ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

秋・・・エピローグ 

20061125215600.jpg

  ・・・エピローグ
    (いてふの落葉に寄せて)

  空よ
  きみの まなざしに恋したのが罪だと言うのか
  雲よ
  きみの たおやかな変化に憧憬したのは愚かだと言うのか
  言わば 言え
  ぼくの心は 変わらないのだから

  空気がキーンと 冴えわたって
  ぼくの熱を 沈静させようとしている

  その目論見は 脆くも崩れ去る事を知れ
  エピローグは 鮮やかで峻烈な冬の始まりに過ぎないのだ
  
  大気が峻烈であればあるほど
  ぼくの炎は 豊穣の海へと昇華していくのだ

  そして きみへの愛が
  ぼくの内部で 散華したとしても
  ぼくに 後悔という言葉は内在しない
  それは 燃え尽きることを意味しないのだ

  ぼくの心を 鷲づかみにしようとするのは
  やめたまえ
  ぼくは すでにきみへのプロローグに踏み入ってしまったのだから
  
20061125220829.jpg



今日は、利根川を越えて友人の家に行きました。
途中で「いてふ並木」を通りました。右側の土手の向こうは利根川です。
その時に浮かんだ詩です。
への追悼!を詩にしてみました。
今日は、海外旅行に関係ないけど・・・。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト
2006/11/25 22:21|季節の花便り・・・ドラだよTB:0CM:12
 
コメント
こんばんは♪
情熱的な、でも、感傷的な詩ですね。


銀杏も、見事です。
もう、謝るしかない(笑)

大気が峻烈であればあるほど
  ぼくの炎は 豊穣の海へと昇華していくのだ

炎が海へ・・
静かな炎上を感じました。素晴らしいです!
また日付変わったらお邪魔しますね。

うう・・。12ポイントなら
まだ解らないっ!祈、逆転!
kiki #-|2006/11/25(土) 23:51 [ 編集 ]
 

ドラだよさんの 情熱的な・・
こんなラブレターを 若いころ、そして今も 書き続けてるのでしょうか?
このような詩が出てくるって 素敵ですね。
つぶやき #-|2006/11/25(土) 23:51 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
いつもありがとうございます。
銀杏、とても綺麗でした。
並木なのですが、それぞれの木で紅葉の進み具合が違い、そのグラデーションがポイントになって、かえって綺麗に感じました。
少し感傷的かもしれません。
年甲斐も無く!
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 00:09 [ 編集 ]
 

日付変わってお邪魔しました。ぽちーっ!と
うーん、12かぁ・・。
私も頑張りますよぉ~v-218

ドラだよさんの詩は
高い基準なので、私のような
「学校の宿題レベル」の内容とはワケが違います。
感服しました。
kiki #-|2006/11/26(日) 00:09 [ 編集 ]
 
つぶやきさんへ!
この年になっても、まだ青臭いのです。
もう、そろそろ大人にならなければ・・・と思いつつ。
直ぐにカッとなって、若い人を叱ってしまいます。
友人も「若いなぁ~!」と言います。
反省!
つぶやきさんにお褒め頂いて嬉しいです。
ありがとうございます。
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 00:12 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
いつも応援ありがとうございます。
とっても励みになります。
ドラだよの詩は、そんなに高い規準ではありません。
かっこつけてるだけです。
まだまだケツの青い・・・おっと失礼、下品でしたね。
ケツの青い・・・小僧っ子です。
少しでも、何かを感じていただけたら嬉しいのです。
良く、言われました。
「お前の作品は、何を言ってるのか分からん!」と。そうなのかもしれません。
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 01:11 [ 編集 ]
 

2:00も見ちゃいました(笑)
ほっとしました♪


詩は特に
ドン・キホーテなどにでてくる
ロマンセなどは例えが幅広く、
感性のみですもんね。

表現出来るってことはそれだけで崇高です。
おやすみなさい♪

kiki #-|2006/11/26(日) 02:03 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
おはようございます。
遅くまで起きていたのですね。ありがとうございます。
ドラだよもその時間くらいまで起きていました。

表現出来るのも、自分流です。
ある意味で「事故満足」の世界です。
読まされる皆さんが迷惑かもしれませんが、ブログの許される範囲でこれからもアップしたいと思います。

よろしくお願い致します。
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 10:34 [ 編集 ]
 

こんにちは。
素晴らしい詩ですね。
情熱的で、それでいて高尚です。
僕は詩を作ったことが無いので、いきなり詩を書けと言われても無理ですが、ドラだよさんの詩を読んで心にジーンとくるものがありました。
いつまでも心からこみ上げる感情は忘れてはならないですね。
Bam #-|2006/11/26(日) 15:31 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
お褒めいただいて、恐縮です。
高尚ではありませんよ。
ただ、愛情を表現しただけです。
その愛情は妻へであり、家族へであり、そしてこの世の中の森羅万象への思いです。
少しでも伝えられれば幸いです。
ありがとうございました。
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 17:00 [ 編集 ]
 

こんにちは。


何とか応援したくて
ネットカフェってところに初めて来て見ました!
社会見学みたいなものですね。

もちろん、ここでぽち!
今日は雨が降ったりやんだりしています。
kiki #-|2006/11/26(日) 17:05 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
ありがとうございます。
感激です。

ネット・カフェもキチンとしているお店は、快適ですが・・・。
「かたじけない!」としか言いようがありません。
ドラだよも中味のある記事を書き続けていきます。
社会見学までしていただいたことは、忘れません。
その気持ちがあり難いです。
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 17:30 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/136-0de7e93e
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。