ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

インカに眠る氷の少女~自然への畏怖と生贄 

20070209204817.jpg

この本を買いました。
生贄として、山の頂上に捧げられた少女を発見し、そのミイラ化した少女を救出するまでの出来事が書かれています。
1995年の出来事でした。
発見された場所は6000メートル級の山です。
山の噴火によって氷が溶け、500有余年の眠りから覚めるまでの物語です。
発見された少女・少年の数は、ペルーアルパト山で最初の救出がされ、その後数体が救出されました。また、アルゼンチンの山でも3体が救出されました。

インカ文明には、山の神への「生贄」という風習がありました。
それは、連綿と続いていました。
1621年、生贄になる少女が神官に語った言葉が記録されています。
「もう私を始末して下さい。私のためにクスコで催された儀式でもう充分ですから。」
悲しいほど、献身的な言葉です。
この一行で、胸が締め付けられました。
氷の少女です。
pict6-1.jpg

この氷の少女は、救出された当時は大変な話題になりました。
「世界ふしぎ発見」では、1996年に放映されました。
まるで生きているかのようです。
20070211155239.jpg

著者は高地考古学者「ヨハン・ラインハルト」アメリカ人です。

この少女が発見された山は、ペルーアレキバという街に隣接する「アルパト山」です。
グーグルアースで行ってみましょう。
こんな風に見えます。
20070211155859.jpg

緯度・経度です。
16° 9'41.24"S, 71°31'54.04"W
隣には、ミスティ山もありやはり生贄が捧げられました。
ミスティ山の緯度・経度です。
こんな風に見えます。
16°16'40.68"S, 71°24'26.61"W
20070211160059.jpg

ミスティ山です。
20070211155756.jpg

アレキバは、世界遺産に登録されています。
アレキパという名前は、この町を建設したインカの第4代皇帝マイタ・カパックが言った「アリ・ケパイAri Quepay(ここへ住みなさい)」というケチュア語が由来と言われています。

自然を畏怖した古代の人々の生き方が、慄然として伝わってきます。
しかし、生贄という過酷な運命を受け入れた少年・少女の死生観には驚嘆するしかありません。
自然と一体化した民が、生贄によっていかなる恩寵を求めたのか、その生き方が今こそ問い直されているのかもしれません。

次に報告するときは、内容に踏み込みたいと思います。



海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
ポトリ・・・ポトリしていますか?
20070118012324.jpg

スポンサーサイト
2007/02/11 16:30|ペルーの旅行TB:0CM:19
 
コメント
心の世界
こんにちは♪

少女の想いに、そして姿に
胸を打たれました。

いけにえという方法は
古来、日本でも多く行われています。

人柱ということで、
城の柱となった者、川の氾濫を抑えるために
祈りの信仰として命を捧げたもの・・

精神世界の存在は
万国共通な部分があるのかもしれません。
1621年というと、日本では家康の時代・・

悲しいまでに真摯でひたむきな少女の言葉に
言葉なくしました
kiki #-|2007/02/11(日) 16:38 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
ドラだよも、心が締め付けられました。

この時代に生きた若者の凄さが感じられました。
生きることが大変だったのだと思います。

でも、こうして生贄になった子どもが救出され、それが考古学にとって大切なのは分かりますが・・・なんだか複雑な気分です。
ドラだよ #-|2007/02/11(日) 17:43 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
生け贄は凄いことですね
そこにその土地に住む住人の崇高なる考え方が存在します。

マッシュルームのサラダ 楽しいレシピです、
ハーブの香りか゛楽しめます。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/02/11(日) 19:01 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
生贄・・・凄いことですね。

崇高な何かが存在したのだと推測します。
かつて、日本でもありましたが、その精神は同じかもしれません。

でも、宗教的に神仏に近ずく「即身仏」とはまた違って、悲しいものがあります。

科学の発展は、こうした人間の生き様をも変えたのですね。
ドラだよ #-|2007/02/11(日) 19:47 [ 編集 ]
 

こんばんは、ドラだよさん(=^・^=)
少女たちの大切な命は、たくさんの人々を救ったのでしょうか。
選ばれた命・・
宿命とはいえ、言葉を失ってしまいます。
沈丁花が咲いていますか?
庭にあったはずの白花の沈丁花を確認したら
無くて・・・( ̄▽ ̄;)
母に訊いたら、日陰だったので枯れてしまったのだって~
また欲しいなぁ(=^v^=)
abi #-|2007/02/11(日) 23:14 [ 編集 ]
 
