましたね

イラスト
挑戦して見たのですがかなり難しい物ですね
頑張ります。
ryuji_s1 #-|2007/03/27(火) 22:37 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
今週号は面白いです。
お薦めできます。

イラストとても楽しいですよ!
それにセンスが良いのでしょうか。
気楽に・・・気軽に楽しめます。

額にいれられる感じです。
雰囲気が出ています!
ドラだよ #-|2007/03/27(火) 22:45 [ 編集 ]
 
こんばんは
きれいに咲いた桜・・
この近所ではまだみられません。
五分咲き&芽吹き^-^


週刊ファイル!これも見逃せないですね!
家族がエジプトや遺跡が私よりもっと好きで
ツタンカーメンのムック本を買ってきたら
すごく喜びました。

アマゾンの平原の遺跡、
少し前にTVでやっていて必死になって今、
みながらメモしてます。
なんていうえ平原でしたっけ・・・。
アンデスのミイラが出てきて・・までで見終わりました。

この6枚岩、迫力が違いますね!!
記事UPして日付変わったらまたお邪魔します^-^
kiki #-|2007/03/27(火) 23:29 [ 編集 ]
 
こんばんは
今週号はかなり面白そうですね。
ちょっと覗いてみたくなりました。
いつもはドラだよさんの解説のほうが
楽しいので、それで終わってしまうんですが(笑)
桜の花はぼちぼち咲き始めたというところでしょうか。
実家は借景で窓からお花見が出来ますが、
もう咲いているかどうか・・・。
今週末は東京でもお花見ができそうですね。
ところで、4月はテノールのリサイタルと
オペラ「ラクメ」を見に行く予定です。
ドラだよさんの音楽会のご予定はいかがですか?
いつかご一緒したいものですね。
今日もポトリ&クリック(ちょうど500でした)
mikarinda #-|2007/03/27(火) 23:37 [ 編集 ]
 
こんばんは(=^・^=)
ほんと~、面白そうですね(=^v^=)
今日は、abiも初めて桜を!
開花した桜ちゃんを見ました!!(≧∇≦)ヤッター!
まだまだの木が殆どですが、楽しみです。
曇っていたので写真の写り方があまり綺麗では
ありませんでしたが・・・
またUPしますね(=^v^=)
abi #-|2007/03/28(水) 00:05 [ 編集 ]
 
水曜になりました
現在2位!
あと100pです^-^
hotでない方にさせていただきます。

ツタンカーメンのマスクみていつも
思うのですが、
なぜ、この金と紺のしましまなんでしょう・・?
この模様の謎が知りたいです。
我が家はベージュとキャメルのしましまなら・・・います(笑)
kiki #-|2007/03/28(水) 00:06 [ 編集 ]
 
さくら~
青空の下で 桜を見上げる
平和な日本だから それが当たり前になってしまってる・・
嬉しいですが 母から聞く戦時中の東京は悲惨です。よく生きてたね~と 。
ツタンカーメン すべてを見てきた・・そんな表情です。
私は ドラだよさんに判りやすく教えてもらいます (^_^.)
つぶやき #-|2007/03/28(水) 08:30 [ 編集 ]
 
怪死?
ツタンカーメンの呪いって、知りませんでした

>発掘に携わった人たちが次々と怪死していくのです。

きゃー!v-11

やっぱりエジプトに行ってみたい…

ぽちっとしたら2位でした♪
ぺがさす #g7r.6ZAU|2007/03/28(水) 12:01 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
昨日のこの桜の木、今日はほぼ満開です。
アッと言う間・・とはこの事ですね。
今夜お見せしますね。

今週号は、かなり面白いですね。
ぜひご一読を!

