ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

日本とペルー ペルーと日本 

昨日の夕方日本へ到着しました。
リマ空港から成田空港まで約27時間の道のりです。
いつもながらに遠かったです。

今日は1日東京をぶらぶらしました。
その際、気付いたことをいくつかご紹介します。

傘をさして歩く人
-リマではまず雨が降りません。傘自体売っていません。

スーツ姿のサラリーマン集団
-ペルーでもビジネスマンはスーツ姿ですが、これほど同じような色で
集団になってはいません。

ティッシュ配りの人
-ティッシュペーバー自体あまり使いません。
日本では本当にいろいろなものをタダで配っていますね。

たくさんの自動販売機
-いたるところにある自販機。ペルーでこれだけの数があれば泥棒達の餌食です。

少し高い目線
-ペルー人に比べて日本人は平均5cm以上背が高いと思います。
自称162cmのリマックの住人としてはペルーのほうが落ち着きます。

などなど。

2日(土)から韓国・ソウルへ行きます。
ペルー-日本-韓国での雑感もお伝えしようと思います。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人@東京
スポンサーサイト
2006/11/30 21:20|ペルー便りTB:0CM:14
 

朋あり遠方より来る! 

朋あり遠方より来る
また楽しからずや

リマックの住人さんが一時帰国しました。
ところが、成田でトラブル!
マイアミでトランジットしたのですが、スーツケースが一つ成田未到着!
結局スーツケースは翌日到着となったそうです。
で、上野での食事が午後9時半~となりました。
もっとも、ペルーでは夕食は8時~9時くらいから始まりますから、ペルーと同じですが、ドラだよは空腹を抱えて待ちました。
成田まで迎えに行けなかったんですが・・・。第一ターミナルが改装されてオシャレになりました。
少し紹介しますね。
20061130121151.jpg

20061130121211.jpg

20061130120953.jpg

20061130121021.jpg

こんな感じですよね!
グーグル・マップだとこんな風に見えます。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=%E6%88%90%E7%94%B0%E7%A9%BA%E6%B8%AF&z=15&ll=35.767234,140.385146&spn=0.023888,0.038195&t=k&om=1
画面を引いてみると、ゴルフ場が多くあります。
最新のエルニーニョ情報!
ペルーのリマは、今、蒸し暑いそうです。今年は熱い夏になるとの予測だそうです。
ところで、リマックの住人さんの持ってきたもう一つの情報です。
これは、アメリカの日系社会向けマガジン(3㌦)です。
エリアは「イリノイ州」「ミシガン州」「オハイオ州」「インディアナ州」だそうです。
20061130123105.jpg

この中に、ペルー倶楽部が紹介されました。嬉しいですね!
20061130123211.jpg

この記事は、ドラだよがいつもお世話になる「金城トラベル」さんがこの雑誌にペルーの紹介記事を書いて「その、ついで」に紹介してくれたそうです。
こんなタイトルで記事を書いたそうです。
20061130123235.jpg

ペルー倶楽部にリンクしてある会社です。感謝!
友人は、本当にありがたいものです。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ


2006/11/30 13:02|日記風に・・・TB:0CM:24
 

韓国の風景Vol,2 

再び、韓国の風景です。
タッカルビ・・・鶏カルビの完成です。この赤さが辛そうでしょう!
20061129125955.jpg

このあつあつを、ふうふう言いながら口に運びます。
ビールとの相性はバッチリです。
仕上げは、冷麺冷麺の汁は、キムチの汁です。それが凍っています。
本当に冷麺です。
20061129130017.jpg

ソウルっ子は、いくら寒くてもミョンドンに遊びに行きます。
20061129130101.jpg

だって、あの辛い食事していますから・・・。寒さなんか、へっちゃらです。
でもさすがに、オープン・カフェには、誰も座っていませんでした。
ドラだよは、ここでコーヒー飲もうかと思いましたが、断念しました。
20061129130118.jpg

もう少し立つと、ソウル市庁舎前の広場に「仮設スケート・リンク」がお目見えします。
子どもたちが、スケートに興じます。
20061129130047.jpg

このスケート・リンクの横では、昔ながらの衛兵交代の儀式が行われます。観光客相手のセレモニーなんでしょうが、寒いときは観光客よりもソウル観光に来ている韓国人が多い感じです。
20061129130034.jpg

太鼓が打ち鳴らされ、李王朝時代の武官が広場を席捲します。
観光客は、ひとしきり周辺を観光してホテルに戻ります。
ホテルでは、玄関を入るとこんな韓国美人が出迎えてくれます。
20061129125922.jpg

チマ・チョゴリという民族衣装は女性を綺麗に見せます。
本当は「チョゴリ・チマ」。上にはおっているのが「チョゴリ」で下に穿いているのが「チマ」です。ですから「チョゴリ・チマ」。
ホテルに入って、免税店を通り過ぎようとしたら「ペ・ヨンジュン」さんが立っていました!
20061129125909.jpg

と、言うのは嘘。免税店の宣伝用看板でした。
でも、日本からの観光客の皆さんは「この看板の前で記念写真を撮っておられます。」と言うことです。韓流ドラマ・ファンの女性たちが多いようです。
因みに、韓国のドラマにはまっておられる人を「ヨンフルエンザ」に罹っている・・・。と言います。
ペ・ヨンジュンさんにかけているんですね。
因みに韓国では、俳優さんたちは外食するときに、隠れてはしません。
韓国の俳優さんたちが良く行く焼肉屋さんです。
週刊誌でも紹介されましたね。
ドラだよも、社会見学で食べに行きました。
結構、いいお値段でした。
20061129125852.jpg


今日もペルーではありませんが・・・。
海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/29 13:39|番外編TB:0CM:19
 

韓国の風景 

リマックの住人さんが、明日一時帰国します。
そして、お母さんを連れて韓国旅行に出かけます。
母親孝行するんだそうです。とても良い事ですね。
そこで、せっかくですから韓国ソウルの今の風景を紹介します。
手ブレしていますが、一応ロッテホテルイルミネーションです。
20061128113808.jpg

韓国はクリスチャンの多い国です。
ソウルの街中には、そこら中に十字架が見えます。
教会が多いんです。
ですからクリスマスは一大行事ですね。
ソウルは、大都市です。
民家と高層住宅が混在した町並みです。
20061128110315.jpg

いたるところに飲食のお店があります。
民家の場所を、ズーム・アップしてみます。
20061128110341.jpg

こんな細い路地にも飲み屋さんがありました。
以前に紹介した、ソウルの友人の大学脇にある幼稚園。
20061128110400.jpg

夜の南大門。
20061128113345.jpg

ライト・アップされたソウル市庁舎。
20061128113657.jpg

今頃、ソウルは結構寒いです。
鶏インフルエンザが騒がれていますが、冬ソナでも出てくる、春川名物「タッカルビ(鶏カルビ)」でも食べて温まりましょうか。
20061128113617.jpg

アガシが食べやすいように切ってくれます。
とても美味しい鶏肉と、タップリのキャベツ、それにコチジャンで辛さを演出します。

グーグル・アースでソウルに行って下さい。
コピー&ペーストでお使いください。

ソウル・タワー。ソウルのシンボルです。
37°33'8.21"N, 126°59'16.15"E

ミョンドン大聖堂(教会)この周辺がいわゆるミョンドン地区です。
37°33'48.38"N, 126°59'11.56"E

ロッテホテル
37°33'56.23"N, 126°58'53.69"E

大統領官邸(青瓦台)
37°35'13.86"N, 126°58'29.73"E

ソウル市庁舎。この庁舎前の広場がワールド・カップなどで、人が集まる場所です。
37°34'0.62"N, 126°58'42.55"E

リマックの住人さん、お母さんに風邪を引かせないように「ホカロン」必携ですよ!


