ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

シクラス遺跡発掘秘話・その1 

今日は、午後6時半から2時間、リマにある「天野博物館」の阪根理事長・主席研究員の講演を拝聴してきました。
みなさんの記憶にまだあると思いますが「世界ふしぎ発見」のシクラス遺跡の番組に出てきた方です。
20061112022821.jpg

真中で板書しながら説明している方です。
黒板にシクラス遺跡のマウンドを書きながら説明しています。
分かった事を、整理してみます。
1、シクラスとは、蛇かご(日本では竹で編んで石を詰め治水に使った)に石を詰めたものを言う。このシクラスはトトラ(葦)で編まれています。
2、遺跡としては、アンデス文明よりさらに3千年さかのぼる。
3、間にある空白期間は、地震による歴史の空白と予想される。
4、シクラスとアンデスの文明の間は「文明の後退」と理解出来る。
などでした。
でも、ペルーで最大の発掘は「カラル遺跡」だそうです。
ここには、30を超える「ピラミッド群」があり、シクラス遺跡はその文明とリンクしているとの事でした。

グーグル・アースでの座標です。
行って見て下さい。遺跡だらけです。

10°53'31.50"S, 77°31'19.04"W

航空写真をどこに移動させても遺跡です。
写真をリマックの住人さんが送ってくれました。
caral001.jpg

caral002.jpg

次はピラミッドの上から、遺跡を見た写真です。
caral004.jpg

ピラミッドは階段ピラミッドです。ピラミッドの高さは大体ビルにして8階建て程度と言いますから、かなりの高さですね。
1枚目の写真の真中に写っているのは、おそらくシクラス(トトラで編んだ籠で、石を入れていたもの)です。
とにかく、阪根さんがおっしゃっていましたが、ペルーには「ごちゃまんと遺跡が有る!」のだそうです。

その近くを流れるスーペ川も周辺は遺跡だらけです。
グーグル・アースを立ち上げたら、検索欄に「supe peru」と入れて下さい。スーペ川に行きます。
caral003.jpg

このスーペ川を中心にして周囲を散策して下さい。川沿いも遺跡だらけです。
グーグル・マップだと陰になっていますが周囲に遺跡があるのが分かります。住居あとの近くにもいっぱい有ります。
これはマップの場所です。グーグル・アースだともっと鮮明です。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=supe+peru&z=17&ll=-10.801154,-77.730503&spn=0.004943,0.01075&t=k&om=1
地図を右にずらして行けば民家の近くに遺跡が有るのが分かります。
その周辺は楽しいです。

とにかく「遺跡の中にある国ペルー」を実感してみて下さい。
そして、マチュピチュ以外の遺跡もペルー倶楽部で楽しんで下さい。

この講演会は「世界ふしぎ発見」の収録秘話のような事もお話しいただきました。
次の機会にお話しします。



海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト
2006/11/11 00:59|ペルーの旅行TB:0CM:11
 
コメント
こんばんは♪
すごいですね!!
わくわくしながら記事を読みました。

一枚目の写真、
砂埃を感じる写真でした。
砂埃の写真でなく、砂埃を感じる写真(思わず、目を細めたり反応しそうな)

地震で、期間があく・・。
昔、知人が
もしかして何万年も前にもう電子レンジみたいなものできてたのかもね、みたいな事いうので
「ありえないよ」と言ったら、地殻変動か何かで全てがマグマに溶けてたら・・残んないっていったこと思い出しました。

その後の歴史。
ますますペルーに興味がわきました!いい話をありがとうございます♪
(実は日付変わってすぐフライングしてさっきぽち行って来ました(笑))
kiki #-|2006/11/11(土) 01:44 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
本当に凄いです。
話を聞いて又ビックリ!
事実、砂漠に行くとインカ時代の人骨がさらされているんですって!
砂漠を行くと、人骨がいっぱいあるそうです。
それに、山といわず砂漠と言わず、遺跡がありすぎて・・・それも3000年前だと、全然驚かないんだそうです。
あって当然!誰も掘らないのだそうです。
ドラだよも、このピラミッド遺跡見に行きたいです、次は必ず行って報告しますね。
ドラだよ #-|2006/11/11(土) 01:54 [ 編集 ]
 

