ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

プレ・インカの軌跡・・・インカ帝国以前のペルー 

インカのたそがれ・・・を語っています。
行ったり来たり、ですが今日はプレ・インカ・・・インカ以前の文明についてお話します。
プレ・インカ・・・古代アンデス文明の軌跡です。
プレ・インカの年表です。

•チャビン文化(アンデス全域;1000B.C.頃~200B.C.頃)
•モチェ文化(ペルー北海岸;A.D.100頃~A.D.700頃)
ナスカ文化(ペルー南海岸;A.D.1頃~A.D.600頃)
•ティワナク文化(チチカカ湖畔;A.D.1頃~A.D.900頃)
•ワリ文化(アンデス全域;A.D.800頃~A.D.1000頃)
•シカン(ランバイエケ)王国(北海岸ヘケテペケ川流域;A.D.800頃~A.D.1100頃)
•チムー王国(ペルー北海岸;A.D.1000頃~A.D.1476頃)

と言った流れです。

やはり、興味深いのはナスカですね。
土器も優れた出土品があります。
20070312094105.jpg

20061207204559.jpg

地上絵は当然ですね。
プレ・インカの出土品は、そのデザインも色も鮮やかです。
こんなレリーフもあります。
デフォルメされた顔が、愛らしいです。
20070312094526.jpg

ティワナク遺跡の立像です。
20070312094732.jpg

チチカカ湖に行かれた方はご覧になられたと思います。
シカン文明も有名です。
黄金の文明です。
この発掘は、南イリノイ大学教授・島田泉 (考古学者) 先生がその中心的役割を果たされています。
出土した黄金製品の人物の目が「アーモンド」のようだと言われ、アーモンド・アイと表現されています。
sikan-2.jpg

なんという緻密な細工でしょうか。
色彩も鮮やかです。
docu0043-1.jpg

プレ・インカを簡単にデッサンします。
歴史は、紀元前3500年に遡ります。
紀元前3000年には、土器の制作が始まります。
紀元前2000年には各地で神殿が築かれ始まるのです。
その各地に散らばった部族を統合して「チャビン文化」が花開き、いわゆるプレ・インカが始まったのです。
このプレ・インカ時代は、チャンチャン遺跡で有名なチムー王国がインカ帝国に滅ぼされ終焉を迎えました。
インカ帝国の隆盛期となって行くのです。


この悠久の古代アンデスの文化・・・プレ・インカの文明は、現在に生きる私たちに何を語っているのでしょうか。
遺跡は語らず、その場所で光彩を放ち続けています。
タイム・カプセルで5000年を遡って、その文明の正体を知りたい!と思うのは間違いでしょうか?

極めて簡単のデッサンしました。
流れだけでもご理解いただけたら嬉しいです。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
ナスカ地上絵にあるハチドリは、地球温暖化をストップさせるシンボルです!
ポトリしましょう!
20070118012324.jpg

ドラだよ
スポンサーサイト
2007/03/12 15:01|ペルーの旅行TB:0CM:19
 
コメント

お散歩ですが
今日はひえますね・・・。

すばらしい写真がたくさんなので
また帰ってからゆっくり拝見します!!

ぽちっと♪
kiki #-|2007/03/12(月) 15:17 [ 編集 ]
 

様々な文明の残した遺跡や出土品には、不思議なものが多いですが。。。
色使いやデザインなどは、現在のものに用いても十分素敵だろうし斬新だと思わせるものが数多くあるように感じます。
さてさて明日は、「古代文明ビジュアルファイル」またまた発売ですね。気づけば6号!!
楽しみですね~♪

ひろ #-|2007/03/12(月) 15:30 [ 編集 ]
 
こんばんは
帰ってきました。
ゆっくり見させていただいて改めて精密な手工技術を思います。

そして少し前にアンデスの遺跡のTV番組も録画のまま
まだ、見てませんが
遺跡での物語りもあったようです。

下の2点の金細工でしょうか?
これを見て驚いたのは
例えば下のライオンのたてがみのようなひらひら・・
長さがきれいに揃っていること、
そして円の大きさが同じこと・・

図案としてというより技術的水準の高さに
驚きました。
kiki #-|2007/03/12(月) 17:27 [ 編集 ]
 
何度もすいません
ご存知かもしれないですが、
今日 22:25~22:50 NHK教育で
知るを楽しむ・この人この世界◇

上智大の学長の石沢良昭氏が、
カンボジアのアンコール遺跡を語る6回目。
同遺跡に魅せられた人々にスポットを当てる。
アンコールワットは日本人にとっても聖地であった。
水戸市の彰考館所蔵の「祇園精舎之図」はまさにアンコールワットそのもの。アンコールワットには、そこを祇園精舎だと信じた森本右近太夫の墨書も残っている。
また、フランスの文部大臣にもなったアンリ・ムーオが、遺跡に飾られていた彫刻の美しさに魅入られてフランスに持ち帰ろうとして逮捕されたという逸話も残っている。

があります!楽しみですね。

kiki #-|2007/03/12(月) 17:33 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
インカの歴史は素晴らしいですね
残されている貴重品、素晴らし物ですね
精巧に仕上がっています。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/03/12(月) 17:48 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
今日は寒かったのに、社会見学に行かれたのですか?
体調はいかがでしょうか?

