ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

60年前の愛の表現~両親の事など 

ごめんなさい。今日は私事です。
私事ですから、無視して下さいね。家族の記録として残しておきたいだけですから。

近頃両親の事が思い出されてなりません。
これも年のせいでしょうか。
写真の整理をしていますが、に送った手書きの詩集が出てきました。結婚前のものです。29編の詩があります。
その詩集の冒頭にある1編です。
きっと、22~3歳ごろの詩です。
20070112124259.jpg

は、ドラだよが中学生時代から闘病生活でした。妹は小学生でした。病院生活を送っていました。
薬石効なくドラだよが19歳の時に逝去しました。
陽だまりの縁側で、に甘えた日々が思い起こされます。

が逝去して、が小冊子を刊行します。
その最後の文章にはこう書いてあります。
20070112130307.jpg

は偉大であり、そしてインカ帝国が太陽を崇拝したように・・・女性は太陽だと思います。
命を生み育てる力。それは女性の限りない力です。

ドラだよも、のように妻を愛していきたいと思います。


ドラだよ
スポンサーサイト
2007/01/16 08:25|日記風に・・・TB:0CM:10
 
コメント
この親にしてこの子あり
フェミニストでロマンティスト、博愛主主義者・・・ドラだよさん、自分が年と供にお父様に近づいてるっ思いませんか?お父様は素晴らしい方でしたね。
ランキングは外してしまったのですか?

暇人ひー #-|2007/01/16(火) 09:30 [ 編集 ]
 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/01/16(火) 09:39 [ 編集 ]
 

素晴らしいお父様とお母様ですね
心にしみいります。
コスモスがとても印象的です。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/16(火) 14:49 [ 編集 ]
 

お父様の文章に目頭が熱くなるのを抑えられませんでした。
お母様も大変な闘病生活だったのですね。
大好きなお花に囲まれたお母様はきっとやすらいでいたに違いありません。
深い愛情が残された記録です。
どうか大切になさってくださいね。
父も母もかけがえのないもの、そして子も、もちろん妻も。
家族はお互いを慈しみ、出来る限り一緒にいたい存在です。
mikarinda #-|2007/01/16(火) 15:53 [ 編集 ]
 
こんばんは(=^・^=)
ドラだよさん、最近コメント残さずごめんなさい☆
でも、いつもキチンと読んで、応援もしていますからネ♪
毎回、重みのある記事がとても楽しみです。
今日はご両親のお話、本当にステキなお話です。
こうして今、私達が素晴らしい愛情を教えて頂いたことにも
心から感謝しますね!
出会いは別れの始まりだなんて言うけれど、ずっと一緒ですね!
素晴らしくお優しいご両親がきっと、ドラだよさんのブログをご覧になられて、
微笑みかけていらっしゃることと思います。
ドラだよさんの奥様もお幸せですネ(=^v^=)♪
abi #-|2007/01/16(火) 17:38 [ 編集 ]
 
千の風になって・・
私もケルトの人たちの想い、
風になって・・という気持ちでいます。


珍しくないことでしょうが
私も身内を闘病の末亡くしました

その亡失感は言葉ではいえませんでした
あんなに辛い治療を受けていたのに・・と。

お父様の想い、
ドラだよさんの想い、
そして記事にUPしドラだよさんにも
見ていただけた千の風になってのこと・・

悲しみは悲しみのままでなく
尊い知覚になっていくと想います。
kiki #-|2007/01/16(火) 21:18 [ 編集 ]
 
涙腺がゆるみます
千の風になって という歌を最近になって知りました。
私は身内をなくした経験がありませんが
この詩を聞くと 涙がこぼれるんですよ。
そして ドラだよさんのブログで また涙しました。


つぶやき #-|2007/01/16(火) 22:10 [ 編集 ]
 
こんばんは♪
7年半というとドラだよさんは
12歳・・

闘病を送った身内を見てきましたが、
本人は無論のこと
周りの人間の大変さも知っているつもりです。

命の尊さ、生きている不思議、
大切なもの・・感じた記事でした。

今日もぽちっと♪
kiki #-|2007/01/17(水) 00:03 [ 編集 ]
 

思わず目に熱いものを感じてしまいました。
本当に奥さんのことを愛してたんでしょうね。
僕と言えば日ごろの生活に追われ、仕事に追われ嫁にありがたみを感じることが最近薄くなってしまってます。
ドラだよさんのお父様の詩を見て、このままの生活で本当によいのだろうかと深く考えさせられました。
Bam #-|2007/01/17(水) 00:31 [ 編集 ]
 
恥ずかしい・・ので・・・
みなさん、コメントをありがとうございました。
とても嬉しいです。

供養になった、と感じています。

なかなか父は超えられません。
でも、父が持ち続けた情熱だけはドラだよも失わずに生きて行きたいと思っています。

これからもよろしくドラだよを導いて下さいね。
こころの底からお願いいたします。

阪神・淡路大震災12年目の日に!
ドラだよ #-|2007/01/17(水) 10:19 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/194-750bae17
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。