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/28 18:57|番外編TB:0CM:22
 

日本の中のペルー3題 

久しぶりに「日本の中のペルー」です。
日本のマスコミが発出する、ペルー関連報道を3つ紹介します。

1、チクラヨ遺跡
米南イリノイ大の島田泉教授らのチームがこのほど、約1000年前にペルー北部チクラヨ郊外で栄えたシカン文明の遺跡で儀式用のナイフ「トゥミ」10本を発掘しました。神々をかたどった飾りのあるトゥミはペルー古代文明の象徴として広く知られています。AP通信などが24日までに伝えたものです。
博物館などが展示しているものはほとんどが盗掘品で、考古学調査で発掘されたのは初めてという。島田教授はAPに「初めて遺跡の中から見つかったことで、トゥミにどんな文化的意味があったのか、多くのことが分かるだろう」と話されました。
20061127102818.jpg

このナイフ、よくTシャツのデザインにもなっています。
ペルーのTシャツは、デザインが楽しいです。
これは、ナイフではありませんが、ドラだよが買ったTシャツの絵です。発掘品がデザインのモチーフになっています。
20061127105448.jpg


2、シカン遺跡
シカン遺跡で、未盗掘墓が発見されました。
現在、金製品などの埋蔵品が続々と掘り出されているそうです。
シカン遺跡は、ペルー北部のバタングランデにあって、およそ1000年前に建てられた神殿が立ち並ぶシカン文化の中心地です ...。
新しい発見があったと言うのは楽しいですね。
ペルーは、これからもどんどん遺跡が発掘されていくと思います。
でも、このニュースはその後殆どされていません。
web上でも、最初の報道が削除されていたりします。
大発見なのか?それとも大誤報なのか?真偽は定かではありませんが、遺跡の中にある国ペルーですから、期待したいと思っています。
シカン遺跡の出土品です、金製品です。精巧ですね。
20061127111413.jpg

ドラだよのTシャツのデザインのモチーフかもしれませんね。
20061127111344.jpg


3、エルニーニョ発生
この海の沖で、深く蒼い水底でエルニーニョが発生したと言うのです。
20061127111949.jpg

気象庁は、南米ペルー沖の太平洋赤道海域で海面水温が高くなり、世界的な異常気象をもたらすとされる「エルニーニョ現象」が、この秋から冬にかけて発生する可能性が高いとの監視速報を発表しました。
発生が確認されれば、二〇〇二年夏―〇三年初め以来となります。一九九七年春―九八年春には「二十世紀最大」とされるエルニーニョが観測されましたが、今回の規模は小さくなるとみています。
エルニーニョは、同海域上空を吹く貿易風(東風)が弱まって、西側のインドネシア近海の暖かい海水が東に広がり、南米沖で海面水温の高い状態が長期間続く現象です。大気の対流活動に影響し、世界的な異常気象を引き起こす恐れがあります。日本列島には暖冬や、西日本を中心とした冷夏などをもたらす傾向があります。
気象庁によりますと、ペルー沖のエルニーニョ監視海域では十月の平均海面水温が基準値(前年までの三十年間の平均)より〇・九度高く、水温は九月ごろから高い状態が続いており、少なくとも冬いっぱい続く恐れがあるという事です。
九七―九八年のエルニーニョでは、東南アジアなどが高温、干ばつに見舞われ、インドネシアの大規模な森林火災が深刻な大気汚染をもたらし、逆に南米北西部やアフリカ東部は大雨、洪水で多数の死者が出ました。
小規模で済むように祈るばかりです。
因みに、この海の沖はチリ沖とともにマグロの一大漁場です。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/27 16:16|日本の中のペルーTB:0CM:21
 

チチカカ湖・・・何が世界一! 

世界中に湖があります。
その殆どが、リゾート地になっています。
山懐に抱かれた湖、平地にある湖・・・それらの全てが地域のシンボルであり、憩いの場でもあります。
水のある風景。その湖面に映る山々や緑。
なごませてくれる風景です。

湖の世界一を考えてみました。もちろん、ペルーが入らなければ意味がありません。
○世界一標高の高い湖・・・・・・チチカカ湖
○世界一標高の低い湖・・・・・・死海
○世界一深い湖・・・・・・・・・バイカル湖
○世界一透明度の湖・・・・・・・バイカル湖
○世界一広い湖・・・・・・・・・カスピ海
となっています。この内、死海カスピ海は塩湖です。キャビアの産地です。

☆世界一標高の高い、チチカカ湖
20061126174032.jpg

標高は3810mほどです。湖面の60%がペルー領で40%がボリビア領となっています。「(動力エンジンを持つ)汽船などが航行可能な湖として世界最高所」と言われています。数少ない古代湖の一つとしても知られています。

☆世界一標高の低い、死海
20061126175020.jpg

塩分が濃いですから、浮きます。
20061126175127.jpg

アラビア半島北西部に位置する塩湖です。西側にイスラエル、東側をヨルダンに接し、湖面の海抜はマイナス418メートルと、地表で最も低い場所にあたります。
死海は、東アフリカを分断する大地溝帯の北端に位置していて、死海を含むヨルダン渓谷は、白亜紀以前にはまだ海であったと推定されています。

☆世界一深い湖、世界一透明度のバイカル湖
20061126174314.jpg

ロシアのシベリア連邦管区のブリヤート共和国とイルクーツク州にまたがる湖です。
長径600km×短径30kmに及ぶ湖水面の面積は31,494 km²でヨーロッパとの境にあるカスピ海や、現在急速に面積を縮小しているアラル海を除くとアジア最大で、最大水深は1743mと世界で最も深い湖です。水質も、世界一の透明度を誇り、世界遺産に認定されています。
世界で最も古い古代湖でもあり、2,500万年の歴史を持つ。
ここで採れるチョウザメからはキャビアが取れる。

☆世界一広い湖、カスピ海
20061126174709.jpg

ごめんなさい、カスピ海は未踏破です。
中央アジアにある陸地に囲まれた塩湖です。この湖に接している国は、ロシア連邦(ダゲスタン共和国、カルムィク共和国、チェチェン共和国、アストラハン州 )、アゼルバイジャン共和国、イラン(マザンドラン地方)、トルクメニスタン、カザフスタン共和国に渡っています。
湖の北から東にかけて中央アジアの大草原が広がり、ヴォルガ川、ウラル川、クラ川、テレク川などが流れ込んでいます。流れ出す川は存在しておらず。アゾフ海とマヌィチ運河によってつながっています。
カスピ海は、古代にはハザール海と言われていました。
面積は374,000 km²あり、海と湖の両方の特徴をあわせ持っているため、海とするならば世界で最も小さな海になり、湖とするならば世界で最も大きな湖となります。なお日本の面積は377,835km²なのでほぼ同じ面積となります。