アンデス文明は奥深いです。
ペルーの砂漠では、人骨は普通に転がっているそうです。
テレビで良くそうした砂漠風景が放映されますが「やらせ」ではないと言っていました。

ペルーの人たちが遺跡に無関心なのは、そうした環境があるからですね。

6枚岩・・・迫力ありますね!
ドラだよ #-|2007/03/28(水) 17:07 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
4月のコンサート・・・気候も最高です。
テノールは誰でしょうか?
ドラだよは、かつてイタリアに留学した・・・神戸さんというテナーが忘れられません。
すばらしいテナーでした。
いまでは、その消息も分かりませんが。
きっと挫折したのですね。
残念です。

桜は、木によっては満開になってきましたよ!
早いですね。
ドラだよ #-|2007/03/28(水) 17:10 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
桜が見られて良かったですね。
どんどん開花しています。
アッという間です。

早い早い!

abiさんの桜・・・見たいです。
きっと、かそけき桜、豊かな桜・・・とさまざまに見せていただけるかな?なんて思っています。
パッと咲いて、散っていく日本的美学がありますね。
ドラだよ #-|2007/03/28(水) 17:14 [ 編集 ]
 
つぶやきさんへ!
本当にそうですね。
生きているからこそ楽しめる日本の四季。
美しい桜。
自然・・・。
ありがたいと思います。

あの、戦争を体験した世代に感謝です。

ツタンカーメンの黄金のマスク。
長い長い眠りから覚めて、今何を思っているのでしょうか?
愚か者め!
なんて思っているのかもしれませんね。
ドラだよ #-|2007/03/28(水) 17:17 [ 編集 ]
 
ぺがさすさんへ!
はい、ツタンカーメンの呪いです。
発掘に従事された単純労働者ですら死んでいます。
また、発掘にお金を出したスポンサーも怪死です。

恐ろしいですね。
眠りを妨げた呪いでしょうか?
それとも、王に棺の手をかけたことへの怒りでしょうか?

謎のまま残っている「呪い」です。

エジプトも素晴らしいですよ!
素晴らしい石造文化です。
迫力に圧倒されるはずです。

行かれるときは、ツタンカーメンの呪いにご注意!
ドラだよ #-|2007/03/28(水) 17:21 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
このしましまの理由を知りたいですね。
ドラだよもそう思います。

映画を見てもしましまですもんね!

ベージュとキャメルのしましまも・・・不思議な生き物ですね!

文献を漁ってみますが、縞々の理由は出てないかもですね!
ドラだよ #-|2007/03/28(水) 17:31 [ 編集 ]
 
テノール
その方、残念ですね。
日本人はいい声の方もたくさんいらっしゃるのに、ちょっと売れ始めると、合わない役を引き受けありすることで声をつぶしてしまいがちだそうです。
最近はそれなりに皆さん大事にされているようですが、やはり身体がちいさいせいか、
声の大きさが足りないのが気になります。
日本人では中島康晴さんに注目していて、
7月に「セビリヤの理髪師」でアルマヴィーヴァ伯爵役を演じるのを見に行きます。
S席でも21000円なので、比較的オペラとしては安い値段設定かと・・・(笑)
ジョン・健・ヌッツオさんもいいです。
ちなみに4月のテノールは8日で、ヴィンツェンツォ・ラ・スコーラが都響と共演します。
チケットが残っているかどうかはわかりませんが、もしご興味があって、お時間があるようでしたらいかがですか?
彼は既に売れていますが、これからもっと出てくると思います。
mikarinda #-|2007/03/29(木) 13:07 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
日本のテノールはドラマチックでなくて良いんですよね。
リリックでも、聞かせます。
愛の妙薬なんて・・・リリックのためのオペラです。

高校時代に、中村さんに師事していたとても美声のリリックがいたのですが・・・これも潰れてしまって。
残念です。

確かバリトンからテノールに転向した・・・宮本某さんなんか、オテロ苦しそうで前屈みになって歌っていました。
今でも印象に残っています。
パバロッティのようにいくはずも無く、背丈に合った歌声で納得したいものだと思っています。

しかし、聞いていて耳障りは下からその音を拾いに行く発声。
これは駄目ですね。
最近のソプラノに多くなっていませんか?

そうですね・・・。
ジョン・健・ヌッツオさんもなかなか甘い声ですね。
ドラだよ #-|2007/03/30(金) 00:01 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/274-b27f09fb
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。