ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ペルー創世紀~ピラコチャとの別れ 

1月20日はこんな日。
○学校給食開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1945年
○第35代米大統領にケネディー就任・・・・・1961年
○米、モスクワ五輪ボイコット表明・・・・・・・1980年
話のネタにどうぞ!


今日は、埼玉県の素敵な場所「菖蒲町」に行きました。
冷たい風が吹いていましたが、空が大きく、田園と用水の流れる町です。
20070119185842.jpg

桜の木が、用水沿いに居並んだ様子は、春の素晴らしさを無言のうちに伝えています。
用水沿いです。この水は、東京都民に供給されています。
20070119185933.jpg

菖蒲が咲き誇るであろう、一帯には溜池がありました。
きっと、杜若(かきつばた)も鮮やかに咲き誇るのでしょう。
20070119185906.jpg

野鳥が飛び交い、スズメが群れをなして枯れ枝に停まっていて、それが自然な風情をかもしだしています。
春には、もう一度訪れたい町です。


さて、前回はピラコチャとマンコ・カパクについてお話しました。
そして、ピラコチャの名前「海の泡」と発想が同じギリシャ神話のヴィーナス・アフロディーテについて紹介しました。
20070119230555.jpg

ギリシャ様式の彫刻は美しいですね。

今日は、いよいよピラコチャがアンデスの民(インディオ)と別れるシーンです。
前回は、ピラコチャが大洪水を起こして人類を滅ぼした、と紹介しました。
もう1説です。

ピラコチャと二人の弟子は北に旅をした。
ピラコチャは山道を旅し、
弟子の一人は海岸沿いを歩き、
もう一人は東の森林側を歩いた。


完全に、ペルーの気候をわきまえた旅ですね。
ペルー全土に、あまねく文化を伝えようとしたのです。
そういう、伝承です。

ピラコチャは、山で人間社会が栄えるように仕組んだ。ピラコチャはクスコを訪れ、
やがて北のエクアドルに向かった。
海岸の町、マンタで、彼は人々を置き去りにして、
波の上を歩き、大洋のかなたに消えた。


となっています。
このシーンでは一人ですが、多くの弟子を引き連れて海の上をまるで陸を歩くように去った・・・との記述もあります。
水の上をらくらくと歩いていく姿、まるで、キリストですね。

こういった、創造神に関する神話は、世界中、ほぼ同じだと言っても過言ではありません。
一体どのようにして、この話が地球上の人類に伝わったのでしょうか?

インカの伝承は、全て口移しで言い伝えられて来ました。
ピラコチャから教えてもらった文章術は、忘れてしまったインカの民ですから。
ただ一つの記録方法は、紐の結びで伝える方法でした。
20070119232711.jpg

右側の人物が手にしているのがそれです。
「キープ」とよばれています。
リマの「天野博物館」に、その色鮮やかな実物が展示されています。

時空を超えて、その時代に行ってみたいですね!



海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

ハチドリと一緒に・・・ポトリ・ポトリしましょう!
20070118012324.jpg

スポンサーサイト
2007/01/19 21:00|ペルーの旅行TB:0CM:4
 
コメント
こんばんは
口伝の話、識字率の低かった日本のアイヌでも
伝承されてきた物語は今より、昔の方が鮮明だったのかもしれない、
と思うことがあります。

ヒモを結んでの方法は
前に教えていただいたTVでやっていましたよね?
技術はなくとも、智恵のある古代

ポトリの運動、記事にしたいこと山ほどあります。
小さなことですが、買い物はマイバック持参や
エアコン設定、積み重ねが大きくなると信じてます。
ピラコチャの弟子二人の話、こういう伝承のものを
大事にしていきたいです。
今日もぽちっと♪
kiki #-|2007/01/20(土) 00:07 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
こんばんわ。
日本のアイヌもそうでしたね。
ドラだよの時代は「コタンの口笛」なんて映画もありましたよ。

kikiさんの仰るとおりですね。
技術は無くとも、知恵のある古代・・・です。

伝承は、事実が隠されていると信じています。
大切にしていきたいです。
今夜もありがとうございます。
ドラだよ #-|2007/01/20(土) 00:24 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
インカの物語は聖書の様ですね
パンのおかゆ 面白いでしょう
トマトソースが命です、
ぜひお試し下さい。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/20(土) 09:02 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
本当に、旧約聖書に似ています。
不思議です。

どう繋がっているのでしょうか?
しかも、世界中の「大洪水伝説」で世界の起源が語られます。

パン粥、面白そうです。
トマト・ソースが命なんですね!

今日は午後から雨のようです。
ryuji_s1さんのお住まいはいかがですか?
ご自愛下さい。
ドラだよ #-|2007/01/20(土) 09:13 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/202-363089bd
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。