ペルー倶楽部

ペルーの今を情報として発信します。歴史・自然・見所などリアルタイムでペルーをとらえます。ペルーと日本、双方向でコンタクトして行きます。

プロフィール 

ドラだよ&リマックの住人

Author:ドラだよ&リマックの住人
ペルー倶楽部へようこそ。
怪しく、不思議で、奥深いペルーを紹介します。
ペルーの首都リマと、日本からの同時発信です。
趣味の花の写真も時々アップします。
ペルー旅行に幸あれ!旅行に行く前に必要な情報満載です。

MyFavoriteSounds2 

・Copyright(C) 2006 曲者

最近の記事 

最近のコメント 

カレンダー(月別件数付き) 

カテゴリー 

フリーエリア 

Google

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ 

お気に入り 

最近のトラックバック 

リンク 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

南米ゲートボール大会ペルーで開催決定! 

祝・南米ゲートボール大会開催!

日系社会ニュースによると、南米ゲートボール大会が来年3月にペルーの首都リマで開催されるんだそうです。祝・開催地決定。(既に決まっていて、日程が変更されただけですが)
ゲートボールは日本で生まれ、世界に広がったお年寄りの健康維持・管理のためのスポーツですが、なかなか奥深いと言われます。
スポーツの特徴ですが、やはり好き嫌いがあるようです。
定年後しばらく経って、道具を揃えてやってみたものの「つまらない!」とプッツリ来なくなる人も結構いるんだそうです。
20060915135402.jpg

20060915135424.jpg

20060915135402.jpg

東京・光が丘公園内ゲートボール場で写しました。
全盛期に比べると、プレーされている方の人数は減りましたね。
日系ニュースによりますと、大会は来年3月24日・25日の日程だそうです。
参加費は20ドル、申し込みは今年7月10日(厳守)とありました。
ブラジルの競技者は、いまから強化のために練習を行うと意気込んでいるということです。
迎え撃つペルーの競技者の日々の鍛錬を期待したいものです。
おそらく、日秘会館のある敷地内のゲートボール場で練習されるんでしょうね。テニスコートの向こうにスペースがあったように記憶しています。

優勝目指して頑張れ!ペルー!
なんたって、開催国ですからね!

ドラだよ
スポンサーサイト
2006/09/15 18:30|ペルーの近況TB:0CM:0
 

リマからの指摘! 

楠田枝里子さんは、今日現在ナスカに滞在しているそうです。2年ぶりのナスカということです。マリア・ライヘへの思いは脈々と楠田さんの中に生きているのですね。楠田さん博物館なんとかしましょうよ。協力しますよ。そういえば、楠田さんの著書「ナスカ砂の王国」が再販されたそうですね。おめでとうございます。早速買って読んでみます。
20060902121555.jpg

この写真で暖簾のように垂れ下がっている白い紙。マリア・ライヘ女史のオリジナルのデッサンですが、このように展示しているのは「ネズミ」対策なのだそうです。余計なんとかしなければ、と思いますよね。
20060902202533.jpg

この写真「リャマ」と書きましたが、「アルパカ」だそうです。「リャマ」はもう少し大型だそうです。
20060904235454.jpg

この場所、ケネディー公園の隣で「サンイシドロ地区」にある、と書きましたが、ミラフローレス地区になるそうです。ごめんなさい。私が間違えました。記事を訂正しておきます。
リマの竹さん、ありがとうございます。
ホット情報お願いします。
2006/09/05 22:48|ペルーの近況TB:0CM:0
 

新着情報~リマの桜は今? 

リマの桜~葉桜になりました。新着情報です。
20060904235130.jpg

でもまだ花を付けている木もありますね。
20060904235112.jpg

もうすっかり葉桜ですね。でも葉っぱがデカイ。
この到着したばかりの写真を眺めながら「ミラフローレス地区」にあるショッピングモール「ラルコ・マル」は、いまどんなかな?などと思いに耽ってしまいました。
リマの定宿はミラフローレス地区にある「ホテル・サン・アントニオ」なのですが、ラルコ・マルまでは徒歩10分の立地条件で、私のお気に入りです。リマは海岸に面しています。ラルコ・マルは海岸の絶壁の上にあって、海を見下ろす恋人達のデート・スポットでもあります。でも、私はいつも一人ですがね。
20060904235856.jpg

見下ろした海はこんな感じです。ペルーの海は塩分が強いのでしょうか?いつも日本の三陸の海岸で冬に見られる「波の花」が波打ち際に漂っています。白い泡になって。
ホテルからは、サンイシドロ地区まで徒歩30分。インカ・マーケットまででも30分も歩けば着いてしまいます。良い散歩コースですよ。
この二つの地区とも、旧市街に比べれば、一人で歩いていても安全な地区です。どちらにも小じゃれたカフェがあり、一人でブラッとカフェオレを飲みに行ったりするのが大好きなのです。
ちなみに、ミラフローレス地区ではホテルの前にある「アモーレ」というカフェがお気に入り。ホテルの前で、手ごろですからね。
20060904235454.jpg

ミラフローレス地区の、この写真にある一画が好きです。この通りはHonda通り(勝手につけてしまいました・・・)と言います。場所はケネディー公園のまん前です。中に入って右側3軒目に小さなカフェがあって、カルメンという名前のウエイトレスがいます。彼女は英語で対応してくれます。ここでは、大概インカ・コーラを注文します。
ここで、インカコーラを呑み、軽くサンドウイッチをつまんだら、通りをまたいで、ケネディー公園に行きます。
この公園とカテドラル(教会)の間の歩道では、絵を売っています。
イメージとしては、パリのモンマルトルの丘・・・っていう感じです。もちろん似顔絵書きの画家さんもいます。
20060904235655.jpg

楽しいリマの街の紹介でした。新着写真で、すっかり・・・またペルーに行きたくなってしまいました。
気の置けるアミーゴセビッチェをつつきながら、リマの風に吹かれたい・・・!!
感傷的になってしまいましたね・・・ゴメン。
2006/09/05 01:16|ペルーの近況TB:0CM:9
 

リマの桜 

ペルーの友人から、についてコメントがありました。
「自宅近くのはずいぶん長く咲いています。緑の葉が多くなったものの3週間以上は花がついています。リマでは雨がほとんど降りません。海岸の砂漠地帯にあり、雨といえばすぐ近くの海から発生する霧雨程度です。」
でも、この霧雨が街路樹を潤し、ブーゲンビリヤのような花々を枯れさせることなくリマの町を守っているのです。
朝方の霧雨は、時には「小ぬか雨」のように、しっとりと体を濡らします。
20060901101220.jpg

道路が濡れているの、分かりますか?

20060901101155.jpg

風景の向こうが霞んでいるでしょう!
こんな、感じなのです。この写真は二枚とも午前9時ごろ撮った写真ですよ。リマの人たちは、霧雨ですから殆ど傘をさしません。持っていないのかもしれません。小ぬか雨のような霧雨のとき、私などは傘が欲しいと思ってしまいますが・・・。
でも、リマの人たちは自然と共生しているのです。良いですね。
色とりどりの女性の髪に、フワッと雨滴が浮いている姿は魅力的でもあります。髪の毛を優しく包んでいる感じなのです。自然に髪に潤いを与えているのかもしれませんね。
2006/09/01 10:18|ペルーの近況TB:0CM:0
 
リンク 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

RSSフィード 

Copyright(C) 2006 ペルー倶楽部 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。