こんばんは
ミスティ山もアルパト山も・・
何だか淋しい山ですね・・。

ここに一人でいろって言われたら
淋しいです。なので、少女が発見されてよかった・・と思いました。

ぽちっと♪現在2位
あと一息^-^
kiki #-|2007/02/12(月) 00:07 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
少女たちの命が多くの人々の心の「安寧」を生ましめた・・・と確信をしています。

そうでなければ、あまりにも悲しいですから。
沈丁花が枯れてしまったのは、寂しいですね。
季節を告げてくれますから。

abiさんが仰るように「選ばれた命」。
重いです。
でも、多くの命を生かしたのですね。
ドラだよ #-|2007/02/12(月) 08:46 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
二つの山は、寂しいですね。
周りに多くの山を従えていませんから。

孤高の山なのでしょうか・・・。
そこで、命を捧げた少女の崇高な精神に感動します。

いまを生きる・・・難しい事ですね。
ドラだよ #-|2007/02/12(月) 08:48 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
スノーポール一杯花芽を漬けています

暖かくなってきて、急いで花芽を増やしているようです。
牛テールは熱湯をかけるとかなりアクが抜けます。
日本人好みのすましスープの時はアクをこまめに取る必要が有ります。
もちろん洋風のすましスープも同じです、
赤ワインで煮るとアクもソースに溶け込んでうまみが出てきます、
アクも一緒にいただくことになります。
赤ワインの酸味と渋みが肉の持つ独特の香りといやらしさを消し去ります。
アクの中には鉄分、灰分が福乗れており体に良いそうです。

ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/02/12(月) 13:24 [ 編集 ]
 

こんにちは!
お久しぶりです!
飲み会、残業、家族旅行となかなかブログに集中できなくて更新を怠ってました。すみません...
それにしてもインカの氷の少女は驚きですね。
この少女が発見された時のことは覚えてます。
生贄の風習については世界各国でありますね。
生贄にされる少女の気持ちはどんな感じだったのでしょうか?そう思うと胸が締め付けられますね。親もとても辛かったと思います。
Bam #-|2007/02/12(月) 13:32 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
はい、ありがとうございます。
よく分かりました。
あくも、味のポイントになるのですね。

これは「目からうろこ」でした。
新しい学習をしました。
ドラだよ #-|2007/02/12(月) 15:07 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
忙しい事は、とてもいい事ではありませんか。
Bamさんは、子育てもこれからですから頑張って下さい。
こうして記事の上だけですが応援しています。

氷の少女は覚えておられましたか。
どこのくににも歴史的には生贄という考えはあります。
人身御供などとも言いますね。

でも、本人はもとより家族の決意は大変なものがあったと思います。
ドラだよ #-|2007/02/12(月) 15:10 [ 編集 ]
 

神にささげる 最高のものが 少女だったのでしょうね。この 氷の少女は どのように思いながら 生贄となっていったか・・
思うほどに苦しくなってしまいます。
今も 理不尽なしきたりなどが まだまだ残っている地域もありますね。
ドラだよさんには たくさんの事を教えて頂いて有り難く思いますよ。
つぶやき #-|2007/02/12(月) 15:32 [ 編集 ]
 
つぶやきさんへ!
日本もそうですが、確かに理不尽なしきたりが残っています。

でも、人の命までも奪わないのですから、まだ幸せなのでしょうか?
いえいえ、そうではないと思うような事もあります。

人として生きるって、難しいですね。
ドラだよ #-|2007/02/12(月) 16:15 [ 編集 ]
 
こんにちは
この少女の発見は当時大スクープでしたね。
「ふしぎ発見」も見ました。
自己犠牲の精神が崇高で誇り高く、
その純真さゆえに感動した覚えがあります。
生贄という残忍な事実は神の存在を信じたからこその
人間の行動です。
この少女が信じていたことは疑いの余地はありませんが、
やはり悲しすぎます。
若いからこそ信じぬくことができたのではないでしょうか。
生贄の風習がなくなって、本当によかったです。
mikarinda #-|2007/02/14(水) 11:48 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
あの、番組以降も発見されています。
もう、数十体は超えたかもしれません。

若いこと、信じること、殉ずること、そして献身的に捧げること。

若いころ、私たちもそうだったではありませんか!

忘れかけたさまざまな事を、今こそ思い出して勇気を奮って行動したいものです。
ドラだよ #-|2007/02/14(水) 17:33 [ 編集 ]
 
ワイルドヤムと美肌とダイエット
ワイルドヤムはアメリカやアジアに自生する蔓性の植物の一種です http://facsimile.thriftystmartin.com/
#-|2008/12/07(日) 02:58 [ 編集 ]
 
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
#|2012/03/31(土) 19:33 [ 編集 ]
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2013/07/10(水) 00:19 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/228-1ffd4e9b
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。