グーグル・アースで行って見て下さい。
緯度・経度の座標は下記の通りです。
楽しいですよ。いずれも画面を引いてみて下さい。その場所をはっきり見るために、少し離れた場所にマークをつけてあります。
カスピ海は、引いて見ると右側にあります。

カスピ海    45° 7'33.22"N, 46°56'2.96"E
バイカル湖   53°22'8.00"N, 107°52'46.11"E
チチカカ湖   14°51'42.28"S, 69°54'8.61"W
死海      69°54'8.61"W, 35°29'28.50"E


今日はドラだよの雑学でした。
海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ


2006/11/26 18:07|番外編TB:0CM:14
 

秋・・・エピローグ 

20061125215600.jpg

  ・・・エピローグ
    (いてふの落葉に寄せて)

  空よ
  きみの まなざしに恋したのが罪だと言うのか
  雲よ
  きみの たおやかな変化に憧憬したのは愚かだと言うのか
  言わば 言え
  ぼくの心は 変わらないのだから

  空気がキーンと 冴えわたって
  ぼくの熱を 沈静させようとしている

  その目論見は 脆くも崩れ去る事を知れ
  エピローグは 鮮やかで峻烈な冬の始まりに過ぎないのだ
  
  大気が峻烈であればあるほど
  ぼくの炎は 豊穣の海へと昇華していくのだ

  そして きみへの愛が
  ぼくの内部で 散華したとしても
  ぼくに 後悔という言葉は内在しない
  それは 燃え尽きることを意味しないのだ

  ぼくの心を 鷲づかみにしようとするのは
  やめたまえ
  ぼくは すでにきみへのプロローグに踏み入ってしまったのだから
  
20061125220829.jpg



今日は、利根川を越えて友人の家に行きました。
途中で「いてふ並木」を通りました。右側の土手の向こうは利根川です。
その時に浮かんだ詩です。
への追悼!を詩にしてみました。
今日は、海外旅行に関係ないけど・・・。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/25 22:21|季節の花便り・・・ドラだよTB:0CM:12
 

バーチャルな旅  イースター島 

イースター島の住人としては、この機会に是非ご紹介させてください。

TBS「地球新世紀 月尾嘉男の文明大冒険」
http://www.tbs.co.jp/sin-sei-ki/series01.html

月尾嘉男って誰??
http://www.tsukio.com
ITの伝道師そして精神の冒険家だそうです。

ほぼすべてのモアイが島の内側を向いている理由は以下のとおりです。
もともとモアイ像は各集落の酋長がなくなると彼をかたどり作られ、
アフと呼ばれる基壇(プラットフォーム)に乗せられました。
村の守り神であるため集落の方を向いています。
それらの集落は大抵海岸線沿いにつくられました。
海へ漁に行くため、また海岸線のところどころ湧く真水えるために便利でした。
ちなみに、イースター島は火山活動でできたの島のため川がありません。
雨はよく降りますが、すぐ地中へしみ込んでしまいます。

集落の守り神でその集落が海岸線沿いにあったため、
ほぼすべてのモアイが島の内側を向いているといわれます。
海を背にしているモアイ像とその基壇は海と集落との結界といった意味もあるようです。

**結界(けっかい)とは、区域を分けるもの。Simabandhaの訳語とされる。
仏教から来たもので、聖なる領域と俗なる領域を分ける境界のことを意味した。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バーチャルな旅  イースター島 by Google Earth
1、検索ボックスの【ジャンプ】に緯度経度を入れてください。
2、目印として記録してください。
**地点は北が上になっています。縮尺や角度などお好み合わせてお楽しみください。
**↓の数字をコピー&ペーストすると便利です。
**モアイ像はズームアップすると点々として現れてきますよ。

27° 7'33.18"S, 109°17'18.89"W  ラノララク 
20061124201106.jpg
ほぼすべてのモアイはここラノララクからきり出されました。
カルデラ湖がありますが、比較的加工しやすい凝灰岩でできた火山です。

27° 8'24.02"S, 109°25'38.69"W  タハイ 5体
20061124210729.jpg
島唯一の村・ハンガロアから歩いて20分くらい。
夕方涼しくなるとよくここへ散歩に行きました。夕日がきれいです。

27° 7'32.86"S,109°16'37.01"W トンガリキ 15体
20061124200436.jpg
日本のクレーンメーカー・タダノ協力の下、修復されました。
http://www.tadano.co.jp/tadanocafe/moai/index.html

27° 9'28.41"S,109°25'30.32"W  HOTEL HOTU MATUA
このホテルの一室で暮らし、仕事をしていました。クレーン屋ではありません。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
2006/11/24 23:35|BLOGで挑戦!バーチャルな旅TB:0CM:13
 

世界新世紀という番組について 

TBSで始まった「世界新世紀」という番組をご覧になりましたか?
初回は、チリイースター島でした。
そうです「モアイ像」で有名なイースター島です。
ペルーのお隣の国ですから、興味を持ってみました。
何より、モアイという巨石文明にも憧れていましたから。
20061124200436.jpg

有名な巨石文明ですね。
この島の文明が、滅んでいった歴史に迫る内容でした。
イギリスのストーンヘンジも有名ですが、このモアイ像は、より不思議な文明だと思っていました。
この、イースター島の人口は現在3,900人、最盛期には1万人が住み多くの部族が割拠していたそうです。
20061124201106.jpg

この島に「キャプテン・クック」が上陸したときには、モアイ像は殆ど倒れていたそうです。

さて、何故文明が滅びてしまったのか?
そのキーワードは「森への信仰を持たない悲劇」といいます。
この島の土壌分析によると、かつては深い森(ジャングル)に覆われていたのです。
それなのに、裸の島になってしまった。
住民が森への畏怖を持たず、次々と森を伐採して畑に変えた結果、豊穣の土が雨で流されていったのでした。
確かに、あの小さな島に1万人が生活していたら食料にも困っていったと推測されます。

でも、生活の実りをもたらす森を無くしたら駄目ですよね。
最後には食料を巡って部族間の争いが激化し、食人もされていたそうです。

番組は、その事実を示した後に、ケルト人の森への信仰と日本人の森への畏怖が、そうした崩壊を考えるヒントだとしていました。
少し無理のある結論のようですが、考えさせられました。
20061124210729.jpg

いま、モアイ像は未来に向かって何を見つめているのでしょうか・・・。
彼らはいつも島内を見つめ続けています。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

2006/11/24 21:12|番外編TB:0CM:11
 

ナスカ遊覧飛行 

リマックの住人さんの労作。地上絵、良くみつけられましたね。驚きです。
そこで、写真をお見せしますから、リマックの住人さんの地上絵の座標(緯度・経度)と合わせてお楽しみ下さい。グーグル・アースで確認して、写真でもお楽しみ下さいね。

