ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

父の行ったペルー~マチュピチュ編 

今日は、父の行ったペルーの中の「マチュピチュ」です。
このシリーズは「父の行ったペルー」として纏めたいと思います。

1987年10月27日の日付です。今から20年前ですね。
父も心ときめいていたのでしょう。踊るような字で、写真の説明が書いてあります。

クスコから、マチュピチュまでの列車からの一枚。
20070109165717.jpg

列車の窓から写したようです。「マチュピチュへ向かうジーゼル列車の窓から」と記されています。
20年前も今も、服装はそう変わっていません。
まるで、20年前で時が止まったように思えます。
次いで、ウルバンバ川を見下ろす場所から、九十九折の道「ハイラム・ビンガムロード」も入れて撮っています。
20070109170241.jpg

この写真を見ると、父たちの人数以外、他の観光客の姿がありません。
きっと、まだ観光客が少なかったのでしょうね。
20070109170603.jpg

20070109170642.jpg

いま、私たちが見るマチュピチュよりも「未整理」という印象です。
もっと言えば「そのまま」と言う感じですね。
この写真には、マチュピチュの段々畑と、書き込みがあります。
20070109170833.jpg

リャマと!と書いてあります。
20070109171052.jpg

きっと、日差しを除けるために麦藁帽子を被って行ったんですね。
座り込んで撮っています。
どの写真を見ても、観光客はほんの数人が写っているにすぎません。

マチュピチュは石の文化」と書いてあります。
そして、石組が崩れたままになってもいます。
素朴な感じがするマチュピチュです。
マチュピチュの古い写真は、まだ続きます。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト
2007/01/09 17:26|ペルーの旅行TB:0CM:14
 
コメント

20年前の映像ですね貴重なモノです。
PCで写真を奇麗に出来ます。
昔の写真がとてもステキに変身出来ます、
Microsoft Picture It! 9
Microsoft digital Image Proを使うと簡単にできます。
ゴルゴンゾーラ BASSIぜひお試し下さい。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/09(火) 17:53 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
ありがとうございます。
明日、早速このソフトを買い求めます。

スキャナもあるんですが・・・・今は使っていません。
デジカメで撮ってしまいます。
でも、それでは駄目ですね。
折角の写真ですから、教えていただいたソフト使ってみます。
ゴルゴンゾーラ BASSIは、必ず試してみますね。
ドラだよ #-|2007/01/09(火) 18:02 [ 編集 ]
 

スキャナが有るのでしたら完璧です。

ぜひ試して下さい、貴重な資料ですので
大事にしたいです。
ryuji_s1 #.FTrCIao|2007/01/09(火) 19:46 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
早速、写真保存をしっかりとしたいと思います。
ありがとうございました。

20年前のペルーですから・・・。
大切に保存したいと思っています。
ドラだよ #-|2007/01/09(火) 21:45 [ 編集 ]
 
こんばんは
お父様とリャマのツーショット、
リャマもカメラ目線でいい表情ですね♪

二枚目の写真、
まるで時間のない国みたいです。

今までもこれからも
時の流れを拒んだようなそのままの
石の街

やはり、20年経つと
それでも景色も雰囲気も変わってくるのですね
なんだか胸を打たれました
kiki #-|2007/01/09(火) 23:26 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
20年前と、現在を比べるとその「静謐」が違うのではないかと思います。
kikiさんの仰るように、時の止まった空間が広がっています。

この時に行きたかった・・・と思います。
父は、人間もそうですが、生きとし生けるものを愛していたと今思います。

やはり父は超えられませんね。
ドラだよ #-|2007/01/09(火) 23:54 [ 編集 ]
 
十日戎
今年も10日、経過しましたね。
後へ後へ時が流れてゆきます。
今日は十日戎ですね。

時間のない国にぽーんときてしまったような
そんな感覚になる写真です。

雲の広がりも素敵ですね。
私がダネのミニブック作ったもの、
プリンターとPCでできますが、
このお父様の写真達、一冊にしてみてはいかがでしょう?

写真は写真で、もちろんおいておいて、
ドラだよさんの撮ったペルーとお父様のペルー
年月も違いますが、素敵なミニブックになると
思います♪

ぽちっと♪
うー・・強敵っ!!でも、応援さらに頑張りますよ~
kiki #-|2007/01/10(水) 00:06 [ 編集 ]
 

こんばんは!
この間、新年の番組でマチュピチュが映ってましたが、発見当時のマチュピチュは蔦で覆われていたようですね。見せていただいたお父様の写真は現在と発見当初の中間くらいでしょうか...
20年も前を考えると今のように気軽に海外へ旅行に行くことも難しかったのでしょうね。
Bam #-|2007/01/10(水) 00:29 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
そうですね。
1冊の写真集になれば楽しいですね。

ミニブックは作った事あるんですよ。
ペルーの写真集ですが。

時間のない国にぽーんときてしまったような
そんな感覚になる写真です。
という表現に感動しました。
素晴らしい表現ですね。

敬服!!!
ドラだよ #-|2007/01/10(水) 00:30 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
そうですね。
当時は、飛行機代だけでも100万円を越えたと思います。

石組みも、崩れかけていたりします。
未整備の状況も写されています。
次に紹介します。

ドラだよ #byJSgVL6|2007/01/10(水) 08:06 [ 編集 ]
 
リャマ
お父様とリャマ、いいですね。
本当に20年前の写真は貴重で、いろいろなことを私たちに訴えかけてくる気がします。
未整理とはいえ、元のままのマチュピチュ。
マチュピチュの原型ですね。
観光として大切な収入源にもなっているのでしょうけれど、現在の姿が20年後もちゃんととどまっていられるのか、考えさせられます。
残すこと、伝えること、維持していくこと。
どれも大切なことですよね。
mikarinda #-|2007/01/10(水) 15:59 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
丁寧に読んでいただいて、ありがとうございます。

残すこと!伝えること!維持していくこと!
どれも大切ですし、どれも困難です。

でも、ハチドリのひとしずくの精神を持って努力してみること!それが大切だと思い知らされます。
ドラだよ #-|2007/01/10(水) 17:09 [ 編集 ]
 
こんにちは(=^・^=)
20年前のマチュピチュに出会うことが出来て
とっても嬉しく思います☆
全てが素晴らしく、感動いたしました!
マチュピチュを目の当たりにした時、母は感涙して、私に
「連れてきてくれてありがとう」と何度も言いました。
マチュピチュをバックに母の泣きべその写真、撮りました(笑
私はこうして、20年前のマチュピチュを拝見した瞬間、
同じような感動を覚えました。
特に3枚目は、そこに佇む姿に神秘が感じられて大好きです。
今よりも一層神秘的ですね~
そして、お父様とリャマのお写真は最高ですね♪
心温まる、本当に貴重なお写真を拝見させていただいて
ありがとうございました。
お父様にも、心からお礼を申し上げます(=^v^=)
abi #-|2007/01/12(金) 14:47 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
こんにちは。
お母様は感激された事でしょうね。
とても素晴らしい思い出ですね。良い事をされましたね。今でも、お二人でそのときの事をお話になられていることでしょう。
親子で同じ感激を味わうのは、凄い喜びですね。

写真を見ると、観光客があまりいません。
きっと、静かで穏やかで、そして時間の流れを感じたと思います。
その時、時空を超えてインカ時代に行ったかもしれません。

冬眠からは醒めましたか?
リンクの言葉を変えなければいけませんね!
ドラだよ #-|2007/01/12(金) 17:13 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/189-c024ae63
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。