FC2ブログ
ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

インカ帝国のたそがれ・・・アタワルパ滅亡 

今回は、前回に引き続いてカハマルカという町でインカを統治しているとしたアタワルパの滅亡についてです。
この時・・・ピサロ以下のスペイン人がぺルーに上陸した時は、インカ帝国の覇権争いの真っ只中でした。

クスコには、インカ皇帝の嫡流インカ・マンコがいました。
そして、カハマルカの町に割拠して、インカ皇帝の庶子アタワルパが派遣を競っていたのです。

アタワルパも、やはりピサロ一行を創造神・ピラコチャの再来だと思っていました。
アタワルパは、自称皇帝ですが、威風堂々とピサロに会いに行きます。その模様が残されています。
輿に座って、武官や妻妾を引き連れ行進しています。
20070325222605.jpg

ピサロたちがピラコチャで無ければ、皇帝自ら会いに行きませんから。
この時アタワルパは、千を超える軍隊を従えて行ったとされています。
しかし、数十人のスペイン人に殲滅されてしまいます。
ピサロにしてみれば「飛んで火にいる夏の虫」だったのでしょう。
インカ軍は、ピラコチャが自分たちを攻撃するとは思っていませんでした。
銃口を向けられて、インカ軍は抵抗も無く壊走していったとされています。
この時点では、アタワルパは捕らえられ幽閉されてしまいます。
そして、神の名・・・キリストの名前の下処刑されてしまったのです。

いよいよクスコの皇帝は、自分たちに有利に動いたピサロたちをピラコチャと信じてしまいます。
ピラコチャがピルーの整頓に再来したと思っても不思議ではありません。

ピサロたちは、クスコ侵攻作戦を開始します。
インカのたそがれが迫ってきます。

この稿は、続きます。


昨夜のサッカーは、全日本が2対〇でペルーを下しました。
ペルーはベスト・メンバーでは無かったんですね。
ベスト・メンバーだったら、もう少し面白いゲームだったと残念です。


今日は、民放でもツバル・・・海に沈む国を放送していました。
温暖化の影響がこうして訴えられていくのはとてもいい事です。
サンゴ礁の国・ツバル・・・守って行きたいです。
ネコ日記のkikiさんが、記事にし、更にマングローブ植樹のための貢献をされています。是非ご一読下さい。
ネコ日記はここです。
http://www.dhcblog.com/nenekoneko/archive/1029


今日は、暖かい雨の一日でした。
雨滴がとても綺麗でした。
そして、この冬は外に置いておいたシビジュームの蕾がこんなに膨らんでいます。もうすっかり咲いていますが、残された一鉢です。
春蘭も三輪目が咲きました。
とても嬉しいです。
DSC_00010001.jpg   DSC_00030001.jpg   DSC_00060001.jpg

美しい日本。
美しい地球。
美しいサンゴ礁の国・ツバル
守っていきたいですね!
20070118012324.jpg

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト



2007/03/25 22:55|ペルーの旅行TB:1CM:10
 
コメント
こんばんは♪
ピサロ・・インカに帝国を無くしてしまったのですね・・

絵に表れた動きと意気を感じました。
白とブルーの絵なのに生々しく・・。

記事に紹介していただいて本当にありがとうございます^-^
私の送った300個のマングローブ植樹用ポットは
200個、NPOの方とともに先週、ツバルに行きました。
6月頃からの植樹準備をツバルで待っているそうです。
ツバル領事館の方との連絡も続いています。
継続していきます♪

春蘭の儚さ、左の写真の刻を止めたような写真
シンビジウム・・
素敵な写真をみせていただきありがとうございます!!

kiki #-|2007/03/25(日) 23:19 [ 編集 ]
 
月曜日です!
日付変わってぽちっと!
あと90pです^-^

昨日また素晴らしい本を見つけました。
まだ、じっくりは読んでませんが、絶対記事にします。
今夜、ダネを寝かしながら読もうと思ってます。

環境に関する本ですが、
小学生に考えさせられました・・・。
kiki #-|2007/03/26(月) 00:10 [ 編集 ]
 
