ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ラテンアメリカ映画祭・・ペルー映画上映 

もう今日の話しなんです。土曜日(16日)から月曜日(22日)までの3日間「第3回スペイン・ラテンアメリカ映画祭」が渋谷のAMUSE CQNで開催されます。
もう前売りは終わっていますので、CQNにお問い合わせ下さい。
℡番号は03-5468-5551です。
ペルー映画のタイトルは「マディヌサ」監督クラウディア・リョサ
日曜日の午後6時半
月曜日の午後4時
の二回です。
簡単な紹介をします。
不思議なリアリズムとネオリアリズムの完璧な融合。
本年ペルー映画で最多受賞作。
マデイヌサはペルーの人里はなれた山奥の村に住む少女。
その村は聖週間を変わったやり方で祝う風習がある。
聖金曜日から復活祭の日曜日まで、村中でやりたい放題できる。
というのも、その期間には罪が存在しない。神が死んでいるので、お咎めなしというわけだ。
何をしても許され、罪にはならないのである。
マデイヌサと妹と村長の父親はこの風習を今も守っている。
しかし都会から1人の若者がやって来て、すべてが変わってしまったように見えた…。
20060915230132.jpg

映画の1シーンのようです。
さらに詳細を知りたい方は、CINEMA topics onlineにアクセスしてみて下さい。

ドラだよ
スポンサーサイト
2006/09/16 08:00|日記風に・・・TB:0CM:1
 
コメント

ペルーでもこの映画は今週から上映が始まりました。週末早速見に行ってきます。タイトルの「マディヌサ」はMADEINUSAとつづります。MADE IN U.S.A.と関係あるのでしょうか?週明けにレポートします。 リマックの住人
リマックの住人 #-|2006/09/16(土) 09:42 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/27-760aec99
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。