ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

バーチャルな旅  イースター島 

イースター島の住人としては、この機会に是非ご紹介させてください。

TBS「地球新世紀 月尾嘉男の文明大冒険」
http://www.tbs.co.jp/sin-sei-ki/series01.html

月尾嘉男って誰??
http://www.tsukio.com
ITの伝道師そして精神の冒険家だそうです。

ほぼすべてのモアイが島の内側を向いている理由は以下のとおりです。
もともとモアイ像は各集落の酋長がなくなると彼をかたどり作られ、
アフと呼ばれる基壇(プラットフォーム)に乗せられました。
村の守り神であるため集落の方を向いています。
それらの集落は大抵海岸線沿いにつくられました。
海へ漁に行くため、また海岸線のところどころ湧く真水えるために便利でした。
ちなみに、イースター島は火山活動でできたの島のため川がありません。
雨はよく降りますが、すぐ地中へしみ込んでしまいます。

集落の守り神でその集落が海岸線沿いにあったため、
ほぼすべてのモアイが島の内側を向いているといわれます。
海を背にしているモアイ像とその基壇は海と集落との結界といった意味もあるようです。

**結界(けっかい)とは、区域を分けるもの。Simabandhaの訳語とされる。
仏教から来たもので、聖なる領域と俗なる領域を分ける境界のことを意味した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バーチャルな旅  イースター島 by Google Earth
1、検索ボックスの【ジャンプ】に緯度経度を入れてください。
2、目印として記録してください。
**地点は北が上になっています。縮尺や角度などお好み合わせてお楽しみください。
**↓の数字をコピー&ペーストすると便利です。
**モアイ像はズームアップすると点々として現れてきますよ。

27° 7'33.18"S, 109°17'18.89"W  ラノララク 
20061124201106.jpg
ほぼすべてのモアイはここラノララクからきり出されました。
カルデラ湖がありますが、比較的加工しやすい凝灰岩でできた火山です。

27° 8'24.02"S, 109°25'38.69"W  タハイ 5体
20061124210729.jpg
島唯一の村・ハンガロアから歩いて20分くらい。
夕方涼しくなるとよくここへ散歩に行きました。夕日がきれいです。

27° 7'32.86"S,109°16'37.01"W トンガリキ 15体
20061124200436.jpg
日本のクレーンメーカー・タダノ協力の下、修復されました。
http://www.tadano.co.jp/tadanocafe/moai/index.html

27° 9'28.41"S,109°25'30.32"W  HOTEL HOTU MATUA
このホテルの一室で暮らし、仕事をしていました。クレーン屋ではありません。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
スポンサーサイト
2006/11/24 23:35|BLOGで挑戦!バーチャルな旅TB:0CM:13
 
コメント

ドラだよさん
イースター島のこと、モアイのこと詳しく有り難うございます。
いろんな古都を学べます。
ryuji_s1 #-|2006/11/25(土) 09:58 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
楽しんでいただけて嬉しいです。
ryuji_s1師匠も、レシピをアップされる苦労が多いかと存じますが、これからもご指導をお願い致します。
ドラゴンを訪ねるのがとても楽しみです。
自分では出来そうもないレシピでも、それを読んでいるだけで、口福になります。
料理って、見ても美味しいし、食べても美味しいのだと思います。
ryuji_s1サンノブログはもっともっと多くの方に見ていただきたいものです。
ドラだよ #-|2006/11/25(土) 12:00 [ 編集 ]
 
こんにちは♪
リマックの住人さん、
こんなに細かくありがとうございます。
ラノララク、この像の石が採れたところ・・
興味深く見せていただきました。

ドラだよさん

http://www.dhcblog.com/nenekoneko/archive/772

↑こちらで
ペルー倶楽部を紹介させていただきました。
都合悪いことがありましたら
すぐ対応します。




kiki #-|2006/11/25(土) 12:18 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
kikiさんのコメント見る前に、もう見ちゃいましたよ。
3,000コメントおめでとうございます。
それに、ペルー倶楽部を素晴らしい評価で紹介いただいて感謝申し上げます。
kikiさんを見習って、努力します。
これからもよろしくお願い申し上げます。
ドラだよ #-|2006/11/25(土) 12:23 [ 編集 ]
 
