ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

マチュピチュへ! 

マチュピチュへ向かう!
バスから降りて、坂道を登っていく・・・。
かなり厳しく、もう途中であきらめようかと・・・。
ふーふー、はーはー言いながら登っていく。
突然、視界が開けマチュピチュの全景が身体中に飛び込んでくるのです。
「一歩の距離!」
そこに、アンデスの神々が「おわします」。
そこは、静寂という時間が流れています。
下界を流れるウルバンバ川を見下ろすと、この遺跡の凄さが伝わってきます。
自然に涙が湧いてきました。
安っぽく言えば「感動!」以外の何物でもありません。
mapi001.jpg

本当に、空中に浮いている都市・・・。
インカの人々の熱が、否応無く伝わって来ます。

16世紀半ばには、インカの人たちはこのマチュピチュを捨てて、更に奥地に逃れて行きます。
捨てられた都市になって400年、人の目に触れることなく、1911年にアメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムが初めて見た時には、草に覆われた廃虚となっていた、と言います。

何故作り、何故捨てたのか・・・。
不思議空間、マチュピチュです。
グーグル・アースでは、この座標をコピ-・ペーストしてお楽しみ下さい。

13° 9'47.95"S 72°32'46.44"W

マップではここです。
http://maps.google.com/maps?hl=ja&oe=UTF-8&q=%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%94%E3%83%81%E3%83%A5&ie=UTF8&z=18&ll=-13.163319,-72.545171&spn=0.0035,0.005917&t=k&om=

マチュピチュはまだ続きます。
今日、abiさんのブログに行くと、可愛いリャマに出会えますよ。
ドラだよとリマックの住人さんと違って、優しい女性の視点の写真です。
アドレスはここです。
http://blog.goo.ne.jp/rotorua_abi/e/ef71411dd7c8206014837b3876906e45

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ







世界三大ガッカリ、の観光地版は、
1位 シンガポールのマーライオン
2位 ベルギーの小便小僧
3位 デンマークの人魚姫
となっています。
ドラだよは調べました。
ナスカを三大ガッカリに入れていた方がおられました。
その方は、地上絵が良く見えなかった・・・というのが理由でした。
でも、さすがにマチュピチュを入れておられる方はいませんでした。
意外ですが、香港も入っているケースがあります。
その理由は、臭かったというものでした。
また、夜景も神戸の方が良いというものでした。
香港もそうですが、ナスカを入れている方もいるということは、本当に個人の主観というか、見方と言うものはそれぞれなんですね。

因みに、日本の三大ガッカリは、
1位 沖縄の守礼門
2位 高知のはりまや橋
3位 北海道の時計台
というのが定説のようです。

これには、ドラだよも賛成です。
みなさんはいかがですか?


ドラだよ
スポンサーサイト
2006/11/10 08:11|ペルーの旅行TB:1CM:12
 
コメント
こんにちは
三大がっかりのマーライオン・・
確かに、すこしがっかりでした(汗)
でも、マチュピチュはいつもベスト1ですもんね。
何故創り、何故捨てたのか・・。
本当にそう思います。

ここを選んで、ここを創り、捨てた、という流れがとても不思議で、
NHK世界遺産では、日時計のようなものも見ました。

ホントに不思議な空中都市ですね!
kiki #-|2006/11/10(金) 13:18 [ 編集 ]
 
こんにちは(=^・^=)
マチュピチュの魅力は尽きないと思います。
だって、未だ謎が解き明かされていないのですものね☆
本文でリャマをご紹介いただきまして恐縮です♪
TBは、誰も見向きもしなかった、高い石の上に咲いていた花をさせていただきました。
abiは、よじ登るようにして写してきました(笑
三大ガッカリですか?面白いですね!
マーライオンは・・・可愛すぎです(=゚m゚=)プッ!
沖縄の守礼門は、期待してませんでした、ごめんなさい。。
札幌時計台は初めて行った時は、修理中でビニールが掛かってました( ̄▽ ̄;)
香港の夜景は好きでした~(*^▽^*)
abi #-|2006/11/10(金) 13:54 [ 編集 ]
 