まずは、ナスカ空港。
20061123131827.jpg

次はガチャピンを。
まえにもお見せしましたが、今回はトリミングしていない写真で、飛行している気分を。
20061123132051.jpg

セスナは、地上絵を色々な角度で見せるため、急旋回します。
色々な線が交錯しています。
20061123132248.jpg

クジラ。
20061123132416.jpg

意味不明の構図。
20061123132552.jpg

滑走路のような地上絵
20061123132755.jpg

サル。尻尾の渦巻きが綺麗に見えます。
20061123133157.jpg

ミラドール(展望台)を上から見ます。
20061123133251.jpg

ハチドリ。岩山の上にも描かれています。
20061123133451.jpg

ホテル・ナスカ・ラインズの中庭です。
ブーゲンビリアが綺麗です。
20061123134530.jpg

椰子の木もあります。プールを囲んで部屋があり、リゾート地のホテルという感じですね。
20061123134704.jpg

最後は、ナスカの街の感じをお伝えします。
20061123134849.jpg

建物は、くすんだイメージですがオアシスの町らしい、緑が点在する町です。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/23 14:02|ペルーの旅行TB:0CM:16
 

バーチャルな旅 ナスカの地上絵遊覧飛行 

バーチャルな旅 ナスカ地上絵遊覧飛行 by Google Earth
これぞグーグル・アースの本領発揮!!
nazca0003.jpg

nazca0002.jpg

1、検索ボックスの【ジャンプ】に緯度経度を入れてください。
2、目印として記録してください。
**地点は北が上になっています。縮尺や角度などお好み合わせてお楽しみください。
**↓の数字をコピー&ペーストすると便利です。
**図柄はズームアップすると現れてきますよ。

nazca0001.jpg
TAKE OFF!!
14°51'12.04"S, 74°57'38.77"W  ナスカ空港
14°47'18.30"S, 75° 2'3.97"W  トライアングル
14°47'50.59"S, 75° 3'22.59"W  不等四辺形
14°44'42.46"S,75° 4'46.97"W  宇宙飛行士またはフクロウ男、ようするにガチャピン
14°42'26.10"S, 75° 8'18.69"W  サル **見えずらいです。しっぽは渦巻きです。
14°41'51.79"S, 75° 7'35.09"W  コンドル
14°41'31.55"S, 75° 8'57.16"W  ハチドリ
14°41'18.51"S, 75° 7'23.04"W  渦巻き
14°40'55.54"S, 75° 8'13.60"W  マリアライヘ博物館
14°41'38.89"S, 75° 6'51.33"W  展望台
14°41'41.10"S, 75° 6'51.03"W  
14°42'27.62"S, 75° 6'12.28"W  自然の丘
14°49'34.57"S, 74°54'37.19"W  カンタヨック水路・マイマイ塚
14°49'40.90"S, 74°56'29.02"W  ホテル・ナスカラインズ
14°51'12.04"S, 74°57'38.77"W  再びナスカ空港

**Google Earthを利用します。無料ダウンロードはこちらからどうぞ。
http://earth.google.co.jp/

お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人

<おまけ>
ナスカの近くにパルパと呼ばれる場所があります。ここにも地上絵が残されています。子供のいたずら書きではありませんよ。
nazca0004.jpg
2006/11/23 09:57|BLOGで挑戦!バーチャルな旅TB:0CM:9
 

ペルー日系社会レポート Vol,3 

ペルー日系社会レポート Vol,3です。
今日はプールから。やはり、日秘会館内の敷地内です。
20061122202847.jpg

街中には、こんなプールもありますよ!
20061122203508.jpg

暑い時の子どもの遊びは、どこの国も一緒ですね。
このビニール・プール、歩道の真ん中においてあります。
堂々たる水遊びですね。
これは、日系社会とは関係ありません。一つのエピソードです。
体育館の玄関です。中では文化活動も行っています。とても立派な建物です。
20061122204213.jpg

この体育館の隣は、サッカーも出来る芝生の広場があります。
サッカーに興じる若者がいました。
20061122212702.jpg

次は学校です。同じ敷地内に幼稚園も併設されています。
20061122212909.jpg

外壁のお知らせ用ボード。
20061122213031.jpg

教室の中で、授業準備をしておられる先生がいました。
20061122213206.jpg

この日秘会館は、日系社会の方たちの心の支えなのかもしれません。
お年寄りから、少年たちまでが日々利用しています。
この敷地内が、ペルーの「リトル日本」です。でも、飛び交う言葉はスペイン語と日本語が8対2で、スペイン語優位と感じられました。
次は、フジモリ元ペルー大統領の最近の動向と、日系社会の反応をレポートしたいと思っています。
11月30日号「週刊新潮」に、新しい情報が載っています。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


リマックの住人さんの「インカ・トレイル」のポイント紹介、大変な労力と努力です。ご苦労様でした。
おそらく、ここまでの場所を提示出来る方はいないと思います。探して、たどり着くのが大変ですからね。
ドラだよも歩きたくなってしまいました。

テントで寝て、息苦しさを克服し、そしてマチュピチュに至る道。
なんともロマンと悠久を感じさせるルートですね!

このルートは、グーグル・ツアーとして完成させて見て欲しいデータです。

ドラだよ
2006/11/23 00:00|ペルーの旅行TB:0CM:4
 

バーチャルな旅 インカ道を通ってマチュピチュへ 


バーチャルな旅 インカ道を通ってマチュピチュへ by Google Earth
incatrail001.jpg


1、検索ボックスの【ジャンプ】に緯度経度を入れてください。
2、目印として記録してください。
**地点は北が上になっています。縮尺や角度などお好み合わせてお楽しみください。
**↓の数字をコピー&ペーストすると便利です。

82km.(クスコ基点)地点からスタートします。
13°12'58.23"S, 72°23'1.90"W 82km.
**ウルバンバ川に架かる橋を渡ります。
13°13'13.49"S, 72°23'36.09"W Salapunku
13°13'44.55"S, 72°24'26.06"W Qhanamarka
13°13'49.18"S, 72°25'29.21"W Llaqtapata
13°14'5.77"S, 72°25'24.39"W Willkarakay
13°15'14.89"S, 72°26'27.67"W Tablachaka村
13°15'52.95"S, 72°26'53.01"W Wayllabamba村
13°14'35.34"S, 72°29'0.89"W 4200mの峠
**ルート中最高地点
13°13'40.84"S, 72°30'5.53"W Runkurakay
13°13'40.16"S, 72°31'2.03"W Sayaqmarka
13°13'3.93"S, 72°31'31.74"W Samana
13°12'25.81"S, 72°31'49.12"W Phuyupatamarka
13°11'32.67"S, 72°32'10.19"W Winaywayna
**ルートから少し外れます
13°11'10.45"S, 72°32'29.15"W Intipata
13°10'34.75"S, 72°32'8.73"W Chaskapata
13°10'11.72"S, 72°32'5.29"W Intipunku
13° 9'48.26"S, 72°32'46.53"W Machu Picchu

国中にインカ道が張り巡らされ、ところどころに見張り台や要塞、宿場がありました。

お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
2006/11/22 10:15|BLOGで挑戦!バーチャルな旅TB:0CM:15
 

ペルー日系社会レポート Vol,2 

昨日に引き続いて、ペルー日系社会レポート Vol,2です。
こんな看板お見せしましたね。
20061121000011.jpg

この一番上の文字(GASEOSAS)ですが、英語では(GASSY)ガスの意味です。炭酸飲料の事だそうです。
食品の名前の上に書いてあったので、不思議だな~と思っていましたが、リマックの住人さんのコメントでようやく納得しました。
そこで、このお店の品揃えです。
味噌、梅干ですね。
20061121131107.jpg

