FC2ブログ
ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ローマの事故 

まず、ローマコロッセオに行きます。
ドラだよは、ローマ一度しか経験がありませんから土地勘がありません。
行かれた方は、回ってみて下さい。ニュースでは場所が報道されませんから。
ローマコロッセオ
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&oe=UTF-8&q=roma&ie=UTF8&z=16&ll=41.89017,12.492442&spn=0.010702,0.023668&t=k&om=1
このデータはGoogl Mapです。
Google Earthで飛びたい方は、roma と入力すれば、コロッセオの近くに行きます。少し画面を引けば、バチカン市国が黄色の線で囲まれて表示されますよ。
行ってみて下さい。

写真が見当たりません。
真実の口です。
パクッ!
20061017225210.jpg


ドラだよ
スポンサーサイト



2006/10/17 22:53|番外編TB:0CM:4
 

リマの中華街 カポン 

昨日の日曜日は久しぶりに中華街へ行ってきました。
ここでは本格的な飲茶が楽しめます。

グーグル・マップでどうぞ。といっても何処に在るのかわかりにくいですね。
場所は世界遺産にも指定されているリマ旧市街地の近くにあります。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&q=peru+lima&ie=UTF8&z=18&ll=-12.051298,-77.024809&spn=0.002293,0.0042&t=k&om=1
入り口にはそれらしい門があります。
822.jpg

通りはいかにも中華街という感じです。
817.jpg

この地区は”カポン”と呼ばれています。
中華系食材のスーパーマーケット。
816.jpg

看板にも漢字が使われています。
BANCO DE CREDITO DEL PERU ペルー・クレジット銀行
814.jpg

INTER BANK インター銀行
815.jpg

ペルーを漢字で書くと秘魯となります。秘露と書くときもあります。
皆さんの来秘をお待ちしております!!

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

リマックの住人
2006/10/17 09:22|ペルー便りTB:0CM:13
 

リマの街角にて 

リマの街角で感じたこと・・・。
「ホッ!」です。
そして、思わず周りを見回し・・・油断は禁物だぞっ!
これが偽らざる真実です。
でも、目にも楽しい家屋を紹介しましょう。
ここには、いつも高級車が駐車してあります。きっと高級なレストランなんです。
20061017010708.jpg

左横に立っているビルとの対比が面白いので、シャッターを切りました。
20061017010826.jpg

ここは、インカ・マーケットに通じる道です。
1階は、とりあえず鉄格子ですが、二階は無防備です。
20061017010738.jpg

防御の面では、ブラジルサンパウロとかの家とは違いますね。
でも、建築様式が夫々違っていて街歩きは楽しいです。
これも、移民が国を支えてきた証なのでしょうか?

海外旅行ランキングに参加しています。
お時間は取らせません。
クリックをお願いいたします。ありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

ドラだよ
2006/10/17 01:21|ペルーの旅行TB:0CM:2
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.