ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

一生に一度?!旅 不思議の国ペルー その1 

先日ペルーを訪問された方からの旅行記が届きました。
ご紹介させていただきます。

 長年の夢がついに実現する時がきた。あれは小学生の時だから優にうん十年は経っている。写真で見た、マチュピチュそしてチチカカ湖の風景にどういうわけか魅せられた。その不思議の国ペルーに向けいざ出発。今回はとある旅行会社のグランドツアーで約1週間の旅。

Day 1
 シカゴを夕方6時半ごろの飛行機に乗り、マイアミ経由でもってペルーの首都リマまで約8時間。待ち時間を入れ現地の早朝4時半到着だ。シカゴとの時差は全くない。中途半端に乗り継ぎが入るし、興奮で眠れぬままリマに到着。英語の通じる地域へ旅行するんだって、ああ勘違い!え?何で?!ってのが茶飯事の珍道中が多い私、今回は英語が通じぬスペイン語の世界なので更に不安だった。娘と二人旅。
 さて、この日のホテルはMiraflores地域(新市街地でこぎれいな町)にあり車で移動。スペイン語の表示のせいか空港からホテルまでなんだかロスの町を走っている雰囲気。到着が早朝にもかかわらずホテルの部屋に入れてもらえた。しばし睡眠を取る事にする。昼前に目を覚まし、リマ在住の人間、Web、旅行記、ガイドさんみんながお奨めする“La Cocina de Dario”ペルー料理の最高に美味しい店に行く。(http://lacocinadedario.web.fc2.com)
ryoko001.jpg

 この年になると、旅行の楽しみって、やっぱり『食い物』が『みやげ物・買い物』『観光名所探索』を引き抜いて断トツに上がるのよ。現地のおいしい物がすごく食べたい!ペルー料理が何か?も知らなかったのでかなり下調べをしてきた。リマは海辺の町なのでシーフードがかなりいける。まずは代表的な料理セビチェ(Cebiche)白身の魚、イカ、タコ、海老、などの魚介類に玉ねぎとレモンとオリーブオイルをかけたあっさりシンプルなものだがレモンの味が全然違うせいか、本当に美味しい。我々は2種類のセビチェをとる。平目だけのものとシーフードMixにうにをのせた贅沢一品。うまい!うまい!うんーまい!ズルズルバクバクいけてしまう!
 ホタテのチーズ焼き、シーフードスープ、中華風くさやのチャーハン、ポテトのクリームソース、そして世界で2番目に美味しいといわれている果物(チリモヤ)。飲み物はこれまた代表的なカクテル、ピスコサワー。レモネードも飲んでみたが今まで飲んだ中で一番のおいしさ!やっぱりレモンが違う。それと紫色のとうもろこしから作られたチチャ・モラーダ。インカコーラというコーラではなくクリームソーダの味のような炭酸(色は黄色)がペルー中で飲めるのでこれも試していただきたい。ここのレストランのオーナーはペルー人だが奥様は日本人なので日本語が通じる。とっても親切で感激。早く店が閉まるので昼に行く事を奨める。徹夜に近い長旅の後の食事、食欲のない体調なのでこのぐらいで抑えておく。
 腹ごしらえの後はリマの散策、親切なペルーのガイドさんの案内のもと地元の市場に足を運ぶ。見たことの無いような種類の果物、野菜、とうもろこし、ジャガイモが並べられている。ペルーはインカの昔から沢山の野菜、穀物を作っていた。とうもろこし、じゃがいも、トマトと今世界中で食べられている物の原産は実はペルーなのだと聞かされる。
merc3.jpg

merc1.jpg

 物価はアメリカの3分の1、うそーっと思うほど安い。特にタクシーなんかは最初に交渉してから乗り込むが本当にこれだけでいいの?って感じ。現地通貨でなくてもUSドルで十分通用する。1ドル札を100枚束ねて持って行った。それで、大盤振る舞いが体験できた。Miraflores地域のきれいなショッピングセンターを見学して(後からもっと他の所で買い物できると思って殆どの店を素通りしてしまったのが間違い!あん時買っときゃよかった!という思いをしたので、みやげものは買える時に買っておきましょう)
 夜は前もってアメリカから予約を入れておいた“La Rosa Nautica”と言う海沿いでなかなか雰囲気の良いレストランに行く。ガイドさんお奨めのイカ墨のスパゲッティを含めまたまたシーフード三昧。食った!明日はリマ市内の一日観光が入ってる。

つづく

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
スポンサーサイト
2006/12/13 00:47|ペルー便りTB:0CM:5
 
コメント

素晴らしいですね。
写真の野菜、鮮やかなコーン?と
つやつやしたナス、きゅうり・・?

長年の夢は娘さんと行くという形で叶って、
おいしいものに出会えて、
旅のいいところをしっかり体感された
いい旅行だったと思います。

私もいつか行ってみたいっ!と思う記事でした♪
kiki #-|2006/12/13(水) 00:34 [ 編集 ]
 

kikiさん
こんにちは。この旅行記の続きもご期待ください。
読んでいて本当に楽しい旅行記です。

リマックの住人@リマ

リマックの住人 #-|2006/12/13(水) 01:01 [ 編集 ]
 

こんばんは。kikiさんのところから参りましたmikarindaと申します。
いつもはドラだよさんのところにお邪魔しているのですが、この旅行記、とっても楽しそうなのでリマックの住人さんのところにもコメントしちゃいます。
食べ物はこのHPでお勉強させていただいたせいか、よくわかります。
見事に代表的な美味しいものを召し上がったという感じで、いいところが凝縮されてますね。
ペルーにいつか旅行したいものとしては大変参考になります。
この方は日本からシカゴ経由で行かれたのでしょうか?
そのルートは普通ですか?
それともシカゴ在住の方なのかな。
いずれにしても、続きが楽しみです (^^)/
mikarinda #-|2006/12/13(水) 18:48 [ 編集 ]
 

mikarindaさん
こんにちは。ペルーを存分に楽しんだ旅行記ですね。
続きも是非お読みください。
リマックの住人 #-|2006/12/14(木) 04:39 [ 編集 ]
 
mikarindaさんへ!
リマックの住人さんの不足分をお答えしますね。

この方は、シカゴ在住の方です。
日本人ですよ。
今アメリカでは、ペルー旅行が流行っているようですよ。
普通の観光ルートで観光されました。
ドラだよもあらかじめ読みましたが、とても楽しいし、ペルーでのワクワク感が出ています。

呼んでいて飽きさせない旅行記ですよ。
写真も、ドラだよが更に補足的にアップすることも考えていますから、楽しみにして下さいね。
ドラだよ #-|2006/12/14(木) 13:32 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/157-4a724fe8
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。