カレー・ルー、お米、乾麺、インスタント・ラーメン、ゆかり、も見えます。
20061121131238.jpg

で、旅人は「日本の食品は何でもありますね!」などと「のたまわって」「いつでも、日本食OKですね」などと続けるのです。
でも、これらの食品は確かに日本のものですが「新鮮ではない」から「美味しくないのです!」と地元の方はおっしゃいます。
なるほどですね!迂闊に感想を述べたドラだよが、愚かでした。
船便で運ばれるのですから、作りたてではありません。
インスタント・ラーメンの油などは酸化してしまうでしょうね・・・。
恐るべし!日本食品メーカーと商社の営業力。
これらの商品は、どんな奥地にも置いてあります。そこに、日系社会がある限り。

やはり、美味しいものは地元の食材、食品なのだと思います。
ここには、味の素は写っていませんが、味の素はやはりペルーでは「万能調味料」です。
リマには、味の素の大きな工場があります。
ペルーで食事をなさる時には、味にご注意!味の素がたっぷり入っています。
前にお見せしましたね。日秘会館の施設内には簡単なオープン・ショップもあります。
インカ・コーラなどの清涼飲料水や、アイスクリームなどを売っています。
20061121132528.jpg

このショップの先に、学校などの施設があります。
それは、Vol,3でレポートします。
引っ張るようで、ごめんなさい!


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

2006/11/22 00:05|ペルーの旅行TB:0CM:6
 

ペルー日系社会レポート 

ペルーは、日本語で表記する場合「秘露」と書きます。
ですから、日本、ペルーの交流は「日秘交流(にっぴこうりゅう)」と言います。
ペルーに日本人が移民として入植したのは、ブラジルよりも9年前です。
ですから、今年は移民106年となります。
移民の方々の艱難辛苦の歴史は「日秘会館」内の「日本人ペルー移住史料館」に展示されています。
20061120232310.jpg

日秘会館はとても広く、中には講堂、体育館、学校、プール、球場、テニスコート病院などの設備が設置されてあります。
同時に、先達の悲しみと苦労も記念碑として建立されています。
20061120234254.jpg

  はるばると 大海原を乗り越えて
    ペルーの土地に 鍬を打ち込む
と刻んであります。
移民1世のジャングルを切り拓いた苦労が、胸に沁みてきます。
いまは世代交代が進み、2世、3世が日系社会を担っています。
だんだん、日系意識が薄れて行っていると言います。
日秘会館のゲートボール・コートで、1世の方がゲームに興じていました。
20061120234944.jpg

若者が、施設内をはつらつと歩いていました。
20061120235340.jpg

いま、ペルーの日系人は約9万人と言われています。
大統領フジモリが誕生して、ペルーは日本人にとってより身近になりましたが、様々な問題も横たわっているようです。
その問題もいずれお話ししなければペルーを紹介することにならないかもしれませんね。
明日は、施設内の売店や、プール、学校を紹介します。
こんな看板が出ている売店の、品揃えの写真です。
20061121000011.jpg

面白いですね。2世、3世が日本語を話せなくなっているのですね。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/21 00:03|ペルーの旅行TB:0CM:21
 

観光地と貧民街 

20061119234355.jpg

ここは、海岸線の観光地であり、ビジネス街のひしめく一帯です。
この、海岸線の道路から上の市街地への道には、危ない場所もあると地元の方が言っていました。
車のスピードが出ない石畳の道があって、そこを夜車で走っていて、盗賊にあったという例がいくつもあると言うのです。
昼は大丈夫でも、やはり夜は注意が必要だ!と言う事でしょう。
その道を走るとき、ドキドキした事を覚えています。

一方貧民街は、山の上へ上へと侵食をしています。
FH010026-B.jpg

この写真は、ペルー・サッカーチーム「クリスタル」の練習場から撮影しました。
FH010023-B.jpg

この場所に行くのには、旧市街(世界遺産の歴史地区)を抜けるのですが、途中は危険な地区だ、と言う事で「車の窓は開けておかないように!」と注意されました。
この練習場の周囲は、危険な場所だと言われていますが、外のお店にインカ・コーラを買いに出ました。
大丈夫でした。
グーグル・アースで見ると、こんな場所です。

12° 1'9.33"S, 77° 1'58.05"W
コピー&ペーストでご覧になって下さい。

山の上へと民家が作られているのが良く分かります。
丁度真中あたりにある芝生のコートが練習場です。
マップで見ても、良く状況が分かります。
http://www.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=lima&ie=UTF8&z=16&ll=-12.019362,-77.032592&spn=0.014397,0.01869&t=k&om=1

でも、食生活は変わりません。
20061120090956.jpg

豊かだろうと、貧しかろうと・・・食には情熱を持ったペルーの人々です。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

2006/11/20 09:16|ペルーの旅行TB:0CM:10
 

晩秋・・・魂の漂泊に! 

今日は冷たい雨・・・。
晩秋から初冬へと季節が移ろい、やがて木枯らしに身が凍える。
そんな季節になりました。
昨日は、暖かさに誘われてほっつき歩きました。
20061119154810.jpg

季節のベールは、人を包み、そして空気を染めていきます。
紅葉と、まだまだ青さを湛える樹木たちの「行き違い」に奥深さを感じました。
こんなに紅葉しているのに・・・。
20061119155024.jpg

まだまだ、季節の移ろいを拒否するかのような・・・。晩夏の日差し。
20061119155144.jpg

でも、季節は進んでいるのです。
20061119155333.jpg

季節のせめぎ合いに、魂が漂泊するかのような錯覚を覚えるのです。
20061119155523.jpg

こんな花が咲いていました。
20061119155740.jpg

花が素敵な色だったので、近づいてみました。
20061119155857.jpg

実のようにも見えますが、中に蘂があります。
晩秋の赤です。

注:この赤いのは「マユミの実」だよ!ってabiさんから教えて頂きました。ごめんなさい、ペコリ。
  正しい情報を伝えなければいけませんね。
  誤った情報を掲載した事を反省して、今後気をつけます。
  ドラだよの浅学非才を自覚しつつ、本文そのままにして置きます。


世間はクリスマス・ムードを高めています。これも、季節の倣いです。
六本木ヒルズの飾り。
20061119160445.jpg

館外に出て東京タワーを眺めると、紅葉の向こうで、立ち尽くしていました。
20061119160602.jpg

季節が入り混じって定まらない、そんなアンバランスの中で、メランコリーに耽っています。

ペルーのリマでは、Tシャツで歩いているだろうな!
インカ・コーラ飲みたいな!

ペルーには関係ありませんが、時間がありましたら・・・。
海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

2006/11/19 16:14|季節の花便り・・・ドラだよTB:0CM:15
 

マチュピチュ「世界ふしぎ発見」見ましたか? 

