ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ペルーの巨大花「プヤ・ライモンディ」の真実 

100年に一度だけ咲くという「プヤ・ライモンディ」という巨大花。
昨夜のNHK「ダーウィンが来た!」で放映されました。

楽しい番組でした。

アンデスの奥深さが伝わってきました。
アンデスでは、時間がゆっくりと流れているんですね。
この花が咲くまで「プヤ・ライモンディ」は100年もかけて、その根っこに澱粉を100㌔近く貯めこむんだそうです。
そして、一気に伸びて開花する。
20070129095730.jpg

1万個の花を付ける、のだそうです。
花の大きさは、一つ3センチメートル。
凄い生命力であり、澱粉を糖分に変えて成長する。だから、大量の蜜が蓄えられています。

アンデスハチドリが来て、その蜜を吸い、受粉させるのです。
ハチドリ、可愛かったですね!
その営みによって、脈々と命が受け継がれてきました。

咲いている場所は、ワスカラン国立公園(世界自然遺産)の標高4300メートル、傾斜30度。
酸素は平地の60%くらいです。
高さ、100メートル。花の下だけで4メートル。
100年もかけて、開花の準備をして・・・1ヶ月で一気に伸び、そして1ヶ月で枯れてしまう。
神秘ですね。

しかも、この花の茎の部分にある葉や皮はアンデスの民の生活にとって必要不可欠な物資ともなっていることがレポートされました。
屋根を葺き、壁になっているんです。

この花の名前の由来です。
プヤ・・・槍の穂先という意味です。
アントニオ・ライモンディ・・・イタリヤの植物学者がこの花を最初に研究しました。
この二つが合体した名前だったんですね。

この高さはハチドリに受粉してもらうため、見つけやすいように上に伸びていったのだそうです。
ちなみに、ハチドリを国鳥としているのは「ジャマイカ」「トリニダード・トバゴ」の二ヶ国です。

ペルーアンデスの不思議を発見した番組でした。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

最近撮影した、春近し!の写真です。
紅梅白梅です。
20070129101933.jpg    20070129101958.jpg

牡丹の花です。
20070129102038.jpg    20070129102018.jpg

今日の記事は、色が無かったので・・・お見せしました。
季節を感じて頂ければ嬉しいです。

ドラだよ
スポンサーサイト
2007/01/29 09:05|ペルーの旅行TB:0CM:9
 
コメント

ドラだよさん
お身体大丈夫ですか
風邪をお引きになられたのでしょうか
お大事にされてください。
プヤ・ライモンディ凄い大きな花ですね。

テレビで見ていました。

カリフラワーのスパゲッテイ、アンチョビ風味にコメント感謝します、
1週間に一度はスパゲッティですか、
ぜひお試しください。

ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/29(月) 13:41 [ 編集 ]
 
ryuji_s1 さんへ!
本当にスゴイ花でしたね。
ビックリしました。
しかも、咲いている時間が少ないです。
なんだか、儚さを感じました。

体調はいまいちですが、大丈夫ですよ。
ryuji_s1 さんの、精力的なレシピのアップに刺激されていますから・・・。
感謝です。

パスタは、やはりアルデンテですね・・・な~んて、知ったかぶりをしてしまいました。
ドラだよ #-|2007/01/29(月) 14:38 [ 編集 ]
 
凄い花ですね
ドラだよさん、こんにちは。
いろいろあってすっかりご無沙汰してすみません。
でも、このテレビはばっちり、楽しみにしてみました。
凄い花ですね。
一見、花なんて咲きそうにないように見えますが、
100年に一度の開花のためにあんな荒野でじっと
でんぷんを貯めているなんて・・・!
ハチドリが本当に可愛くて、あんなに小さいのに重要な役割を担っていて、とても健気に見えました。
花といい鳥といい、自然はなんとバランスよく、うまくできているのでしょうか。
アンデスは本当に不思議の宝庫です!
益々魅力的なところになってきました。
これからもこちらにお勉強に参りますのでよろしくお願いします。
mikarinda #-|2007/01/29(月) 18:50 [ 編集 ]
 
mikarinda さんへ!
少しもご無沙汰ではありませんよ。
時間があったらおいでいただければ良いんですから、気にしないで下さいね。

アンデスの不思議を見ましたね、本当に!

自然のバランスは、素晴らしい装置によって成り立っているのですね。
バランスの妙です。

生態系のバランスもそうですね。
美しく不思議な地球です。
ドラだよ #-|2007/01/29(月) 19:02 [ 編集 ]
 
こんばんは
実は。。。先ほど電気屋サンの
pcからお邪魔してぽちっとしました(笑)
店員さんが様子を伺ってたので
コメントまでは残せませんでした^-^

この番組、しっかりビデオに撮ってます。
じっくりキーワードをメモしながら
見たいと思ってます。

植物の生命の神秘、
力強さを感じますね。

梅に季節・・
美しい花に春への想い、ふかまりました
kiki #-|2007/01/29(月) 19:15 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
ブログ・サーバーは大丈夫ですか?
ダーウィンが来た!この番組は、じっくり見る価値があると思います。

多くのキーワードが出てきました。
自然の摂理と人との共生を感じさせる番組になっています。

もうすぐ・・・春ですよ!
kikiさん!
ドラだよ #-|2007/01/29(月) 20:58 [ 編集 ]
 
プヤライモンディ
こんにちは。ダーウィンが来た!見て戴いたのですね。本当に不思議な植物ですね。ドラだよさんにこんな風に素敵に紹介して頂くとまた見たくなりますね。私は研究の為に切り倒された太い幹の断面を見て「あれ食べれるのかな?おいしそう」とつい漏らしてしまいました。さとうきびみたいだったんですもの。そこへM先生がTVで「甘いよ」と仰ったので感想が一緒でほっとしました。あんなに大きな木(?)なのにお花は白いクロッカスみたいで可愛らしかったですね。見てみたいけど標高5000Mは無理です私。
majyoaki #-|2007/02/01(木) 10:13 [ 編集 ]
 
majyoaki さんへ!
こんにちは。
不思議な植物ですね。
あの幹は、サトウキビと同じで甘いと思います。砂糖が採取できますよね。

アンデスの厳しい環境の中で生きる知恵なのでしょうか。

標高5000メートルはきついですね。
コメントありがとうございました。
ドラだよ #-|2007/02/01(木) 10:28 [ 編集 ]
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/02/02(金) 10:53 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/214-dc96eed4
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。