ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

パラカスの地上絵 

ペルーのリマから、ナスカ方向に車で行くと、丁度中間に「イカ」という町があります。
その手前に「パラカス」という町があります。リマとイカの中間に位置します。
ここも、地上絵で有名な場所です。
parakasuto2.jpg

燭台のような形ですから「カンデラ・プラ」と呼ばれています。
場所は、地図で見るとこの場所です。
この地上絵は、半島の入り江に書いてあります。
20061225180731.jpg

でも、残念ながらグーグル・アースでは解像度が低くて良く見えません。
パラカスの町に行って見て下さい。
ここも、遺跡で有名な町です。
町のすぐそばに遺跡があります。乾燥した砂漠が待ちに迫っています。良く見ると、砂漠の中に遺跡が埋もれているのが分かります。
緯度・経度はここです。コピー&ペーストでお使い下さい。

13°50'37.24"S, 76°14'53.89"W

この地上絵の姿が西洋のローソク立てに似ていることから「カンデラブラ」(燭台)と呼ばれていますが、「生命の樹」とも呼ばれます。
全長183M、幅70M、線の深さ1-1.2M、線の幅4Mの巨大な地上絵は、ナスカの地上絵に劣らぬほど壮大です。
絵は天気が良ければ、20キロメートル先からも見えると言われ、スペインの統治時代に漁に出た船の目印として描かれたとか、プレ・インカ時代のものとか様々な説があるのですが、確かなことは分かっていません。
ただ、ナスカと同様、先史文明の遺産である可能性が強いようだと言われています。
ここにも、ナスカ時代以前から文明が存在していたとされています。
こんな服装をしていたようです。とてもシンプルですね。
03.jpg

どこを掘っても遺跡の国。
ペルーの不思議です。

そうそう、この町のすぐ隣があの葡萄で作ったお酒「ピスコ」で有名な町です。このピスコ・サワーですよ!
20061225184704.jpg

20061209003158.jpg

とても飲み口の良いお酒です。
でも、結構強いですから・・・あまり飲みすぎると腰を取られるかも?
グーグル・アースでパラカスに行ったら、少し引いてみて下さい。ピスコの町が出てきますよ。そして航空写真の中に、マークがいくつも出てきます。それをクリックすると、観光地の写真が出てきます。
この場所の写真は、観光に行った方の記念写真ですが風景も一杯ありますよ。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ


スポンサーサイト
2006/12/25 18:31|ペルーの旅行TB:0CM:10
 
コメント
こんばんは♪
日付変わりました!
やった、返り咲き^-^
さすがです!!

砂漠のような乾燥した土地の遺跡は
莫コウ窟もそうですが
はらはらと風による風化も心配ですね。

美しいままでなくとも、
原型を守りたいと思います。

ピスコサワーは一度飲んでみたいです♪
kiki #-|2006/12/26(火) 00:04 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
風による風化は本当に心配ですが・・・。
ここの地上絵は塩分で固められているんだって。
不思議と風化していないそうですよ。

でも、人の手が(足)一番の天敵みたいです。
自然は、誰でもない人が破壊してしまいますから。
kikiさんや、みなさんのおかげです。
これからも、多くに方に喜んでもらえるような記事を心がけます。
ですから・・・ずっとよろしく。です。

ピスコ・サワーは飲んで頂きたいですね。
ドラだよが写真の師匠としているBamさんとは、上京したら会ってペルー料理を食べようということにしています。
kikiさんが東京においでになる時にでも、連絡いただければピスコ・サワーご馳走しますよ!
ドラだよ #-|2006/12/26(火) 00:49 [ 編集 ]
 

ドラだよさん、返り咲きおめでとう!
ピスコサワーって強いんですか?このドリンクは何で割ってあるのでしょう?
暇人ひー #-|2006/12/26(火) 02:14 [ 編集 ]
 
暇人
おはようございます。
暇人ひーさんもマレーシア情報でランクトップですね。

こうして返り咲いたのも、みなさんのお陰です。
心に留めていただいてありがとうございます。

ピスコサワーですが、簡単なレシピ整理しました。ピスコでなくても、蒸留酒をしようされても良いかと思います。
マレーシアのレモン・・・日本で言う「すだち」サイズの青い柑橘系果実を使って下さいね。
ピスコ・・・・・・・・・・・・・・・・・・55g
レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・15g
シロップ・・・・・・・・・・・・・・・15g
氷・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4つ
卵の白身・・・・・・・・・・・・・・・・1/8個分
(作り方)
① 全ての材料をミキサーで2分かけます。
② 最後に卵の白身を加えさらに1分間かけます。
※ シェーカーで作る場合は、氷がなくなるまでシェイクします。
※ アンゴスチェラ・ビターズ(スピリッツ)を完成後、数滴たらしてもよいです。
注:1.これはカクテル用グラスに2杯分です。
  2.シロップがなければ、砂糖とソーダ水を混ぜたものを使ってもよいです。
以上です。
ドラだよ #-|2006/12/26(火) 09:23 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
ペルーは地上絵の宝庫ですね
凄い文明が存在したのですね。
凄いです、
ryuji_s1 #-|2006/12/26(火) 10:02 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
ペルーは、本当に凄いです。
驚いてしまいます。

あまりにも遺跡があり過ぎて、地元の方たちは、邪魔だとも思っているようです。
ここ、パラカスでもご多分に漏れず、砂漠がどんどん畑になっている様子が航空写真で分かります。
そして、うっすらと砂漠の中に埋もれている様も!

寂しいですね!
お金があれば、発掘するのでしょうが・・・。
ドラだよ #-|2006/12/26(火) 12:41 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
アイスワイン凄く甘くて手ざー都ワインの最高でしょう。
ぜひお試し下さい。
皆さんに励まされて美味しいレシピを頑張ります。
ドラだよさん期待しています。
頑張ってください。
ryuji_s1 #-|2006/12/26(火) 14:34 [ 編集 ]
 
レシピ、ありがとう!
ドラだよさん、ピスコサワーの作り方、早速コピーペーストして保存しました。
ありがとうございました!
マレーシアの卵は生で食べるのはちょっと~不安なので、日本に帰った時にトライしてみようと思います。
蒸留酒、何でもいいのですか?
暇人ひー #-|2006/12/26(火) 17:41 [ 編集 ]
 
暇人ひーさんへ!
蒸留酒ですが、なるべく強いものでお願いします。
ちなみにピスコのアルコール度は、43度から上になっております。

それと、折角ですからKLから小さな青いレモンをこっそり持ち帰ってきて下さい。
日本で売っている黄色いレモンでは駄目です。
「似て非なるもの!」になってしまいますよ。

蒸留酒は、果実酒を作る焼酎で良いと思います。
ぜひ、試して下さいね。
ドラだよ #-|2006/12/26(火) 21:16 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
ryuji_s1師匠!
早速今夜の夕食を記事にして見ました。

ryuji_s1さんのレシピからは外れましたが、まあまあ美味しく出来ました。

盛り付けは、たんなる家庭料理にすぎませんが!
ドラだよ #-|2006/12/26(火) 21:18 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/169-e5776e69
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。