つわものどもの夢の跡
インカ帝国のたそがれ
判りやすい文で、物語のように拝読しています~

命も国々も星も 形あるものは 永遠ではない
いつかは滅びるときがくる
それだからこそ、今の一瞬を美しく生きたいですね。
ぽちっと応援2位でした~
ぺがさす #g7r.6ZAU|2007/03/26(月) 11:07 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
インカの滅亡は伝説と言い伝えを大切にしていたからですね。
とても意味がありますね
何を信じ、何を範とするか
難しい物です。
水仙奇麗に力強く咲いてくれました

空豆のスープ美味しいです。
ぜひお楽しみ下さい。
ryuji_s1 #-|2007/03/26(月) 13:37 [ 編集 ]
 
こんにちは
インカのたそがれが近づいていますね。
自称皇帝でありながら、
なぜおめおめと行ってしまったのか・・・。
国がそう簡単に滅びるとはオドロキですが、
今も同じようなことが自分達の手で怒っているのですね。
ツバルにたそがれが迫りませんように。
私もできることを続けていきます。
いつもお花に和んでいます。
綺麗な写真をありがとうございます。
首位まで、もう少しですね!
mikarinda #-|2007/03/26(月) 16:49 [ 編集 ]
 
情けない
自分達の手で「怒っている」ではないですよねぇ。
「起こっている」の変換まちがいです。
ああ、情けない。
あわてんぼうの私でありました。
mikarinda #-|2007/03/26(月) 16:51 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
ピサロがペルーで行った行為は、かなり酷いものだったと記録にあります。
いま、それを言ってもせん無いことですが、インカ帝国の破壊はやはり歴史的な蛮行ととだけは、言っておきたいと思います。
金銀の強奪や、遺跡の破壊も褒められたものではありません。

ツバルの取組は着々ですね。
素晴らしいです。

雨上がりの緑は素晴らしいですね。

環境に関する本の記事は楽しみに待っています。
改めてkikiさんの行動力に脱帽!
ドラだよ #-|2007/03/26(月) 23:37 [ 編集 ]
 
ぺがさすさんへ!
物語のように読んでいただけたら嬉しいのですが・・・。
本当にそうだと、やる気になれます。
原点が難しいものですし、入り組んでいて簡単に紹介することがいいのかどうか・・・。
でも、概略ご理解いただけたらと思っています。

今の一瞬・・・。
その光芒を噛み締めて生きたいと思います。

ぺがさすさんんは、やはり詩人ですね!
ドラだよ #-|2007/03/26(月) 23:41 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
何を信じ、何を範とするか
難しい物です。
というryuji_s1さんのご意見に同意です。
本当に難しい問題です。

信じなければ生きていけませんし、信じることで裏切られる場合もあります。

その見極め、見切りがキチンと」出来る人は少なくなっています。

歴史に学んでいくことも大切だと思います。

ソラマメのスープ楽しみたいと思います。
いつもありがとうございます。
ドラだよ #-|2007/03/26(月) 23:45 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
インカの足し枯れが迫っています。
あと4回くらいで完結にしたいと思っています。

金銀財宝をピサロに差し出して、実質的にインカ皇帝は力を失っていきますが、貪欲なまでのスペイン人の略奪は続いていきます。

楽しみにして下さいね。

ツバルを失わないためにも、ドラだよもポトリを続けます。
この継続の力は、mikarindaさんにいただいたものです。
本当に感謝しております。
ありがとうございました。
ドラだよ #-|2007/03/26(月) 23:49 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
地球温暖化の影響で海に沈む国・島
モルディブ共和国(Republic of Maldives)はインドの最南端の東...
地球温暖化と環境問題の真実 2007/04/26(木) 00:03
 
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/272-b2e15ca3
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.