凄いですね
とても古い遺跡が一杯有るようですね。
今日も楽しませていただきました。有り難うございます。
栗のポタージュ
機会が有ればお楽しみください。
お仕事お忙し野ですねの頑張ってください。
ryuji_s1 #-|2006/11/11(土) 08:34 [ 編集 ]
 
ryuji_s1 さんへ!
本当にごちゃまんとあるのだそうです、遺跡!
丘があれば、そこは遺跡だそうです。
掘っても遺跡、丘も遺跡、だから遺跡だと思っても、手がつかない・・・むしろ掘らない、のでしょうね。
今回のシクラス遺跡は、盗掘されて凄い遺跡と分かったのだそうです。
でも、盗掘者にとって、価値のある金細工のようなものは出ず、盗掘者は「骨折り損」だったのだろうという事でした。
写真で見ても、ピラミッド凄いですね。
栗のポタージュ、食べたいです。
ドラだよ #-|2006/11/11(土) 09:21 [ 編集 ]
 
ピラミッド
シクラス遺跡も とても興味わきます。これからますますいろんな遺跡の発掘が進んで 驚かされることでしょうね。
ペルーの不思議は無限かな?
つぶやき #-|2006/11/11(土) 10:02 [ 編集 ]
 
つぶやきさんへ!
シクラス遺跡、お金が無くて大変みたい・・・。
でも「文明の後退」とか「紀元前3000年の遺跡」とかのキーワードが興味をかき立てます。
たしかに、この写真のピラミッド群ですが、約4000年前のものとは思えませんよね。
不思議空間、ペルーです。
ドラだよ #-|2006/11/11(土) 11:08 [ 編集 ]
 

こんばんは♪

何回見ても素晴らしいですね!!
この砂の中の都市、
どんな姿だったか、気になります。

今日もぽち♪
kiki #-|2006/11/12(日) 00:21 [ 編集 ]
 

こんばんは。
ドラだよさんのブログを見始めてからというものの、TVの世界不思議発見や世界遺産は我が家での定番になってしまいました。
シクラス遺跡は初めて聞きました。アンデスの3000年もむかしからあるなんて!日本の歴史と置き換えると気の遠くなるような話ですね。
Bam #-|2006/11/12(日) 00:27 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
こんばんわ。
実は、この記事を書いたドラだよも、何回も写真を見てはため息をついています。
ピラミッド群、凄いですよね。
しかも、アンデス文明から更に3000年遡るのですよ。
誰が造ったのかと言う、根源的な問いかけが必要になっているようです。
ドラだよ #-|2006/11/12(日) 00:49 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
こんばんわ。
嬉しいです、Bamさん。
そうなんですね・・・。ですから4000年から4500年前の遺跡なんです。
それが、こんなにほぼ完全な形で残っているのですから。
ピラミッド群の写真は何回見ても飽きません。
この写真リマックの住人さんが送ってくれたのですが、まだ、殆ど日本では公開されていませんよ。学者の所では見られているでしょうが・・・。
また、発掘現場も現在では近くに行って写真は撮れないようです。
4大文明の中では、発掘状態で見るとメソポタミア文明と似ているといっていましたが・・・。
宗教観で言えば「拝火教」ゾロアスターに類似しているらしいです。
今度、少し詳しく書きますね。
ドラだよ #-|2006/11/12(日) 00:56 [ 編集 ]
 
シクラス遺跡の原語つづり
シクラス遺跡の記事には大いに興味をそそられました。4500年前といえば縄文時代中期ぐらいでしょうか。残念なことにどの記事にもシクラスの原語が記載されていません。ご教示いただければ幸甚です。
マウス #WCSj23LI|2007/06/12(火) 00:10 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/112-dba7da75
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。