TBS系の「世界ふしぎ発見」が放映されました。
いかがでしたか?
映像は素晴らしかったですね。
でも、あまり不思議発見じゃなかったみたい?
インカ・トレイル・・・インカ道のトレッキングですが、500年前のインカの人達が見た風景には惹かれました。
途中にインカの遺跡が多くある、と報告されました。
モライ遺跡が映りましたね。
moray.jpg

グーグル・アースで見て下さい。

13°19'47.69"S, 72°11'40.38"W

グーグル・アースを立ち上げ、コピー&ペーストして見て下さい。
円形の遺跡がはっきりと見えます。円形の遺跡は数個あります。
これが山の中とは・・・凄いです。
また、マラスの塩田が映りました。
では、塩田を見ましょうか。
20061118231145.jpg

塩田を管理している家族の家と、塩の袋詰めをしている女性!
20061118231257.jpg

この塩は「インカのプラチナ」って言われていたんですね。
ここの塩はとても美味しいです。
特に「おにぎり」にすると、なんにも入っていなくても美味しく食べられます。
マラスの塩田は、解像度が低くてどうしようもありませんが、白っぽくなっています。

13°18'7.18"S, 72° 9'25.85"W
グーグル・アースを立ち上げ、コピー&ペーストして見て下さい。

今日の放送の結論!
マチュピチュは、切り立った山の上に有ると言うこと。
ペルーは、やはり遺跡の中にある国!ということでしょうか。

ペルー倶楽部は、日本とペルーを結んで「チャスキ」伝令になりたいと思っています。
これからもよろしくお願い致します。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/18 23:23|ペルーの旅行TB:0CM:11
 

マチュピチュ撮って出し! 

明日は、いよいよTBS系「世界ふしぎ発見」マチュピチュ編が放映されます。
様々なアングルからマチュピチュをお楽しみ下さい。
いつもマチュピチュでは、沈黙してしまいます。
特別なコメントは必要ありません。
mapi001.jpg

mapi002.jpg

mapi003.jpg

mapi005.jpg

mapi006.jpg

mapi008.jpg

mapi009.jpg

合掌。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
2006/11/17 11:04|ペルー便りTB:0CM:22
 

リマからクスコへ! 

土曜日の「世界ふしぎ発見」はマチュピチュです。
そこで、まずリマからクスコへ行きましょう。
最初に、リマの空港に行きましょう。
グーグル・マップで取り合えず行って下さい。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=lima+peru&z=14&ll=-12.01783,-77.109861&spn=0.057589,0.074759&t=k&om=1

下記はリマの空港のグーグル・アース座標です。コピーして使って下さい。
12° 0'44.44"S, 77° 6'47.35"W

20061116105121.jpg

20061116112220.jpg

こんなお洒落な街から、インカ帝国の首都クスコへ移動します。
次にクスコの空港です。
ここも、取り合えずグーグル・マップで行ってみて下さい。
http://www.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=cuzco+peru&sll=-12.01783,-77.109861&sspn=0.057589,0.074759&ie=UTF8&z=14&ll=-13.542121,-71.940622&spn=0.057243,0.074759&t=k&om=1

下記はクスコのグーグル・アース座標です。コピーして使って下さい。
13°30'42.96"S, 71°57'46.25"W

クスコの街です。
20061116105315.jpg

夜のアルマス広場にも行ってみましょう。
20061116105514.jpg

この2枚の写真は、田口康治様からお借りしました。お礼申し上げます。
これで、リマからクスコへ行けました。
雰囲気ありますね。
グーグル・アースを立ち上げてそれぞれ座標データを入力して楽しんで下さい。
リマの空港に行き、次にクスコを入れてみると、飛行機に乗ってクスコに行く気分が味わえます。
そこで、もっとクスコに行った気分です・・・。

標高が高いですから、人によっては高山病の症状が出たりしますが、大丈夫、ホテルには酸素吸入のサービスがあります。
水を沢山飲んで、休んでいれば症状は緩和されますから。オシッコが出なくなるとピンチですよ。ですから、水を飲むんです。標高が高い場所は水分がどんどん失われるんですね。
変に薬を服用しない方が良いと思います。
それに、マチュピチュはクスコより1,000メートル標高が低いですから症状は無くなって行きます。
クスコで高山病の症状が出てもマチュピチュでは大丈夫!
自信を持って、行きましょうね。
なんとなく、クスコに行った気分になれましたか?
マップでも、アースでもクスコのデータ解像度は低いのが残念です。

クスコ・データ
クスコ(Cusco;Qusqu)はペルーの南東クスコ県の県名および県都の地名。アンデス山脈中の標高3600mにある。現在の人口はおよそ30万人。
クスコとは、ケチュア語(Quechua)で、「へそ」を意味するという。 タワンティン・スウユ(Tawantinsuyu) - インカ帝国の首都であり、文化の中心であった。クスコの町並みはピューマをかたどったものとの説があるが、証明はされていない。
とされています。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

2006/11/16 11:28|ペルーの旅行TB:0CM:16
 

秋の風景・・・アルゼンチン、韓国、日本! 

閑話休題!
今日は季節のある国・・・アルゼンチン韓国、日本を!


日本の秋は、みなさんが紹介しています。1枚だけ、日本の秋を。
20061115081846.jpg

実の付き具合から、紫式部でしょうか?

ついで、韓国の秋の風景です。
韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ現場、ナミ島で撮影しました。
20061115082322.jpg

チエ・ジウとペ・ヨンジュンの二人が自転車に乗った場所。
20061115082247.jpg

雪だるまを作って、ファーストキスを交わしたベンチです。
韓国の若い女性が、記念写真を撮っていました。
20061115082303.jpg

あっ、そうそう・・・韓国の友人・金先生が手配してくれました。
チェ・ジウのサインです。お幸せに!と書いてあるんですって!
可愛いサインですね。
20061115082340.jpg

韓国の秋は、とても素敵な季節です。
冬は、とても寒いですけれどね・・・。

アルゼンチンの今は、夏に向かっています。
アルゼンチンの秋も素敵ですよ。
20061115083116.jpg

ブエノスアイレス市内には、公園が多くて、散歩の場所には事欠きません。
街路樹が色づいていました。
20061115083507.jpg

20061115083442.jpg

ホテルの中庭も、秋の柔らかな光に満たされていました。
20061115083531.jpg

アルゼンチンでは、サッカーの試合にも行きましたが・・・、寒くて震え上がりました。


今週の土曜日は「世界ふしぎ発見」ですよ。
マチュピチュの不思議を発見しましょうね・・・。
昨日、リマックの住人さんが記事を書きました。グーグル・アースで覗くと「遺跡は山の中」ですね。
ポイントを順番に見に行くと、まるで飛行機観覧しているようでした。
まだの方は、是非試して下さい。
楽しいですよ。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/15 08:47|季節の花便り・・・ドラだよTB:0CM:18
 

先取り「世界ふしぎ発見!」 インカ・トレイル 

待ってました!!マチュピチュ遺跡
mapi111.jpg

第986回「世界ふしぎ発見!」
INCA TRAIL TO MACHUPICHU インカ道で、奇跡の天空都市へ!
2006/11/18(土)21:00~
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/info.html

インカトレイルといえばインカ道を歩いて
マチュピチュへ向かうトレッキングです。

Google Earth でどうぞ!
1、検索ボックスの【ジャンプ】に緯度経度を入れてください。
2、目印として記録してください。
**地点は北が上になっています。
**↓の数字をコピー&ペーストすると便利です。

トレイルの途中には数々の遺跡があります。
インカ道でつながっています。
13°13'39.92"S, 72°31'1.75"W
13°12'22.69"S, 72°31'55.27"W
13°11'35.49"S, 72°32'11.11"W
13°11'10.99"S, 72°32'30.27"W
そして、マチュピチュ
13° 9'48.03"S, 72°32'46.58"W

10年前の記憶を頼りに、手元の地図とGoogle Earthのにらめっこです。
詳しい遺跡の名前などは後ほどご報告します。

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
2006/11/14 09:46|ペルー便りTB:0CM:6
 

「世界ふしぎ発見」今週はマチュピチュです! 

