ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

ペルーの最高峰ワスラカンとユンガイの街 

ペルーの最高峰・ワスラカン(Huascarán)
北峰・左側(6,655m)と南峰・右側(6,768m)2つの山塊に分かれています。
yungay0002.jpg

グーグル・アースで見ると、こんな場所です。
9° 9'14.26"S, 77°44'25.28"W
コピー&ペーストでご覧下さい。
円形の墓地が見えます。
東側(右手)の雪山がワスカランです。

ふもとにはユンガイという街があります。

1970年5月30日に発生したアンカシュ地震(マグニチュード7.7)により、
ワスラカンの北峰が氷河と共に大崩落を起こす。
約15,000,000m³の土砂と氷塊が3000mの標高差から流れ落ち、
時速300kmでユンガイの集落を襲った。
当時のユンガイの人口は約18,000人であったが、そのほとんどが死亡した。
ペルー政府は、ユンガイの地を国有化し、国立墓地に指定して掘り返すことを禁止した。また旧市街から南に約2kmの場所に新しいユンガイの町を建設した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

国立墓地入り口
yungay0003.jpg

yungay0001.jpg

yungay0004.jpg

そこらじゅうに十字架がありますが、この下で被害者の方々が眠っています。

この記事に、abiさんにTBをしていただきました。
abiさんの所に行くと、ペルーの素晴らしい写真が満載ですよ。是非、TBをクリックしてペルーに浸って下さいね。


お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人@愛知
スポンサーサイト
2006/12/06 00:30|ペルー便りTB:1CM:11
 
コメント

こんばんは!
素晴らしい光景ですね!
思わずヒマラヤなのかと目を疑いました。
この打つ駆使光景とは裏腹に、自然は突然牙をむくのですね。
油断大敵です。
Bam #-|2006/12/06(水) 00:56 [ 編集 ]
 

こんにちは。
いい山ですね。
おうじは山の風景をみているだけで満足です。でかくて存在感ある形。いい山です。ほんと。
おうじ #-|2006/12/06(水) 08:21 [ 編集 ]
 

おはようございます(=^・^=)
リマックの住人さん、ソウルからお帰りなさ~い☆
ハードスケージュールですが、さすがにお元気ですね!!
山の記事、楽しみでした☆
ワラスはユンガイとは別の街ですか?
地震が多かったのでしょうか?今も地震があるのかしら?
南米登山かぁ。。。ワスカラン、美しく、魅力的ですね♪
abiがペルーで見た雪山をTBさせて頂きました(=^v^=)
abi #-|2006/12/06(水) 08:25 [ 編集 ]
 

ワスラカンは凄い山ですねとてもきれいで雄大です、
でも活火山なのですか
怖いですね
ユンガイの街の住人全員が犠牲に、すごいことです、
ryuji_s1 #-|2006/12/06(水) 09:12 [ 編集 ]
 
とても素晴らしい山ですね!
リマックの住人さんへ!
ソウル!お疲れ様でした。
昨日、お母様と話しましたよ。
ソウルは楽しかったようですね。さすが、親孝行ですね。

ドラだよは、両親はもう見送ってしまいましたが親がいる喜びは、何物にも代えがたいものです。これからも、大切にしてあげて下さい。

ペルー倶楽部を訪問してくださる皆様も、そんな
リマックの住人さんを、暖かくみておられると確信しています。
ドラだよ #-|2006/12/06(水) 09:32 [ 編集 ]
 
おはようございます
リマックの住人さんの、記事にabiさんの紹介記事加えました。

連携がまずくてごめんなさい。
この記事には、必ず紹介記事をと思っていたのですがドラだよが伝えていませんでした。
ドラだよの責任です。

ご了解下さいね。
ドラだよ #-|2006/12/06(水) 09:42 [ 編集 ]
 
こんにちは
人口は約18,000人であったが、そのほとんどが死亡した・・


何とも壮絶な出来事があったんですね・・。
雪山を見ている分には
沈黙を守ってますが、崩落して地震とは。

ユンガイの街をそのまま移転というのも
考え付かないことですね。

リマックの住人さん、お帰りなさい♪
寒かったと思いますが、いい時間を過ごせたでしょうか??


kiki #-|2006/12/06(水) 11:54 [ 編集 ]
 

ドラだよさん
言わすのハシリですねる今からますます忙しくなります。体には気を付けて頑張って下さい
栗きんとん
美味しいですね
ぜひお作り下さい、自家製は美味しいです。
ryuji_s1 #-|2006/12/06(水) 19:47 [ 編集 ]
 
こんばんは
TBからabiさんのところへお邪魔してきました。
雄大な山でした。

今日ドラだよ先生は走ってらっしゃたんですよね。
お疲れ様でした!
寒かったでしょう?ゆっくり温まってくださいね♪
さきほど「本」の記事UPしました(笑)

kiki #-|2006/12/06(水) 21:15 [ 編集 ]
 
こんばんは(=^・^=)
本文でご紹介して頂きまして恐縮です(#^.^#)
ありがとうございました♪
kikiさん、おいでくださいました、嬉しかったです☆
それから、ペルーの記事が少し先送りになります!
ごめんなさい(=^v^=)
abi #-|2006/12/06(水) 21:27 [ 編集 ]
 

アンデス地域が乾季の5月から9月にかけてがベストシーズンです。
ワスカランを含む山々はブランカ山群と呼ばれます。
ちなみに、ブランカとは白と言う意味です。
この時期はトレッキングや登山を目的とした旅行者が数多く訪れます。
基点となる町・ワラスへはリマからバスで約7時間です。
近く人は温泉が湧いています。
温泉=活火山=地震ですね。

リマックの住人@大阪
リマックの住人 #-|2006/12/07(木) 00:18 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
ラ・ラヤ峠から見る雪山
こちらもラ・ラヤ峠です“チンボヤ山”(5,480m)等の雪山が見えましたabi は此処の露店ででかわいい帽子をひとつ買いました(=^・^=)
風が誘うから・・・ 2006/12/06(水) 08:16
 
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/133-7b8c866f
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。