ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ペルーのオーパーツ! 

オ-パーツ・・・!
オーパーツ (OOPARTS) とは、「場違いな工芸品」という意味です。
それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指し、英語の 「Out Of Place Artifacts」 の頭文字をとったもの。
日本語では「時代錯誤遺物」と意訳されます。

ペルーにも、有名なオーパーツがあります。

手術跡の残る頭蓋骨と、カブレラストーン、です。
その年代には「ありえない!」というものです。

2千年前の頭蓋骨に「手術跡」が残っているのです。
zugaikotu.png

ペルーでは、こうした頭蓋骨が100個程度発掘されています。
これが手術跡だという判定は、穴のふちに骨が再生されていることから、穴が開けられた後も生きていたと認められるからなのです。
当時「争い」の際の武器は「棍棒」あるいは「先に石を結わえ付けた棒」だったことから、頭蓋骨に衝撃を与えられ穴が開いたとされ、そのままだと死に至りますから、穴を開けて血を抜いたのではと言われています。
乾燥地帯ですから、雑菌も少なかったのだと推察できます。
また、「コカイン」が麻酔代わりになったのでしょう。
でも、痛かったでしょうね。

驚きです。
2千年前の頭蓋骨です。

カブレラストーンは、捏造したものではないか!と言われています。
カブレラストーンの博物館は、現在でもあります。
kabure2-1.jpg

石に、生活の様子や恐竜などが描かれています。
この石は、イカの町の周辺で発掘されたものです。
もう何回も行っていますけれど、グーグル・アースの緯度・経度です。
イカの町です。コピー&ペーストでお使い下さい。
14° 3'4.59"S,75°44'37.16"W
こんな風に見えます。
20070130113715.jpg

解像度は高いです。
左下にはオアシスも見えます。
イカの町の近くには、以前に紹介した地上絵「大燭台」のある半島もあります。
地図です。イカの周辺がすぐに見えますよ。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%BC&z=11&ll=-13.84008,-75.896988&spn=0.298686,0.8638&t=h&om=1
これは1961年に南米ペルーアンデス地方のイカという村で大量に発見されました。
この石には驚くべきことに、約6500万年前に絶滅したはずの恐竜たちの絵が描かれています。
また人間が恐竜に乗っている絵や餌付けしている絵、さらには人間が武器を持って恐竜と戦っている絵もあります。
人間と恐竜が共存していた事を示している、とも言えます。
4246381161.jpg

捏造だといわれていますが、イカの人たちは、恐竜など見たことも無ければ、聞いたことも無かったはずですから・・・本物だといわれています。
でも、確かに蒐集した一部は、イカの人たちが生活のためにレプリカとして作っていたのも、事実でしょう。
テレビの取材で、本人が告白していますから。
真実は一つです。
分析では、1万年以上前のものという結果になっています。

さあ、あなたはこのカブレラストーンを本物と思いますか?
ペルーに栄えた文明の不思議です。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
ポトリしていますか?
20070118012324.jpg

スポンサーサイト
2007/01/30 15:32|ペルーの旅行TB:0CM:14
 
コメント
こんばんは
オーパーツも、Out Of Place Artifactsも、
時代錯誤遺物も聞いたことがありませんでした。
なるほど、そういえばそうですが、
もう少し違う言い方をしたほうがいいような気もしますね。
手術跡の残る頭蓋骨!
文明が高かった証拠、でしょうか。
いずれにしても考えられないくらい前のことですよね。
カブレラストーンは・・・
本物がひとつ、どこかにあったのでは?
誰かがまねをしているうちに、
本物がなくなってしまった、とか。(笑)
ペルーには不思議がつきものなので、
本当のようなうそのような・・・
でも本当であって欲しい気がします。
ランキング、もう少しですね!
応援しています。
mikarinda #-|2007/01/30(火) 21:57 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
オーパーツ・・・。
とても面白いですよ。
調べれば調べるほど億が深く、不思議です。

エジプト、南米に多いのですが、日本にもあります。
聖徳太子の地球儀。もその一つですし、遮光土器もそうでしょうね。
その時代に、あるはずが無いもの・・・。
でも、ある・・・。

カブレラストーンは本物だと思います。
レプリカが存在して、本物をも、偽物にしてしまったと言うのが真実だと思います。

ドラだよ #-|2007/01/30(火) 23:14 [ 編集 ]
 