今週のTBS「世界ふしぎ発見」は、いよいよマチュピチュです。
レポーターが、インカ道を歩いてマチュピチュに至るルートだそうです。
楽しみですね。
mapi007.jpg

マチュピチュですよ。
ペルー倶楽部が張り切らなければ・・・とリマックの住人さんと話しています。
リマックの住人さんが言っています。
マチュピチュに行くと、いつも「無口になる。」
マチュピチュは観光とか、見物という事では理解できない何かがあるのですね。
ドラだよも、そうだと思います。
レポーターが、どこまでその神秘に迫れるのか注目してみたいと思います。


昨日、在日本ペルー大使館元大使とお話しをさせて頂きました。
中華をつつきながらでしたが、とても意義深いお話しでした。
そしてペルー倶楽部について、その内容についてもご理解を頂きました。

現在リマックの住人さんは、同僚が日本へ帰国中だと言う事で、とても忙しい日々を送っていますが、現地ならではの情報をアップしてもらう予定です。
二人でしていた仕事を、一人で負うわけですから、大変です。
incamichi5.jpg

このインカ古道がどのように放送されるか、楽しみですね。
そして、この間紹介したペルーの「いろは坂」を歩いてマチュピチュに行くのだと思います。
では、しつこいですがグーグル・マップでこの道からマチュピチュへ行ってみて下さい。
ハイラムビンガム・ロードですよ。
http://maps.google.com/maps?hl=ja&oe=UTF-8&q=13%C2%B0+9%2751.01%22S,72%C2%B032%2723.95%22W&ie=UTF8&z=16&ll=-13.164489,-72.538841&spn=0.013685,0.0159&t=k&om=1
地図を右にずらせばマチュピチュですよ。

解像度はかなり低いのですが、きっと映ると思いますので、クスコの街です。空港も見えますね。
http://maps.google.com/maps?f=q&hl=ja&q=%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B3&ie=UTF8&z=13&ll=-13.537031,-71.93161&spn=0.111818,0.189342&t=k&om=1


とても楽しみな1週間が始まりました。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/14 00:00|ペルーの旅行TB:0CM:6
 

木枯らし1号が吹いた日! 

11月12日、東京は「木枯らし1号」が吹きました。
木枯らしを写真に撮れないかな・・・と思ってお散歩しましたが、撮れませんでした。
残念!
枯葉がサワサワしているところを撮りたいと思いましたが、駄目でした。
20061112232317.jpg

そこで、山茶花が一輪葉に埋もれて寒そうだったので・・・。
20061112232530.jpg

違う角度で。
20061112232612.jpg

近くの公園に行く途中、農家の敷地にすっかり葉を落とした柿の木が1本。
20061112234116.jpg

公園に到着。
気がつけば、銀杏が色づいています。
20061112234331.jpg

木枯らし1号の犯罪!
20061112234452.jpg

3時間ほど、ほっつき歩いていて、気がつけば陽が傾いていました。
小さな竹林がありました。
長い竹が数本、風に先っぽをそよがせていました。
20061112232757.jpg

東京も、都心の色づきはまばらなんですが。
少し郊外では、もう秋から冬への準備を急いでいました。
みなさんの近所の、秋から冬への移ろいはいかがですか?

冬将軍の足音が聞こえます。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/13 00:00|季節の花便り・・・ドラだよTB:0CM:16
 

シクラス遺跡発掘秘話・その2 

シクラス遺跡の続編です。
この遺跡は、ペルー最大の発掘「カラル遺跡」と連動する重要な発掘現場です。
時代は今から4000年から4500年前に遡ります。
アンデス文明から、更に3000~3500年前の遺跡です。
20061112114859.jpg

カラル遺跡の発掘現場です。
面白い写真を!
20061112115155.jpg

4000~4500年前の線画ですよ。
ちゃんと指が5本。テレビ画面のような顔・・・。しかも、アンテナが立っていますよ。
彼は、一体誰なのでしょうか?

そこで、天野博物館の阪根さんの解説のポイントを紹介します。
世界最古の文明は、チグラス、ユーフラテス川に挟まれた地域に生まれた「メソポタミア文明」だと言われています。大体3500年前です。
なんと、その文明と瓜二つの要素がペルーカラルシクラス遺跡にはあるというのです。
類似点その1・・・神殿崇拝(ペルーではピラミッド
類似点その2・・・拝火教的信仰
類似点その3・・・都市の形成
です。
kararu=bb.jpg

どちらも、神殿を中心として住居が存在する。
メソポタミアもカラルシクラスも、偶像崇拝では無く、火を崇めたこと。
カラル遺跡のピラミッドの頂上には、必ず火を焚いた後が残っている。
メソポタミアでいう「ゾロアスター教」ですよね。

そうすると、メソポタミア文明よりも先に、ペルーで文明が花開いていたのでしょうか?
この二つの文明に、関連性はあるのでしょうか?
続けて理屈が多くごめんなさい!

でも、不思議の国・・・ペルーです。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/12 12:13|ペルーの旅行TB:0CM:14
 

お知らせ! 

ウエブページに不具合が発生しています。
見にくい部分がありますが、鋭意調整中です。
FC2への問い合わせなども行いながらPCを整理しています。
ごめんなさい!

注・写真がごちゃごちゃになっています。
  でも、クリックすると、見られます。
  ご迷惑かけます。
2006/11/12 02:31|ペルーの旅行TB:0CM:4
 

シクラス遺跡発掘秘話・その1 

今日は、午後6時半から2時間、リマにある「天野博物館」の阪根理事長・主席研究員の講演を拝聴してきました。
みなさんの記憶にまだあると思いますが「世界ふしぎ発見」のシクラス遺跡の番組に出てきた方です。
20061112022821.jpg

真中で板書しながら説明している方です。
黒板にシクラス遺跡のマウンドを書きながら説明しています。
分かった事を、整理してみます。
1、シクラスとは、蛇かご(日本では竹で編んで石を詰め治水に使った)に石を詰めたものを言う。このシクラスはトトラ(葦)で編まれています。
2、遺跡としては、アンデス文明よりさらに3千年さかのぼる。
3、間にある空白期間は、地震による歴史の空白と予想される。
4、シクラスとアンデスの文明の間は「文明の後退」と理解出来る。
などでした。
でも、ペルーで最大の発掘は「カラル遺跡」だそうです。
ここには、30を超える「ピラミッド群」があり、シクラス遺跡はその文明とリンクしているとの事でした。