ツブツブのモアイ像
またまた私の行きたい場所が出てきてびっくりしました。
イースター島、ペルーのお隣とは言え、こんなに海のど真ん中にあったんですね。
Google Earthでもツブツブとしてモアイ像が見られて感激しました。モアイ像のほとんどが島の内側を向いている理由はそういう意味だったんですね!
今後の情報にも期待してます!
yumitz #-|2006/11/25(土) 17:19 [ 編集 ]
 

酋長さんを形作って・・・


モアイの像の顔はなんとなく
アイヌの人々に似てる・・と想ったことがあります。

川はないんですね!
石によって作られて守り神として
並ぶ・・。

中国や日本でも歴代・・ということで
石の像や石碑を並べるのとどことなく似ていますね。
kiki #-|2006/11/25(土) 18:24 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
イースター島で、酋長になりたいですね・・・。
でも、部族抗争で負けちゃうと食べられてしまうので、断念します。
kikiさんの指摘は鋭い!
アイヌに似ていますね。
巨石文明という事実だけに眼を奪われていると本質を見失ってしまいます。
日本・中国・北米・南米・と、夫々先住民は顔が似ていますね。
ベーリング海を渡った同じル-ツをもつ民かも知れませんね。
ドラだよ #-|2006/11/25(土) 19:35 [ 編集 ]
 
yumitzさんへ!
イースター島がはっきり見えて、しかもモアイ像まで見えて、楽しいバーチャル・ツアーでしたね。
実は、数ヶ月前までは、解像度低かったんです。
更新されて解像度がアップしたんですよ。
ドラだよは、グーグル・アースにフォルダを作り、空中散歩で歩きました。
チルド角度を変えて、東西南北も調整すると、本当に楽しいですね。
これからも、楽しい情報を伝えます。
よろしくお願いします。
ドラだよ #-|2006/11/25(土) 19:42 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
イルミネーション頑張りました。
一日かかりましたよ。
ペンネ
娘さんにぜひ作って頂き試してください。
ご訪問有り難うございます。
ryuji_s1 #-|2006/11/25(土) 20:41 [ 編集 ]
 
ryuji_s1さんへ!
イルミネーション、本当に素敵ですね。
時間もかかった事とおもいます。
でも、通りすがりの方も、来訪者も気分を感じられますね。
チカチカと光が点滅している様が、眼に浮かんできます。
ペンネ、美味しいですね・・・。
ドラだよ #-|2006/11/25(土) 21:54 [ 編集 ]
 

こんばんは。
日本人がイースター島で修復作業をしていたなんて。意外な所で活躍しているんですね!
驚きです。
月尾嘉男さんの名前は伺ったことがあります。
ITから冒険まですごいですね!
Bam #-|2006/11/26(日) 00:02 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
さすがに、リマックの住人さんの知識ですね。
リマックの住人さんは、学生時代から世界を回っていたとのことです。
イースター島にも住んでいたのです。
ドラだよは、リマで食事しながらその事を聞いていましたが、やはりこの記事には即反応しました。この熱さが、リマックの住人さんの素晴らしいところですね!
ドラだよ #-|2006/11/26(日) 00:15 [ 編集 ]
 

学生時代は世界中というよりどういうわけか中南米を何度となく旅行していました。
ヨーロッパもアフリカも行ったことがありません。
東南アジアはタイのバンコクに一度だけそれも飛行機はファーストクラスでしたがラテンアメリカを2往復して貯めたマイレージの特典チケットでした。
縁あって今はペルーで生活していますが、自分にとってはこちらの方が性に合っているのかもしれません。
住めば都です。
リマックの住人 #-|2006/11/26(日) 10:34 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/135-d4daed57
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。