FC2ブログ
ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

チリの地上絵 

今日はチリ地上絵を紹介しましょう。
実は、この地上絵の描いてある場所ですが、かつてはペルー領でした。

チリペルー・ボリビアの間で1897年から太平洋戦争が行われ、イキケの海戦が行われました。戦争の結果、イキケチリ領となり、ペルー人はペルー領へ移動しました。

この地上絵は、チリイキケの町が観光拠点となります。
ペルー領の前はスペイン領でしたから、洒落た建築物も残されています。
イキケの劇場です。
20061224001247.jpg

白亜の殿堂!といった感じですね。
しかし、かつての繁栄の面影としてのゴースト・タウンも存在しています。ハンバー・ストーンと言われる町でした。ここでは硝石が採掘され繁栄を極めました。
でも、今にも人が出てきそうな感じの廃屋ですね。
徹底的に乾燥した地域ですから、木造物が腐敗して朽ちないのです。
20061224003351.jpg

この地上絵のあるイキケ地域には、紀元前7千年以上前から人類が居住していたことが判明しています。ですから相当古い地上絵ですね。
さて、地上絵ですが「チサの地上絵」と言われています。
宇宙人との交信記録ではないか?とも言われている、不思議な地上絵です。
緯度・経度はここです。コピー&ペーストでお願いします。

19°12'12.43"S, 70° 0'28.89"W

なんとも不思議な地上絵です。是非ご覧になって下さいね。
地上絵は白い山の斜面に黒い石を並べて書かれています。石は大小様々で大きいもので人の頭くらいです。全体の規模は大きくありませんが、コントラストがはっきりしていますから、見ていて楽しい地上絵です。
この地上絵に行きますと「i」マークがあります。ここをクリックすると地上絵のアップの写真があります。

今日は、かつてペルーだったチリイキケからのレポートでした。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
スポンサーサイト



2006/12/24 00:43|番外編TB:0CM:12
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.