ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

世界ふしぎ発見・・・墨子でした! 

謎の軍団墨家!
墨家の事跡を追った番組でした。
映画「墨攻」の宣伝を兼ねた番組でしょうが、面白かったですね。
墨子の肖像です。
        817bokusi2.jpg     20070203204536.jpg

映画のタイトルは「墨攻」ですが、墨子の言葉にはありません。
墨子の思想は「墨守」がその根幹をなしています。
かたくなに守る!と言えば良いと思います。自説を譲らない、でも良いです。
「この○○○は、墨守する!」といった使い方をします。
ドラだよは、ダラ幹時代(ダラシの無い幹部時代)に使いました。
中国では、墨子はそれなりに評価されています。
切手になっています。1元が100分です。
philos05s.jpg

墨子の思想は、反戦、平和です。
常に弱者の立場に立って行動した、と言われています。

最初に「秦の始皇帝陵」が放送されました。
グーグル・アースで行ってみましょう。
こんな風に見えます。
西安の街の郊外です。
20070203211441.jpg

緯度・経度はここです。
34°22'57.24"N, 108°36'31.98"E
西安の街にも行きましょう。
20070203211628.jpg

緯度・経度はここです。
34°16'59.13"N, 108°55'20.16"E
旧市街は城壁で囲まれています。
平揺は探せませんでした。

また「兵馬俑」が放送されました。
秦の始皇帝の死後を守っていると言われています。
800px-Xian_guerreros_terracota_general-1.jpg

ここは、まるで体育館のような建物で、中に入ると感動します。
本物は凄いです。
ドラだよは、西安滞在中に二回行きました。
その規模には驚くばかりでした。

さて、墨家ですが、中国の「春秋戦国時代」に孔家と並び立った思想でした。
孔家が攻めるという考えだったのですが、墨家は「兼愛」「非攻」を訴えました。
教えを説く墨子
20070203214611.jpg

この墨家は、秦が中国の「中原」を統一すると、姿を消して行きます。
映画「墨攻」は、その時期をテーマにしていると思います。
反権力という思想は、秦にとって危険だったのです。

紀元前220年、秦が天下を統一します。
この時、百家争鳴と言われた論客たちは消えていきます。
残ったのが、孔子の主張した「儒教」でした。
孔子の故郷・曲阜に行けば、今でも孔子の子孫が大勢います。

そうそう、番組では墨家には「強大な軍団」が存在した・・・としていますが、それは分かりません。墨家は、一人でも弱者を守る為に戦ったとされていますから。
でも、映画は観てみたいですね。

広大な中国の大地・・・それは物語の大地でもあります。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ



スポンサーサイト
2007/02/03 22:10|番外編TB:0CM:11
 
コメント
こんばんは
兵馬俑・・圧倒されますね!
私もTV観てました。

この切手の顔、柔和な方のような気がします。
反戦、平和、今でも願いのまま
今だ叶えられてないことがとても残念です。

教えを説く墨子は絵巻の一部でしょうか?
前にTVで絵巻の見方のようなことを観てから、
とても気になります。

視線や、背景の線で見る方向が決まって
全体がわかるというものでした。

映画、観てみたいです♪
今日もぽちっと♪
kiki #-|2007/02/04(日) 00:03 [ 編集 ]
 

またまたすいません

一位まで、あと、1pでした♪
今日こそ・・^-^
kiki #-|2007/02/04(日) 00:05 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
教えを説く墨子は、絵巻ではなく、墨子の事跡を紹介する本の挿絵です。

兵馬俑は、凄いですよ!
本当の本物は、感動しかありません。
でも、観光客が多くて・・・。
しっかりと見るためには、フリーな旅で無いと無理ですね。
見学する場所自体は狭いのですが、人の頭越しが多くて。

じっくりと観たいです。

いつも応援をありがとうございます。
感謝!感謝!感謝!
ドラだよ #-|2007/02/04(日) 00:12 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
今日は知勇国史ですね
墨攻 映画面白そうですね。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/02/04(日) 10:03 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
墨攻という映画、面白そうです。
是非、観たいです。

きょうは立春です。
暖かい日が続きますが、寒さのぶり返しの時に、体調壊さないようにして下さいね。

レシピを教えていただけなくなりますから。
ドラだよ #-|2007/02/04(日) 10:06 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
ふきのとう春一番の香りですね
ぜひおためしください。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/02/04(日) 10:35 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
ふきのとう・・・美味しいですね。
ドラだよは大好きです。

あのほろ苦さが、春を告げてくれます。
試してみます。

後日ご報告します。
ドラだよ #-|2007/02/04(日) 17:24 [ 編集 ]
 
見逃した・・・
ドラだよさん、お久しぶりです。
世界ふしぎ発見、すっかり見逃していました。
「墨攻」、私も注目の映画です。アンディ・ラウがかっこいいのも理由のひとつですが、映画の宣伝の「この男、10万の敵にたったひとりで・・・」という言葉にとてつもないインパクトがあり・・・。
兵馬俑に2度も行かれてるんですね!一体一体全て異なるという驚きの遺跡。行きたいです~。

ところで、話は変わるのですが、遅ればせながら相互リンクをお願いしてもよろしいですか。私は早速リンクさせていただきます!
また来ますね!
yumitz #-|2007/02/04(日) 20:35 [ 編集 ]
 
yumitzさんへ!
はい、お願いいたします。
とても嬉しいです。

兵馬俑は、素晴らしくエキサティングな場所です。
興奮しますよ。
墨家は、一人でも戦略を立てて多数の敵の侵略に対抗します。
その、実力は素晴らしかったそうです。

一度行かれて下さい。
感動します。
ドラだよ #-|2007/02/04(日) 20:41 [ 編集 ]
 
こちらにも
この番組、見ました。
兵馬俑、母が昔から行きたくてたまらないといっていて、私もずっと興味がありました。
ドラだよさんは二度もいかれたのですね。
羨ましい。
ここに行くまでが大変と聞きますがどうなのでしょうか?

ちなみに孔子は当然知っていましたが、墨子はまるで存じませんでした・・・。
知られなかった理由もやっていましたね。
歴史は面白いです。
映画はアンディラウ見たさもあり(笑)、次の鑑賞候補に挙がっています。
mikarinda #-|2007/02/05(月) 15:56 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
兵馬俑は、一見の価値あり!です。
感動します。
異次元に迷い込んだ、という印象もあります。

お母様が、憧れた遺跡なんですね。
ここに行くのは、そんなに大変ではありませんよ。
以前だったら、国内便が不安定でしたから、そういった印象があるのでしょうね。
でも、今は大丈夫です。
快適な旅行が出来ると思います。
北京からだと、飛行機で西安へ!
旅程は、西安に1泊して兵馬俑はゆっくりです。

墨子の始祖は「墨擢(ぼくてき)」です。
時の権力者から排除されてしまった思想です。
非攻がその精神ですから。
国家運営としては、邪魔な思想だったのでしょう。
アンディラウさんのファンは多いですね。
特に女性の方たちは好きなようです。

でも、それで、面白い歴史が分かるのですから・・。
楽しいことですね。

原作も面白いです。
最近は文庫にもなっています。
ドラだよ #-|2007/02/06(火) 00:01 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/221-e1a1e815
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。