グーグル・アースでの座標です。
行って見て下さい。遺跡だらけです。

10°53'31.50"S, 77°31'19.04"W

航空写真をどこに移動させても遺跡です。
写真をリマックの住人さんが送ってくれました。
caral001.jpg

caral002.jpg

次はピラミッドの上から、遺跡を見た写真です。
caral004.jpg

ピラミッドは階段ピラミッドです。ピラミッドの高さは大体ビルにして8階建て程度と言いますから、かなりの高さですね。
1枚目の写真の真中に写っているのは、おそらくシクラス(トトラで編んだ籠で、石を入れていたもの)です。
とにかく、阪根さんがおっしゃっていましたが、ペルーには「ごちゃまんと遺跡が有る!」のだそうです。

その近くを流れるスーペ川も周辺は遺跡だらけです。
グーグル・アースを立ち上げたら、検索欄に「supe peru」と入れて下さい。スーペ川に行きます。
caral003.jpg

このスーペ川を中心にして周囲を散策して下さい。川沿いも遺跡だらけです。
グーグル・マップだと陰になっていますが周囲に遺跡があるのが分かります。住居あとの近くにもいっぱい有ります。
これはマップの場所です。グーグル・アースだともっと鮮明です。
http://www.google.co.jp/maps?ie=UTF8&oe=UTF-8&hl=ja&q=supe+peru&z=17&ll=-10.801154,-77.730503&spn=0.004943,0.01075&t=k&om=1
地図を右にずらして行けば民家の近くに遺跡が有るのが分かります。
その周辺は楽しいです。

とにかく「遺跡の中にある国ペルー」を実感してみて下さい。
そして、マチュピチュ以外の遺跡もペルー倶楽部で楽しんで下さい。

この講演会は「世界ふしぎ発見」の収録秘話のような事もお話しいただきました。
次の機会にお話しします。



海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/11 00:59|ペルーの旅行TB:0CM:11
 

マチュピチュへ! 

マチュピチュへ向かう!
バスから降りて、坂道を登っていく・・・。
かなり厳しく、もう途中であきらめようかと・・・。
ふーふー、はーはー言いながら登っていく。
突然、視界が開けマチュピチュの全景が身体中に飛び込んでくるのです。
「一歩の距離!」
そこに、アンデスの神々が「おわします」。
そこは、静寂という時間が流れています。
下界を流れるウルバンバ川を見下ろすと、この遺跡の凄さが伝わってきます。
自然に涙が湧いてきました。
安っぽく言えば「感動!」以外の何物でもありません。
mapi001.jpg

本当に、空中に浮いている都市・・・。
インカの人々の熱が、否応無く伝わって来ます。

16世紀半ばには、インカの人たちはこのマチュピチュを捨てて、更に奥地に逃れて行きます。
捨てられた都市になって400年、人の目に触れることなく、1911年にアメリカ人歴史学者ハイラム・ビンガムが初めて見た時には、草に覆われた廃虚となっていた、と言います。

何故作り、何故捨てたのか・・・。
不思議空間、マチュピチュです。
グーグル・アースでは、この座標をコピ-・ペーストしてお楽しみ下さい。

13° 9'47.95"S 72°32'46.44"W

マップではここです。
http://maps.google.com/maps?hl=ja&oe=UTF-8&q=%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%94%E3%83%81%E3%83%A5&ie=UTF8&z=18&ll=-13.163319,-72.545171&spn=0.0035,0.005917&t=k&om=

マチュピチュはまだ続きます。
今日、abiさんのブログに行くと、可愛いリャマに出会えますよ。
ドラだよとリマックの住人さんと違って、優しい女性の視点の写真です。
アドレスはここです。
http://blog.goo.ne.jp/rotorua_abi/e/ef71411dd7c8206014837b3876906e45

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ






2006/11/10 08:11|ペルーの旅行TB:1CM:12
 

マチュピチュへのプロローグ 

マチュピチュ・・・空中都市へのプロローグです。
マチュピチュをより楽しむために、基本的な情報を整理します。
既に行かれた方は退屈かもしれません。
まず、グーグル・マップで上空からみてみましょう。
http://maps.google.com/maps?hl=ja&oe=UTF-8&q=%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%94%E3%83%81%E3%83%A5&ie=UTF8&z=18&ll=-13.163319,-72.545171&spn=0.0035,0.005917&t=k&om=
はっきり分かりますね。
この地図の右側に、マチュピチュに至る「九十九折」の道が見えます。
少し画面を左にずらして下さい。
日光の「いろは坂」のような道路が見えます。ハイラムビンガム・ロードです。
また。画面を右にずらせば、マチュピチュから覗ける川が流れています。
川はこんな風に見えます。
mapi002.jpg

グーグル・アースの座標はこれです。

13° 9'47.95"S 72°32'46.44"W

グーグル・アースを立ち上げて、コピー・ペーストでご覧下さい。
マップよりもよりリアルではっきり見えます。

マチュピチュのミニ知識、その1。
マチュ・ピチュ(Machu Picchu)とは、「老いた峰」の意味です。
ペルーのウルバンバ谷 (Urubamba valley) に沿う高い山の尾根(標高約2400m)に位置し、山裾からはその存在は分かりません。
インカの失われた都市」或いは「空中都市」と呼ばれます。
この遺跡には3mづつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段で繋がっています。
遺跡の面積は約13km2で、石の建物の総数は約200戸あります。
というのが、平均的な解説です。

マチュピチュのミニ知識、その2。
マチュピチュへの起点となるのはクスコです。
観光鉄道(ペルーレイル)が主な移動手段です。
サン・ペドロ駅で列車に乗って、アグアス・カリエンテス駅で下車します。
ここからマチュピチュ行きのミニバスが出ています。
マチュピチュへは、九十九折の道を行きます。
見下ろすと、ウルバンバ谷が覗け、川が流れています。
マチュピチュの街の郊外にも見所があります。
インカ橋です。
敵が攻めてきたら、この橋を落として敵の侵攻を防ぎます。
20061109004253.jpg

農地管理人の住居跡です。
20061109004211.jpg

マチュピチュへ向かう基礎知識でした。
日本人の誰もが「憧れている」というアンケート結果がありますが、本当に悠久のロマンを感じさせる場所ですし、パワーも感じさせます。

何のために作ったのか?本当に謎に満ちた世界遺産ですね。


海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/11/08 00:00|ペルーの旅行TB:1CM:25
 

陽射しが! 

もう1回秋を伝えます。
この記事の後は、リマックの住人さんのペルー・トピックス・・・。
誰もが知りたい、誰もが行きたい場所だと思います。

今日は風が強かったですね。
でも陽射しは、暖かかったです。
ここは、皇居・田安門入り口。武道館のある場所です。牛が淵・・。
20061112102457.jpg

右側が武道館、左側にあるのは九段会館です。
いい雰囲気でしょう?
20061112102940.jpg

カルガモが泳いでいました。
そして、暖かな陽射しを捉えました。
20061112102756.jpg

とても暖かかな陽射しでした。
でも、今夜から明日にかけて冷え込みそう。みなさん、ご自愛いただきますよう、お願い致します。
20061112102307.jpg

みなさんと顔を合わせていませんが、みなさんの記事で、人柄や雰囲気
を感じながらコメントさせていただいています。
だからこその、初冬お見舞いです。
健康でブログ続けて下さいね。
お願い致します。


今日もペルーとは関係ないけれど・・・。
海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ

2006/11/07 21:07|季節の花便り・・・ドラだよTB:0CM:21
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。