シカンの出土品の技術的水準の高さには、目を瞠ります。

こうした金細工のレベルは世界の遺跡の中でも最高レベルだと思います。

今夜の教育テレビ必ず見ます。
教えていただいてありがとうございます。
ドラだよ #-|2007/03/12(月) 20:52 [ 編集 ]
 
ひろさんへ!
そうですね・・・!
いま、こうしたディスプレイがあったりすると楽しいですね。

そうですか・・・。
明日、古代文明の6号の発刊ですね。

楽しみです。
いつもありがとうございます。
感謝です!
ドラだよ #-|2007/03/12(月) 20:54 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
インカの歴史の長さは、どこの文明よりも古く、そして長いです。

しかも、海岸線・・・高地・・・砂漠地帯と3箇所でそれぞれ花開いているのです。

遺跡も凄いですし、出土品も素晴らしいです。

ryuji_s1さんも、お時間作れたら是非ペルーに行ってみて下さい。
ドラだよ #-|2007/03/12(月) 20:57 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
アスパラこの次をお楽しみ下さい、
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/03/12(月) 21:39 [ 編集 ]
 
冬に戻ったみたい
寒い日が続きそうです・・
インフルエンザ 気をつけなくてはいけませんね。

黄金の出土品は素晴らしいですね。
アーモンドアイ・・つぶらな瞳が可愛いです ♪

先日は蘭違いの欄を使ってしまいました m(__)m
誤字をあとから気が付き恥ずかしいです・・
つぶやき #-|2007/03/12(月) 22:22 [ 編集 ]
 
ryuji_s1 さんへ!
はい、ryuji_s1 さん。
次のアスパラのレシピが楽しみです。

ありがとうございました。
ドラだよ #-|2007/03/12(月) 22:59 [ 編集 ]
 
こんばんは(=^・^=)
懐かしく拝見させていただきました。
abiは、アーモンド・アイの人物の指輪や
ナスカの地上絵などのアクセサリーを
記念に買ってきました。
落ち着いたらUPしますね、なかなか今はゆっくり
写真を撮れません・・・
ペルーはまだまだ書きたいこと、たくさんありますからネ(=^v^=)
今日はワインを飲んでも良いか?先生に聞いたら!・・・OKでました!!
でも、飲んでないの・・・(笑
abi #-|2007/03/12(月) 23:03 [ 編集 ]
 
つぶやきさんへ!
つぶやきさんも、風邪に気をつけて下さいね。

アーモンド・アイ・・・とっても可愛いですね。
プロゴルファーの藍ちゃんの目が似ていますね。
目じりが上がって、チャーミングです。

蘭でも、欄でも、意味が通じます。
PCに良くある、変換違いですから気になさらないで下さい。
ドラだよは、そう理解していましたよ。

ドラだよも時々やってしまいます!
ドラだよ #-|2007/03/12(月) 23:04 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
ワイン・・・先生の許可が出たのですか。
嬉しいですね。

でも、たしなむところからスタートして下さいね。
ドラだよは、とっても心配です。

実はドラだよは、この間使っていたPCが吹っ飛んで、写真が消えてしまいました。
ショックなのです。
特にナスカの地上絵の写真が全滅です。

まあ、いいか・・・!
また撮りに来い!っていう意味かもしれませんからね。

ペルーのアクセサリーの写真は是非見たいです。
おちついたら、写真撮ってアップして下さいね。
楽しみにしていますから・・・。
ドラだよ #-|2007/03/12(月) 23:26 [ 編集 ]
 
こんばんは♪
石澤さんのTVはまた録画でした。
もう一つ、アーカイブスか何かを撮ってる気がします(見られるだろうか・・?)

アンコールワット部分で
ダネの邪魔が入りました(汗)

ぽちっと♪
現在3位、2位まで約40p

ドラだよさんのこの記事の
BC1000年ごろ~っていうのが
すごいですよね。
やっぱり、今まで、今日までの歴史、
歴史を見てきた遺産は人間の寿命に比べて
悠久な分、しっかり守っていかなければとおもいました。
kiki #-|2007/03/13(火) 00:12 [ 編集 ]
 

歴史は、紀元前3500年に遡って、紀元前3000年には、土器の制作が始まり、 紀元前2000年には各地で神殿建築が始まる。
すごい!
以前に飛行機のような出土品がありましたが、本当に飛行機作ってたかも・・・と思っちゃいます。
暇人ひー #-|2007/03/13(火) 03:17 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
アンコール・ワットをはじめ、カンボジャの遺跡は凄いですね。

あのビーナス「東洋のモナリザ」の微笑みは、ゾクゾクしてしまいます。

アンコール・トムも素晴らしいですし、壁のレリーフは精緻です。
かつての内紛で、破壊された部分も多いと聞きます。
悠久の歴史、時間が育んだ遺産を守っていかなければいけませんね。

しみじみと思います。
ドラだよ #-|2007/03/13(火) 08:13 [ 編集 ]
 
暇人ひーさんへ!
この文明は、何を作っていたのかわかりませんね。
本当に飛行機作っていたかも!

アンデスのフライング・マンもそうですが、誰かは必ず空を飛んでいた!
そう思えます。

それに、お洒落ですよね。
素晴らしい装飾品の数々です。
ドラだよ #-|2007/03/13(火) 08:15 [ 編集 ]
 
おもしろいですね
歴史は物語る、ですね。
この装飾品、とてもおもしろいです。
一番初めの土器(?)が
人のような魚のような感じで、
がっしりと重厚そうでいて、とてもユーモラスです。
ペルーの人々の明るさがにじみ出ている気がします。
他のものも色鮮やかで技術の高い工芸品ですね。
知恵に富み、豊かな才能を持ち、
健全な国が築かれていたように思えてなりません。
mikarinda #-|2007/03/14(水) 14:34 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/261-79f62a52
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。