このブログでも、色んな場所を紹介していて、どれもこれも行きたいと思いましたが、やはりマチュピチュ行ってみたいです。
ナゾがある場所のほうが、自分で見て、想像する楽しみがあるように感じます。
3大ガッカリ、マーライオンしか見たことありませんが、確かに「ふ~ん」ってのが正直なところ。
ランキング面白いですね。
ひろ #-|2006/11/10(金) 14:49 [ 編集 ]
 

マチュピチュ行って見たいですね。
今日もグーグルで楽しめました。
ryuji_s1 #-|2006/11/10(金) 15:27 [ 編集 ]
 

昨日から出張で奈良に行ってました。丁度高松塚古墳のそばをとおり、おなじみの石の塚を横目に見たのですが(カメラがなかったのが残念!)、それだけでもひときわの感動がありました。しかし、マチュピチュのスケールはもっとすごいんでしょうね!一生に一度で良いので行ってみたい、写真撮りたい!
Bam #-|2006/11/10(金) 22:32 [ 編集 ]
 
kikiさんへ!
kikiさん!空中都市で、デートなんて最高ですよ。きっと、不思議なパワーで満たされると思います。
ここは、絶対ガッカリしない場所ですから。
マーライオンは、ガッカリですもんね。
ペルーには、ガッカリはそうありません。ほとんど期待に背きませんよ。
人間の温かさもです。
ドラだよ #-|2006/11/10(金) 22:36 [ 編集 ]
 
abiさんへ!
abiさんの写真は本当にいいな~!
やさしいもんね。でも、やっぱり苦労して撮ってるんだよね。
そうでなければ、なかなか撮れません。
ドラだよは、何故かかっこつけで、出来ません。でも、男としては結構やってるんですよ。
友人は「そこまでして写真撮るのか!」と呆れているくらいなんです。
でも、駄目ですね。帰国して本当に納得できる写真はそうありません。
これからは、よじ登って撮ります。
ドラだよ #-|2006/11/10(金) 22:39 [ 編集 ]
 
ryuji_s1 さんへ!
グーグルで、結構楽しめます。
今日、リマの天野博物館の阪根さんの講演を聞きにいってきました。とっても、勉強になりました。
今夜、帰宅してから記事にします。
リマには、キチンとした日本料理はあまり・・・ほとんどありません。
ryuji_s1 さんの日本料理のレシピで開店したら凄いでしょうね。
それこそ、行列の出来る店ですね。
ドラだよ #-|2006/11/10(金) 22:44 [ 編集 ]
 
ひろさんへ!
ひろさん、やはりマチュピチュが雄大で、感動しますよ。ひろさんは、外国旅行の経験が多そうですから、是非行かれたらとおもいます。
世間で言うほど「危険」ではありませんよ。危険地帯以外は注意して歩いていれば、大丈夫です。
観光客らしい女性が一人で歩いている姿は良く見かけます。
機会があったら遺跡の中にある国ペルーへ!!!
ドラだよ #-|2006/11/10(金) 22:47 [ 編集 ]
 
Bamさんへ!
それは残念でしたね。
Bam写真ファンの一人としても残念です。
奈良は、ドラだよも好きな土地です。
そんなに行っていませんが、やはり歴史が体中に伝わってくる土地ですね。
時間があったら、春にでも行きたいです。
それと、Bamさんの撮るマチュピチュ、見たいですね!
どんな風に捉えるのか、興味津々です。
ドラだよ #-|2006/11/10(金) 22:50 [ 編集 ]
 

マチュピチュに行くといつも無口になります。
ここでは観光するとか見学するという表現は合いません。
感じるところだからだと思います。

リマックの住人
リマックの住人 #-|2006/11/11(土) 10:18 [ 編集 ]
 
リマックの住人さんの言うとおり!
そうですね。リマックの住人さんの言う通りだと思います。
インカの人たちが築いたこの空中都市、考えられないパワーに溢れていて、人を黙らせてしまうのでしょうね。
人智を超えた、力を感じます。
ドラだよ #-|2006/11/11(土) 14:17 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
マチュピチュの赤い花
気付かずに通り過ぎてしまうような場所でしたふと見上げると、赤い花が一輪・・・ひとしれず咲いていました(行きは蕾だったんですよ~帰り道に通ったら開いていました)
風が誘うから・・・ 2006/11/10(金) 13:35
 
トラックバックURLはこちら
http://perulascamelias.blog49.fc2.com/tb.php/111-8a189268
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。