こんばんは!
ペルーの頭蓋骨の手術の話は聞いたことがあります!
文明がすごく進化していたんでしょうね。
でも良く手術した後に生活できましたね。驚きです!
恐竜と人との共存も不思議ですよね。
それを今の歴史に残すのもすごいと思います。
Bam #-|2007/01/31(水) 01:00 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
手術は痛かったと思いますが・・・。
文明が進んでいたのは、想像に難くありません。

ケアの素晴らしさも賞賛ですね。

恐竜がその時代に生きていたとしたら、地球の歴史が変わります。
捏造で片付けず、真剣に研究する姿勢が必要だと思います。
ドラだよ #-|2007/01/31(水) 07:57 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
ペルーの歴史からすると本物であると信じます。
凄い文明ですね。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/31(水) 11:00 [ 編集 ]
 
考えるだけで眩暈が・・・
頭蓋骨の手術跡なんて、消毒液もメスもなかった時代にどうやって・・・と想像するだけで頭がクラクラしてきます。風邪で熱があるせいかもしれないけど。
暇人ひー #-|2007/01/31(水) 12:25 [ 編集 ]
 
こんにちは♪
遅い登場で、すいません(汗)

頭蓋骨の手術、、
今は推定で裏づけしていくほかないですが、
針で麻酔を考えた人もいたようので、
想ってるよりも素晴らしい智恵だったかもしれませんね。

でも、やっぱり怖いです・・

恐竜と人間の共存は私が習った社会的には
時代が違う気がしますが、これから先も新発見で
歴史は変わっていくのでしょうね。

今日もぽちっと♪
kiki #-|2007/01/31(水) 13:49 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
ryuji_s1さん、ドラだよも本物と思っています。
一部はm確かに捏造なんですが、数千点もあるのです。
イカの町の方たちがいくら暇でも、そんなに作るとは思えませんし、それに、必ず「お手本」があったと思います。
そのお手本こそ、本物と信じます。

すごい文明です。
ドラだよ #-|2007/01/31(水) 14:42 [ 編集 ]
 
暇人ひーさんへ!
風邪ですか?
お大事にして下さいね。
風邪は万病の元・・・といいますから。

この頭蓋骨手術の様子も実は、絵として残されています。
何人もが患者を押さえつけている図です。
かなり痛かったと思いますね。
しかも、メスのような鋭利な刃物はなかったはずですから。トゥミのようなもので切り開いたはずです。

コカインがあったって、痛いですよね!
ドラだよ #-|2007/01/31(水) 14:46 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
新しい発見を大いに期待しつつ、ペルーにこだわっています。

それに、日系社会に思いもありますから。

恐竜との共生とは信じられないですね。
少なくても、このカブレラストーンが作られたと判断できる時代には、恐竜は死滅していたはずなんです。

それなのに、描いている。
すると、このストーンの絵は「もっと古いのか?」と思ってしまいます。

不思議だらけのペルー・オーパーツです。
ドラだよ #-|2007/01/31(水) 14:50 [ 編集 ]
 

ドラだよさんペンネはコクの有るソースに良く合います。
ぜひお試しください。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/31(水) 15:47 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
はい、ありがとうございます。
試します。

でも、時々ペンネ自体は料理に使っています。
とても美味しいと思います。

コクのあるソースに合うんですね。
分かりました。
ドラだよ #-|2007/01/31(水) 17:23 [ 編集 ]
 
勉強になります。
今日のはまた特に勉強になりました。
オーパーツなんて言葉も初めて知りました。

でもやっぱり印象に残っていたのは手術。
たくさんの人に押さえつけられてということですからいくらコカインがあっても痛かったでしょうね。読んでぞーっとしました。その頃の人は手術をする知恵も度胸もそれを受ける勇気もあったんですね。
カエル #GeJVIQt.|2007/02/02(金) 11:52 [ 編集 ]
 
カエルさんへ!
オーパーツ、中南米には多いのです。
あと、エジプトなどです。

水晶で作られたドクロなどもありますよ。
あってはならないもの・・・です。
金のジェット機も確か中米の何処かだったはずです。

ブラジルにもあるのではないでしょうか?
ドラだよ #-|2007/02/02(金) 14:34 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/216-4439d6b7
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。