ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

インカ帝国のたそがれ・・・ピラコチャが来た! 

ピラコチャが来た!
その噂は、まるでアンデスを吹き渡る風のように、インカ帝国に流布されて行きます。
チャスキもその伝聞を、物資とともにインカ全土に伝えたのでしょう。

伝承によりますと、ピラコチャは海の上を歩いてペルーに来たのです。
そして、ペルーを中心としてアンデス一帯を教育して周り、文明の礎を築きます。
しかし、アンデスの民が素直に従わずおごりかけた時、大洪水を起こし海の彼方へと去っていったのでした。
成果移住にある大洪水伝説の一つです。
やがて、ピラコチャの子孫がチチカカ湖に降臨します。
それが、インカ帝国の曙となったのです。
初代インカ皇帝は、マンコインカです。
インカの曙、チチカカ湖はこんな湖です。
320px-Lake_Titicaca_map-1.jpg

ボリビアとペルーにまたがる湖です。
世界一の高地にある湖です。

なぜ、この時期にピラコチャが来た!とインカの民は信じたのでしょうか?
それは、インカ帝国内部で権力争いが激化していて、いわば二重権力的な状況だったからなのです。
ピラコチャが国を整頓してくれる!と熱望していたインカの深層心理が存在していたし、それを強く望んでいたからなのでしょう

クスコには、マンコ・インカがいました。いわば正当な権力です。
しかし、カハマルカという町にはもう一人皇帝を名乗る人物がいました。
アタワルパです。
最初にスペイン人と戦ったことで名前が残っています。
マンコ・インカとは腹違いの兄弟です。
アタワルパの版画が残されています。
20070308144151.jpg

彼は、スペイン人にとらわれた時に、皇帝はクスコにいる、と自白します。
「しかし、マンコ・インカは若いので、自分がとりあえずインカ帝国を統治しているのだ」と付け加えますが、スペイン人はクスコを正当な政権と認めたのです。
このクスコの皇帝マンコ・インカはおそらく、第11代の皇帝です。
文献によると、おじいさんが「グァイナ・カパック」で、第9代とされているからです。

なぜ、マンコ・インカがインカ崩壊の当事者なのか?
彼は、スペイン人と共存共栄を夢見たからなのです。
ピサロ一行をピラコチャの再来と信じていたのかもしれません。

マンコ・インカに伝えられた言葉です。
サバイ・インカ(汝、王よ!)、彼らは間違いなくピラコチャであり、神であります。
なぜなら、彼らは風に乗ってやって来たと言っております。
また、立派なひげをたくわえ、肌は白く、銀の食器で食事をしているからです。
さらにその上、彼らは銀の足をした大きな羊に乗り、まるで天井に轟くようなイリャパ(雷鳴)を発するからであります。
彼らの衣装には金糸や銀糸で装飾が施されており、サパイ・インカより立派です。
このような人たちは、ピラコチャ以外の何者でありえましょうか!

馬に乗り鉄砲を撃つスペイン人です。
マンコ・インカは、使者にそのピラコチャをクスコに連れてくるように命じます。

いよいよピサロ一行がクスコに乗り込む下地が出来上がっていくのです。
                                             つづく
海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
ポトリ・・・!
20070118012324.jpg

今日の花は、薔薇です。
DSC_0009-1ok.jpg

ドラだよ

スポンサーサイト
2007/03/08 16:09|ペルーの旅行TB:0CM:13
 
コメント
こんばんは
えーっと・・あれで大丈夫でしたでしょうか・・?

現在、2位でした。
中々手ごわいですね、でも、返り咲き待ってます。

この男性の目元、
戦意がみなぎってますね!
国、愛する人、民族、自由・・
守るものが愛しいほど人は強さを強化しますね・・。


ドラだよさん、
以前の記事の

「温暖化で国が消滅する・・・ツバルの悲鳴!」

もし良かったらですが
私の記事
http://www.dhcblog.com/nenekoneko/archive/1029

ツバルのことを書いた記事に
トラバしてくれませんか?
まったく同じ内容なので、読んで頂いてドラだよさんが了承してくださればお願いします。
kiki #-|2007/03/08(木) 21:01 [ 編集 ]
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/03/08(木) 22:24 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
使命感に溢れているヒトの目は迫力あります。
敵味方を越えたヒトの共感は素晴らしいものですし、友情が芽生えたりします。

人と言う存在の大きさです。

TBさせていただけるのはとても嬉しいです。
ありがとうございます。
前回もやろうとしたのですが、出来なかったのです。
残念でした。
操作は間違っていないのですが・・・。
やってみますね。
ドラだよもまだまだPC初心者です!
ごめんなさい。
ドラだよ #-|2007/03/08(木) 22:48 [ 編集 ]
 
こんばんは♪
9日ですか・・
はやいですねやっぱり。

使命感や目指すものがある人の目は
もう、言葉でなく力を感じます。

私の方でなんちゃってTBをさせてもらっていいでしょうか?
わたしの記事からドラだよさんの方へも
飛べるようにしたいので
リンクですが、少しだけ記事を紹介させてもらってから、
私の方はTB処理させてもらえたらと思います。

ぽちっと♪
手ごわいですね(汗)
ダネ~!応援に走れ~~っ!
kiki #-|2007/03/09(金) 00:12 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
インカの国民の偉大さが読まれます。
スペインは単なる政略者の汚名をかぶってしまいました、
そこにインカのすばらしさと謎が有るようですね
スナックえんどうはソテーしただけの方がシャキシャキ感が出ます、さすがドラだよさん
ぜひお試しください、
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/03/09(金) 07:53 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
はい、ありがとうございます。
お願いいたします。

現在のランクは、これが実力ということで・・・。

ダネの応援、力強いです!

今日は比較的寒さが感じられます。
桜の開花がもう少し先になれば、本当は嬉しいのですが!
ドラだよ #-|2007/03/09(金) 14:46 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
スペインがクスコを占領し、ペルーを支配したのですが・・・。
もちろん南米ではブラジルを除けばすべてスペイン語圏。
スペインが残した功績もありますが、いまや、悪者になってしまいました。

歴史の評価は難しいです。
スナックえんどうは、ソテーして食べてみます。
シャキシャキ感が好きですから。

丁寧に教えていただいて感謝します。
ドラだよ #-|2007/03/09(金) 14:50 [ 編集 ]
 
悲しい誤解
インカの人々が、スペイン人を、ピラコチャと間違えたというのは、実に残念な誤解ですねぇ。。
本物のピラコチャは宇宙人だったに違いありません。
もっともスペインに侵入されなくても、いずれ他の国が攻め寄せてきたでしょうね。
でもインカの子孫は残っているのですよね?
pegasus8 #x4KMuVN6|2007/03/09(金) 15:01 [ 編集 ]
 

こんにちは

ただいま、社会見学です。ぽちっと♪
なんちゃってTB了解しました。

今から家に戻ります!
kiki #-|2007/03/09(金) 16:15 [ 編集 ]
 
pegasus8さんへ!
本当に悲しい誤解です。
それだけ純真だったのでしょうし、国家の混乱があったのだと思います。
為政者は、それほど純真ではありませんからね。

本物のピラコチャは宇宙人だった・・・。
そう考えるとつじつまの合うことが多いです。

ナスカ・・・緻密な石組み・・・建造物などなどその当時の人間にそんな技術があったとは考えられませんから。

インカの子孫は、しっかりと残っています。
ペルーの街には、そうした子孫の面影が強いです。
体形も、ずんぐりむっくりの方が多いですし、日本人にも似ていて、気持ちが緩んでしまいます。
ドラだよ #-|2007/03/09(金) 18:59 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
こんばんわ。
ありがとうございます。

ドラだよもkikiさんの記事にトラバしようと思って、処置したのですが出来ません。
どうしてかな・・・?
いつも通りですし、前回も出来なかったので問い合わせてやったのですが!

困っています。
ドラだよ #-|2007/03/09(金) 19:01 [ 編集 ]
 

インカの人々は純真すぎたのでしょうか。
今日は理解力が半減しているのかもしれないのですが・・・。
続きがとても気になります。
またお邪魔します。
ランキング、がんばってください!
こちらでもぽちっと!
mikarinda #-|2007/03/09(金) 23:55 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
やっぱり純真だったのだと思います。
それはそれで嬉しいですが、牧歌的な純真はおうおうにして自己破壊となってしまいます。

世界を知らない・・・その現実が問題ですね。
江戸時代の日本のような・・・。

続きも、引き続いて整理中です。
ドラだよ #-|2007/03/10(土) 08:35 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/257-8030ddbc
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。